Experimental / Avant-Garde

結果の1~15/237を表示しています

  • [Casette] Wind❏ws – Shadows & Light (REG004)

    NEW ¥1,500

    PortlandのRegional Attractionの第4弾リリースは、Wind❏wsによるドローン作品。文字化けではありません。リリース情報によると2019年にPark Churchという教会で録音されたようです。モジュレーションされた風の音に、サックスやフルート、ベルの音などのオーガニックサウンドがマッチし、その空間におけるリバーブも加わり、一つの大きい音の塊がボーンとスピーカーから発せられる没入系メディテーションな仕上がりとなっています。

  • [Casette] Iu Takahashi – Late in life (REG003)

    NEW ¥1,500

    Andrew Heuback主宰、Portlandを拠点とするRegional Attractionの第三弾リリースは、当店では梅レコードからContourのリリースでもお馴染みの日本人作曲家、iu takahashiによるEmotional Soundscape傑作。「人生の中で訪れた場所や、過去に置いてきたもの」をテーマとした本作は、全てを覚えておくには長すぎる人間の一生の中で、それを記憶のなかでかたち作る数々の瞬間をつなぎ合わせたような、ポジティブとかネガティブでとかいう次元を超えた、「BEING(在るということ)」という概念を音という物理現象を通して表現したとも解釈できる、哲学的Deepさすら含有した作品。私個人的に大好物です。皆さんにも聴いてほしい1本!梅レコードからのリリースはこちら。

    iu takahashi – Contour (ume006)

  • (再) Low Flung ‎– Blow Waves (KEN008)

    NEW ¥2,500

    ジャケからしてイケてないはずがないこちら。Moontown Records主宰のSydneyのアーティスト、Low Flungによる当店ロングセラー作品。DubとExperimentalの要素が抜かれては差し込まれ、行方のわからない浮遊感の中、やがて着地。様々なクロスオーバーがアルバムを通して、そしてそれぞれの曲中で展開されるレベルの高い編曲をご堪能ください。手放せなくなるアルバムになると思いますよ。Recommend→ A4:Frozen coat, B3:Temporary structure

  • Francesco Cavaliere & Tomoko Sauvage ‎– Viridescens (Marionette17)

    NEW ¥3,200

    楽曲の質、録音の質、プレスの質、アートワーク、インサート、どれをとっても全カタログ大プッシュ。CanadaのMarionette Labelです!

    (DLコード付き)パリ在住の日本人現代/実験音楽作家Tomoko Sauvageと、ベルリン在住のイタリア人作家Francesco Cavaliereがタッグが、「緑色を音にする」という異なる五感に作用する刺激のインターフェースの役目を担ったインスタレーション作品。水、ガラス、粘土、竹琴、鉄琴、シンセサイザーなどを用いて制作された音の粒たちの聖なる舞を堪能できます。Tomoko氏はインタビューで「実際に緑の楽器に囲まれていると、森や山を見ているかのように心を落ち着かせる効果があるように思う。」と言っていますが、それを塩化ビニルを介して聴いた我々の眼前にも緑の海が広がっていくことでしょう。「俺たちのMarionette」が送る最新作、脳みそにぶっこんでやってください。

  • Andrew White Quartet – “Live” At The New Thing In Washington, D.C. (AM-2 *White Label)

    USED ¥2,800

    米マルチ奏者Andrew Whiteによる65年から71年のライブの録音を収めた2枚組。AltoとTenorサックスを吹く狂気のセッション。ドラマーのEric Gravattもいいですねぇ~。Wayne Shorter作曲のA2特におすすめです。Andrew Whiteは、ほとんど自分のレーベルからしかリリースしてないっていう存在の仕方も含めて大好きです。

  • Various – La Grande Parade (WRF 10001)

    USED ¥2,500

    アバンギャルドロック。サイケデリック。エクスペリメンタル。オランダのWerf Recordsより、39人のミュージシャンが参加した一大プロジェクト。

  • (再) [2LP] Various ‎– Wound Without A Tear

    NEW ¥4,500

    オーストラリアのアンビエント、実験音楽のプロデューサー達が90年代初頭から00年代にかけて制作した楽曲をコンパイルした2枚組LP。これはやその当時のシーンを経験して現地のコネクションを持っている人物でないとなかなかできない仕事。素晴らしいコンピレーションです。オススメ。※こちらに到着時点でジャケットの一か所に割れるか割れないかくらいの薄い亀裂入ってました。ご了承ください。

  • Indigo – Part I (MUCO06)

    NEW ¥3,900

    180g重量盤。メルボルンを拠点に活動するNick Roderによるコンテンポラリーミュージックプロジェクト、Indigo。Music Companyのリリースに共通する「静寂を聴かせる」感覚に加え、田舎のおばあちゃんの家のような牧歌的でどこか懐かしい、人間性の原風景を描写したかのような優しい音色に心奪われます。ベースとテナーサックスによって製作された故郷の現代音楽。300枚限定。

  • Ben Green – Lauchie Cox (MUCO05)

    NEW ¥3,900

    180g重量盤。19ページに渡る冊子付き。次々に危険なコンテンポラリー、アンビエントミュージックを放ってくるメルボルンのMusic Companyの第5弾が登場。第1弾のVoler(https://doteirecords.com/product/grace-ferguson-%e2%80%8e-voler-muco01/)も本当に素晴らしかったですが、今作もお世辞じゃなくECMのリリースかのような静かで美しい川辺のせせらぎのような、スッと入ってきつつも殺気を感じる鋭さが印象的です。「事前の準備などなく、楽器の前に座り、その瞬間に彼の中に存在するものを描写する」という高度なインプロビゼーションを用いた彼のプロダクション、ご堪能ください。これがデビューアルバムってんだから驚き。あわせてBest Effortからリリースされた彼のカセットテープもチェック。

     

    Interior Music – Interior Music 001​/​002

  • (再) Grace Ferguson ‎– Voler (MUCO01)

    NEW ¥3,900

    180g重量盤。絶対に買った方がいい、超エモーショナルピアノアルバム。Australiaの新しいレーベル、Music Companyの第一弾リリースです。静寂の美しさと、ピアノの旋律の美しさに、同時に心がマッサージされ、聴き終わったあとにはハードロックのライブでヘッドバンギングしたかのような得体のしれない爽快さが残る不思議なアルバム。これは絶対ゲットやで。

  • Barry Altschul – Another Time / Another Place (K22P-6065)

    USED ¥2,300

    ジャケはダサいけど内容はかっこいいシリーズに認定!Free Jazzです。Circleのメンバーでもあるパーカッショニスト、Barry Altschul。Paul BleyやChick Coreaと親交が深かったことからECMにも参加作品が多く、60年代以降の「Jazzのパーカッシブ化」、ドラマーの重要性の認識の波に乗って注目されたアーティストの一人。ブロンクスの生まれで、Music IncのCharles Tolliverとも仲が良かったみたいっす。(インサートから引用)

     

  • [2LP] Anthony Braxton – Alto Saxophone Improvisations 1979 (A2L 8602)

    USED SOLD OUT

    シカゴの前衛的若手ミュージシャンの共同体、AACMの初期メンバーでもあるAnthony Braxtonの79年のアルトサックス1本撮り、2LP組み。付属のインサートに何やら曲ごとのコンセプトのようなものが図付きで載っていますが、こういう感じで自分の世界観を周りが理解するかどうかは無視してぶつけてくる感じ大好きです。

  • Anthony Braxton – Recital Paris 71 (EPIA-53905-F)

    USED ¥2,800

    Duke ElingtonとJohn Cageを最も尊敬する音楽家として挙げていたAnthony Braxton。若くしてクラシック音楽の教育を受ける。その後ジャズに影響を受けながらも、物理学や哲学などを学び、ブーレーズやシュトックハウゼン、ジョン・ケイジなどの音楽にも関心を持ち、自らの演奏に取り入れていった。朝鮮戦争で3年間兵役も経験。音に対するアプローチの仕方に共感しかない前衛サックス奏者。シンプルなFree Jazzの括りとはまた別枠で考えたい人物。

  • The Clarinet Summit – Southern Bells (BSR 0107)

    USED ¥1,800

    Alvin Batiste, John Carter, Jimmy Hamilton, David Murrayというクラリネット奏者4名から成るクラリネットだけのカルテット。David MurrayがBass Clarinetを担当し、他3名がB-flat Clarinetを吹いています。イタリアの名門Black Saintより。

  • Miki Yui – spring spring (MEDS057)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のSummer Batchの3作品のうちの1つは、当店ではCuspeditionsの006のリリースでもお馴染み(https://doteirecords.com/product/miki-yui-%e2%80%8e-mills-cusp006/)、デュッセルドルフを拠点に活動するMiki YuiのExperimental / Ambient作品。A面で音にエネルギーを蓄え、B面でその音の粒たちが踊り出す感じは、タイトルにあるように春に生き物たちが活動的になっていく様を描いたかのような、有機的で希望に満ちた音の展開。他にも素晴らしいレーベルから作品を出しているMikiさん。今後も追いかけたいと思います。

結果の1~15/237を表示しています