Dub

結果の1~15/102を表示しています

  • ベース・カルチャー レゲエ~ジャマイカン・ミュージック

    USED ¥4,000

    全572ページ。

  • Cofaxx ‎– Shell Collector (PURR 0119)

    NEW ¥1,300

    トライバル、トロピカルな因子をふんだんに含んだリズミカルドローン。よく考えてみたら、ありそうでなかったかたちのような気がしてとても新鮮。全体を通してアルバムとしての展開も見事。

  • Mårble ‎– Löwah (Muscut 19)

    NEW SOLD OUT

    ウクライナのMuscutレーベル、そしてそのサブレーベルにあたるエストニアのShukaiレーベルの取扱いを開始しました。

    200枚限定プレスの危険なDub Jazz。非常に重たいベースに、サイケデリックなサックスや電子音などの上もの。なんかめくちゃなんだけど、成立している。そして値段は強気につける。そんなスタイルのMuscutが私は好きです。

  • Nikolaienko ‎– Blue Soup №2, 2010 (Muscut 17)

    NEW ¥2,900

    ウクライナのMuscutレーベル、そしてそのサブレーベルにあたるエストニアのShukaiレーベルの取扱いを開始しました。

    100枚限定プレス。とはいえ正直こんな強気な値段のつけ方をしてる7インチは見たことがありません!笑 がしかし、Muscutのレーベルカラーに沿った、Dubbyで退廃的で実験的な好内容。レーベルオーナーのDmytro Nikolaienkoによる過去の作品のシングルカット。

  • Ol ‎– Saigon Special Room (Muscut 11)

    NEW ¥2,300

    ウクライナのMuscutレーベル、そしてそのサブレーベルにあたるエストニアのShukaiレーベルの取扱いを開始しました。

    11番はグワングワンの沼系DUBの7インチ。言うなれば、Experimental Ambient Dub。当店が好きなラインをド派手にクロスオーバーした300枚限定プレス。

  • Wrong Water ‎– Dozen (Muscut 9)

    NEW ¥2,500

    ウクライナのMuscutレーベル、そしてそのサブレーベルにあたるエストニアのShukaiレーベルの取扱いを開始しました。

    素晴らしく難解で、同時に普遍的(だと思う)な世界観を前面に押し出したMuscutの9番リリース。宇宙という名の洗濯機の中で、上も下もわからないまま掻き混ぜ続けられた結果、全てを悟りました的な、混沌としたなかに輝く一筋の光を見ました。300枚限定プレス。オススメ。

  • Bob Marley & The Wailers ‎– Live! (90032-1)

    USED ¥1,600

    ニッチな音楽を届けることも仕事ですが、こういう盤もいつまでも売り続ける、そういうレコ屋でありたいと思っています!

  • Wolf Müller meets the Nile Project ‎– Wolf Müller meets the Nile Project (AMBIANCE003)

    NEW ¥1,900

    当店取り扱いレーベルであるGrowing Binからの2枚組により鮮明に記憶に焼き付いているWolf Müllerによる一枚。ケニアやエジプトのアーティストと組んだ、パーカッシブでアフリカ独特のリズムにまとわれたダンストラックス。こちらと合わせてチェックしてみてください!

    Wolf Müller & Niklas Wandt ‎- Instrumentalmusik Von Der Mitte Der World(2LP) (GBR013)

  • (再入荷) Dr. Alimantado ‎– Best Dressed Chicken In Town

    NEW ¥2,800

    Dr. Alimantadoこと、Best Dressed Chickenこと、Winston Thompsonが世に放ったキャリアファーストアルバム!彼自身シングルは70年代前半から出していますが、LPはこれを皮切りにほぼ二年に一回のペースで出しています。私は基本的にストリクトでコンシャスなルーツチューンがReggaeでは好きですが、この人は別物。本当の意味でオリジナルというか、誰にも似ていない、でかつ絶対的な存在感を放ったアーティストです。音にもそれが如実に出ていますよね。彼がやってることは前衛という認識です。ただ、実際のところかなりコンシャスなラスタの体現者で、噂ですが、ラスタにとって「帰るべき地」であるアフリカに実際に移り住んだ数少ないジャマイカ人だとか。彼の風味のすべてが凝縮されたと言ってもいい、レゲエ史に刻まれる一枚。

  • Dr. Alimantado / Peter Tosh ‎– Mary Lou / A Little Melodica (ISDAS 1)

    NEW ¥1,600

    1971年にJamaicaでA little Loveという曲のVersion3, Version4としてリリースされていた2曲を7インチで再発。Dr. AlimantadoとPeter Toshの交流ってあんまりイメージ湧きませんが、そこはジャマイカ。秋田県の広さに八王子の人口の4倍の人という狭い世界では皆が友達です。

  • Dr. Alimantado ‎– No More Heartache / Zion Gate (KMD005)

    NEW ¥2,100

    1989年にリリースされた12″を、Dub Versionを収録しリイシュー。B面のZion GateとGates of Dubが、かなりExperimentalなアプローチの名曲に仕上がっています。Dr. AlimantadoはReggaeという枠組みから逸脱したような作品も多数あり、聴いていて本当にワクワクするアーティストですね。

  • Dr. Alimantado ‎– Born For A Purpose / Reason For Living (KMD22)

    NEW ¥2,100

    1976年にJamaicaでDr. Alimantadoが主宰していたItal Soundsレーベルからリリースされた7″をKeyman Recordsが12″の限定仕様でリプレス。彼の代表曲である「Born For A Purpose / Reason For Living」をA面に収録。後半のDUBが最高。B面は同じリディムでDeeJay Version。彼の楽曲は、Experimentalなアプローチの作品が多く、Reggaeという枠に収まらない独創性が道程を惹きつけて止みません。これからも愛し続けます。

  • Dr. Alimantado ‎– House Of Singles (KMLP4000)

    NEW ¥2,800

    Dr. Alimantadoのシングル集の登場!早いものは1967年の録音のものから、1976年の録音のものまで、シングルでこれまでリリースされてきた作品をコンパイル。レア盤化している盤も多数で、全て集めるのはかなり根気のいる作業になるでしょうから、この機会にいかがでしょうか?全曲フル試聴付きです。

  • Dr. Alimantado ‎– In The Mix Part 3 (KM007)

    NEW ¥2,600

    Dr. Alimantadoがコンソールの前に座り、全ミキシングを担当した、その名も「In The Mix」シリーズのPart 3が入荷。そういうことやってくるあたりが、抜け目ない確信犯。普段はふざけてる感じに装っているだけに、これはズルい。どこまでいってもクールだぜ、ドクター。オリジナル楽曲のアルバムとはうって変わって、完全にドラムンベースによるレゲエのシンプリシティを体現した内容。これをベースに自分で音を加えて、別バージョンを作るのもありですよ!

  • Dr. Alimantado ‎– Love Is (KM1001)

    NEW ¥2,600

    Channel One、King Tubby’s、Ariwa、Joe Gibb’s、Chalk Farm、Black Arkと名だたるスタジオでの録音を収録したDr. Alimantadoの4作目のアルバム、「Love is」。録音されたのは70年代前半から80年代の前半までの期間で、このアルバム用に作った曲たちというよりは、7インチでリリースしている作品も含め過去作品をコンパイルしたかたちに。バックバンドも、お馴染みDr. Alimantado Experienceから、Upsetters、Revolutionariesなど豪華メンツ。こういう動き方もいちいちかっこいいドクター。カリスマですね。こちらも全曲試聴どうぞ!

結果の1~15/102を表示しています