Ambient / New Age

結果の1~15/188を表示しています

  • Hiroshi Yoshimura ‎– A・I・R (Air In Resort) (SSD-1206)

    USED ¥4,900

    資生堂企画の吉村弘音源。まだ再発されてません。発売時に香水が振りかけられており、その匂いがまだ残っているのが乙。(それが理由でほとんどのレコードにノイズがのるみたいですが。。。)

  • (再掲載) Miki Yui ‎– Mills (CUSP006)

    NEW ¥2,850

    ドイツを拠点にExperimentalでcontemporaryなサウンド芸術作品をリリースしているMiki Yui。一枚一枚のレイヤーが単独でもかっこいいし、それが重なっていく様が美しくも退廃的な様相を演出。けれどもシリアスな音の中にときどき顔をのぞかせる遊びの効いたレイヤーが、心をほっこりさせてくれる、そんな瞬間が心地良いです。リリースしているレーベルのラインも個人的にかなり好きです。去年もスイスのHallow Groundから出してますね。海外で活動している作家だけに、その存在も気になりますが、どっちが名字で、どっちが名前なのかも気になるところです。Mikiが名字なのかな、やっぱり。

  • (再掲載) David Ross ‎– Stochastic Moods (CUSP005)

    NEW ¥2,850

    Twinkle3のメンバーでもあり、他にもコラボレーション作品を世に放ってきたDavid Ross。深海のような音の少ない世界に響く環境音をフィールドレコーディングしたかのようなモジュレーション作品。Cuspeditionのリリースは本当に音が良いです。

  • (再掲載) Richard Scott ‎– Several Circles (CUSP003)

    NEW ¥3,500

    僕が使ってるクソ古いNEC製のノートパソコンの内蔵スピーカーで再生している時ですらめちゃくちゃやばい音してました。これはそれなりに整備された再生環境で再生したら、ぶっ飛ぶでしょうね。Cuspeditionsレーベルの拠点であるManchesterを同じく拠点とするモジュラーシンセなどを使ったインプロビゼーション作家、Richard Scott。Twinkle3のメンバーとしても知られています。現在もバンバン音源リリースしてる人っぽいんでこれは要チェック。

  • (再掲載) Clive Bell ‎– Asakusa Follies (CUSP004)

    NEW ¥2,850

    でた!Twinkle3のメンバーでもあり、トリオの音を象徴する尺八を奏でるイギリス人アーティスト、Clive Bellの鬼マニアック尺八ソロアルバムが登場。この楽器のトーンの移り変わりは、他の楽器にはないものがありますね。時々出てくる抜けたようなハイトーン。そして息遣いを聴かせるような奏法。再評価される日本の音楽の陰で、現在新たに評価されている日本民謡にも欠かせない楽器ですね。ちなみに尺八の名前の由来は、長さが一尺八寸(約54.5 cm)だからみたいっす。結構長いんだな。

  • (再掲載) Twinkle³ Feat. Sidsel Endresen ‎– Debris In Lower Earth Orbit (CUSP002)

    NEW ¥2,700

    当店大人気レーベルMarionetteからもリリースする尺八奏者Clive Bell、モジュラーシンセなども使用したインプロビゼーション音楽家Richard Scott、得体のしれないDavid Rossの三人によって構成されたExperimental & InprovisationalなトリオTwinkle3と、なんとなんとECMからもリリースするNorwayのJazz Singer、Sidsel Endresenが共演。緊張感マックス。針の落ちる音さえも許されないような厳粛なムードで進行する内容に汗、汗、汗!!!

  • (再掲載) Lu Katavist ‎– Inburst (CUSP001)

    NEW ¥2,700

    Cuspeditionsレーベルの第一弾リリースはドイツのケルンを拠点とするLu Katavist。モジュラーシンセによるサウンドスケープ。信号が生み出す感情。音楽が生み出す情景。Cupseditionsの総合芸術的なアプローチが集約された、レーベルの色を決定づけるファーストリリース。

  • Lu Katavist ‎– Retoxis (sdorg 01)

    NEW ¥2,200

    Cupeditionの001リリースも飾ったケルンのモジュラーシンセ奏者、Lu Katavistによる自身のレーベルからの作品。A面7曲、B面6曲からなるDrone、Experimental作品。

  • Hex Operator ‎– Hex Operator (sdorg 03)

    NEW ¥2,400

    Lu Katavistが運営しているとみられるドイツのSmalldeath.org Recordsの003番。IndustrialなアプローチのExperimental作品。70枚限定バイナル。はがきの2倍くらいのサイズのキラキラアートワーク入り。

  • [Cassette] Precipitation & Mirage Area ‎- 夢の通信 Dream Communication (ume010)

    NEW SOLD OUT

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの最新作は、Dotei Recordsの第一弾リリース「幻想区域EP」でもお馴染み、現在東京アンダーグラウンドシーンにてブラウン管テレビを使った映像+音楽のライブで引く手数多のYAMAANと、レーベルオーナーPrecipitationのコラボ作品!先日の道程お花見会で、できたてほやほやのブツを入手しました!おとぎ話の世界と現実世界の境界線を無くし、全てを夢の世界として解釈し直したかのような内容。生き物が活力を取り戻す春という季節にもぴったり。永遠と続くお花畑のど真ん中で、古いラジカセで昼も夜もずっと流し続けたい美しい一本がここに。素敵なミュージックビデオもご覧ください。

    過去の梅レコードのリリースはこちらからhttps://doteirecords.com/product-tag/%e6%a2%85%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89/

  • William Ackerman ‎– Past Light (WHP-28007)

    USED SOLD OUT

    自然融和派環境音楽のレーベル(と私が定義づけている)Whindham Hill Recordsより、同レーベルから多数の作品を出してきたギタリストの作品。一生聴いてられますね。

  • Miroslav Vitous ‎– First Meeting (ECM-1-1145)

    USED ¥2,100

    US盤。チェコのベーシスト、Miroslav VitousによりECMからの2作目、代表作としては1作目になります。ポーランドのJAZZが有名なように、東欧のこの辺りはJAZZ文化が根付いているんでしょうね。いやーなんか環境音楽のようでもある、美しい楽曲。今の時期(5月初旬)に窓を開けて大音量で聴きたいです。この感じなら苦情は来ないでしょう。

  • Ralph Towner ‎– Diary (PA-7090)

    USED ¥1,800

    日本盤。Gongs, Piano, Guitarから成るアンサンブル。この空気感よ。

  • Haruomi Hosono ‎– N . D . E (SMR-001)

    ¥9,800

    道程がまだ足を踏み入れていなかった価格帯のレコード投入します。

    様々なジャンルの曲が入り乱れる、細野晴臣らしい奇盤。同名のCDから5曲抜粋され、それにB1のRain Dreamが加えられた6曲入り。今更ですが、この人ほんとに音楽が好きで、色々な音楽を漁って、分析してたんだろうということを再確認。インドの古典音楽のようなA1、デジタルレゲエのようなA2、アンビエントテクノなA3、ドローンなB1、インド古典音楽+レイブなB2、馬鹿みたいに癒し系なB3など、「1枚で野外フェスに行った気分になれる」こと間違いなし。

    買わなくてもいいからとりあえずみんな聴いた方がいいよってことでフル試聴あげときます。でもごめんなさい、録り終わってから気が付きました。ピッチが+7でした!

  • (再掲載) Aquarium – Waitin 4 Summer

    ¥2,500

    初回掲載:2020年11月8日

    Aquarium a.k.a. 外神田deepspaceによる、中野に出現した謎のレーベルHana Recordsの001番、Waitin 4 Summer EPが皆の笑顔に見送られながら待望のリリースとなりました。仲が良いので色々と書き始めるとキリもなく、あまりにエモーショナルになりかねないのでバッサリと割愛しますが、まずこの時期に出るWaitin 4 Summerってのが寒いのが嫌いなAquariumらしくて最高。皆の心の中にある何層にも重なった複雑な感情のレイヤーにありとあらゆるかたちで語りかけてくる奥深い2曲。ただ、これはAquariumが夏のあたたかさを歓喜するサマーアンセムであり、寒い中こたつでぬくぬくしながら聴くアンチ寒さソングという、いつもリアルで人間らしい彼のパーソナルな音楽であることが根本にあるのでしょう。全宇宙に響き渡れ、道程が全精力をもって推薦する超マストアイテム。限定100枚プレス。早く暖かくなれ!※phoneheadによる発売によせたテキストのインサート付きとなっております。

    masteredの彼のインタビュー&素晴らしすぎるMIXもどうぞ。

    Vol.117 AQUARIUM aka 外神田deepspace with 惨劇の森クルー – 人気DJのMIX音源を毎月配信!『Mastered Mix Archives』

結果の1~15/188を表示しています