Book

主に、音楽、社会学、文化人類学、哲学、詩集などの本。
Books mainly about music, sociology, cultural anthropology, philosophy, and poetry collections.

結果の1~15/43を表示しています

  • ジャズの前衛を求めて

    USED ¥1,400

    248ページ。チャーリーパーカー、コルトレーン、セシルテイラー、ファラオサンダース、モンク、などについての記述あり。ビバップからハードバップへの移行など。

  • 鈴木大拙・禅選集〈第6巻〉禅堂の修行と生活,禅の世界

    USED ¥900

    190ページ。古い本によくある、箱に入っている本です。

  • 悪魔のピクニック 世界中の「禁断の果実」を食べ歩く

    USED ¥1,400

    393ページ。「食べるなと言われると、食べたくなる。」

  • 意識 革命 宇宙

    USED ¥1,000

    185ページ。対談。(目次より)・スパイと内ゲバについて、・25時間目の問題、・三島由紀夫について、・自殺と子供を産まぬこと、など

  • 権威への反抗 – 森鴎外

    USED ¥1,200

    343ページ。

  • 幻覚の共和国

    USED SOLD OUT

    463ページ。1965年にアメリカを旅した著者のサイケデリック考察。(以下帯より)彼らの合言葉はFEEL!ロックに映像にファッションに文化の全領域でいま爆発的に進行する恍惚革命の全貌。

  • モータウン・ミュージック

    USED ¥3,900

    398ページ+主なディスコグラフィ。

  • キース・ジャレットの頭のなか

    USED ¥1,200

    189ページ。キースジャレットの生い立ち、アルバムの裏話など。

  • そのレコード、オレが買う! ~レコード番長のガチンコ買い物日記~

    USED ¥1,500

    224ページ。須永辰緒のレコードディグを日記形式で記載。通販、ヤフオク、店頭など。

  • ベース・カルチャー レゲエ~ジャマイカン・ミュージック

    USED ¥4,000

    全572ページ。

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2021 春

    NEW ¥1,100

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。

    ※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2021 冬

    NEW ¥1,100

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。

    ※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2020 秋

    NEW ¥1,100

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。

    ※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2020 夏

    NEW ¥1,100

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。

    ※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

  • [book] 黒猫店主 – 観々日

    NEW ¥880

    (黒猫HPより)黒猫店主が毎日毎日レコードや映画や本やイベントを観賞している日記レビュー冊子。1日1レビューの半年分、182本のレビューを掲載。「レコードと暮らし」〜「枕元レコード」の続きのようなものです。「黒猫からの手紙」の中でたまに発表していたものを修正&少々追加したものです。

結果の1~15/43を表示しています