Experimental / Contemporary

結果の1~15/163を表示しています

  • (再掲載) Miki Yui ‎– Mills (CUSP006)

    NEW ¥2,850

    ドイツを拠点にExperimentalでcontemporaryなサウンド芸術作品をリリースしているMiki Yui。一枚一枚のレイヤーが単独でもかっこいいし、それが重なっていく様が美しくも退廃的な様相を演出。けれどもシリアスな音の中にときどき顔をのぞかせる遊びの効いたレイヤーが、心をほっこりさせてくれる、そんな瞬間が心地良いです。リリースしているレーベルのラインも個人的にかなり好きです。去年もスイスのHallow Groundから出してますね。海外で活動している作家だけに、その存在も気になりますが、どっちが名字で、どっちが名前なのかも気になるところです。Mikiが名字なのかな、やっぱり。

  • (再掲載) David Ross ‎– Stochastic Moods (CUSP005)

    NEW ¥2,850

    Twinkle3のメンバーでもあり、他にもコラボレーション作品を世に放ってきたDavid Ross。深海のような音の少ない世界に響く環境音をフィールドレコーディングしたかのようなモジュレーション作品。Cuspeditionのリリースは本当に音が良いです。

  • (再掲載) Richard Scott ‎– Several Circles (CUSP003)

    NEW ¥3,500

    僕が使ってるクソ古いNEC製のノートパソコンの内蔵スピーカーで再生している時ですらめちゃくちゃやばい音してました。これはそれなりに整備された再生環境で再生したら、ぶっ飛ぶでしょうね。Cuspeditionsレーベルの拠点であるManchesterを同じく拠点とするモジュラーシンセなどを使ったインプロビゼーション作家、Richard Scott。Twinkle3のメンバーとしても知られています。現在もバンバン音源リリースしてる人っぽいんでこれは要チェック。

  • (再掲載) Clive Bell ‎– Asakusa Follies (CUSP004)

    NEW ¥2,850

    でた!Twinkle3のメンバーでもあり、トリオの音を象徴する尺八を奏でるイギリス人アーティスト、Clive Bellの鬼マニアック尺八ソロアルバムが登場。この楽器のトーンの移り変わりは、他の楽器にはないものがありますね。時々出てくる抜けたようなハイトーン。そして息遣いを聴かせるような奏法。再評価される日本の音楽の陰で、現在新たに評価されている日本民謡にも欠かせない楽器ですね。ちなみに尺八の名前の由来は、長さが一尺八寸(約54.5 cm)だからみたいっす。結構長いんだな。

  • (再掲載) Twinkle³ Feat. Sidsel Endresen ‎– Debris In Lower Earth Orbit (CUSP002)

    NEW ¥2,700

    当店大人気レーベルMarionetteからもリリースする尺八奏者Clive Bell、モジュラーシンセなども使用したインプロビゼーション音楽家Richard Scott、得体のしれないDavid Rossの三人によって構成されたExperimental & InprovisationalなトリオTwinkle3と、なんとなんとECMからもリリースするNorwayのJazz Singer、Sidsel Endresenが共演。緊張感マックス。針の落ちる音さえも許されないような厳粛なムードで進行する内容に汗、汗、汗!!!

  • (再掲載) Lu Katavist ‎– Inburst (CUSP001)

    NEW ¥2,700

    Cuspeditionsレーベルの第一弾リリースはドイツのケルンを拠点とするLu Katavist。モジュラーシンセによるサウンドスケープ。信号が生み出す感情。音楽が生み出す情景。Cupseditionsの総合芸術的なアプローチが集約された、レーベルの色を決定づけるファーストリリース。

  • Lu Katavist ‎– Retoxis (sdorg 01)

    NEW ¥2,200

    Cupeditionの001リリースも飾ったケルンのモジュラーシンセ奏者、Lu Katavistによる自身のレーベルからの作品。A面7曲、B面6曲からなるDrone、Experimental作品。

  • Hex Operator ‎– Hex Operator (sdorg 03)

    NEW ¥2,400

    Lu Katavistが運営しているとみられるドイツのSmalldeath.org Recordsの003番。IndustrialなアプローチのExperimental作品。70枚限定バイナル。はがきの2倍くらいのサイズのキラキラアートワーク入り。

  • Various ‎– Hassānīya Music From The Western Sahara And Mauritania (SF083)

    USED ¥1,900

    西サハラとモーリタニアからの音楽のコンピレーション。前衛音楽として存在していてもおかしくないバイブス出てます。サイケデリック。

  • Mr. Projectile ‎– Nubby Buddy E.P. (PAR010)

    SOLD OUT

    ウィスコンシン州とシカゴを拠点に約10年ほど運営されていたアメリカのParotic Music。Experimentalで音質にこだわったTechnoを20タイトルほどリリースしており、どれもクオリティが高く、おそらくあまり知られていないであろう隠れキラーレーベルです。試聴にあげた二曲も活躍してくれる機会が多そうな、空間性のある素晴らしい出来。

  • Luigi Nono ‎– La Fabbrica Illuminata (WER 60038)

    ¥2,500

    イタリア現代音楽界の雄、Luigi Nonoの68年リリースアルバムの再発ドイツ直輸入盤。古典音楽のアンチテーゼとしての現代音楽の軌跡がそのままこの盤に乗っかってます。音響技術の発展とともに可能となった様々な手法を用い、狂気と緊張感で満ち溢れた両サイド各16分ほどのジャーニー。B2「アウシュヴィッツでの出来事を想起せよ」がおすすめです。

  • Lester Bowie Brass Fantasy ‎– Avant Pop (ECM 1326)

    ¥1,300

    ECM, HORO, Black Saintなどヨーロッパの一癖あるJAZZレーベルから多数リリースしているアメリカのトランぺッターLester Bowie率いるBrass Band。遊びがある感じが、逆に現代音楽っぽさを引き立てていて良いです。

  • Ron Carter ‎– Parade (M-9088)

    SOLD OUT

    Ron Carter, Joe Henderson, Chick Korea, Tony Williamsの並びでピンと来てください。B2試聴あげときます。

  • Paul Motian ‎– Conception Vessel (PA-7078)

    SOLD OUT

    Bill EvansのWaltz For Debbyに参加していることでも知られるアメリカのJazz Drummer、Paul MotianのECMデビュー作。かなり前衛な内容。ギターのSam Brownはじめ、各パートとの掛け合いが静かに繰り広げられ、それが同時多発的に起こっている感じがそわそわしてたまりません。オススメ。

  • Stomu Yamashta – Go Live From Paris (ILS-50013 14)

    SOLD OUT

    初めの歓声が聴こえるところからめちゃくちゃかっこいいです。この頃のヨーロッパの音楽的な自由度が垣間見れるような、前衛、プログレ、JAZZ、いろいろな要素が混在した素晴らしいライブアルバム二枚組!

結果の1~15/163を表示しています