House/Techno(others)

US産以外のHOUSE/TECHNO。
HOUSE/TECHNO which are not from the states.

Showing 1–15 of 31 results

  • Cobblestone Jazz ‎- Memories (From Where You Are)

    ¥1,900
  • The Mountain People ‎- Mountain006

    ¥1,300

    暗い森の中を進んでいくようなミニマルハウス。基本的に「house music」というvocalが入っている盤に目がない僕ですが、B面のmounitain006.2にも入ってます!!

  • Maurizio ‎- M4

    ¥1,400

    Maurizio, Rhythm & Sound, Burial Mix, Chain Reaction, Main Street Recordsなど、名前はさておきありとあらゆるリリースが文脈的にも音楽的にもセンセーショナルなMoritz Von Oswald率いるBasic Channel。こちらは怒涛のワンループ攻めのMシリーズの4番です。友達のLeneさんは、「We will never have enough basic channel vinyls.(ベーチャンのレコードはいくつ持っていても十分とは言えないわ。)」と言っていました。いかにも。

  • Levon Vincent / Steffi – Panorama Bar 02 | Part II

    ¥1,100

    NY Undergroundの雄Levon VincentとBerlin Undergroundの雌SteffiのスプリットEP。鉄のように冷たいLevonのTechnoと、どこか官能的なdeep houseの深みを感じるSteffiのHouse。

  • Rhythm Plate ‎- Lean 2013

    ¥1,300
  • Diego Krause ‎- Rituals EP

    ¥1,300
  • XDB / Kassem Mosse ‎- Ekatem / Omrish

    ¥1,000
  • Mandar ‎- Shrim

    ¥1,500
  • Gnork – Cccraw.4

    ¥1,700

    izanaiクルーのAquarium a.k.a 外神田deepspaceの紹介により、欧州旅行中にGnork本人との面会に成功。見た目、内面共に優しく穏やかな印象でしたが、その奥に見える鋭さが、これまで出会ってきた素晴らしいDJ達に共通するそれと同じでした。持ってるレコードが被りまくっていてあがったのは良い思い出です。そんな彼のキャリア初期にあたる作品。おとぎ話の中の未来の話を聴いているような、現実を2回逸脱したfuture sound。

  • Various – 18 Remixes

    ¥1,800

    TREASURE BOX is the independent dance music lable in Kyoto. TRESURE BOX 002番に収録の18を関西を中心とするHankyovainの仲間達が料理し直しました。全11曲。

  • Hankyovain ‎– 18

    ¥1,800

    TREASURE BOX is the independent dance music lable in Kyoto. 人員たった一人の共同体、Hankyovain主宰TREASURE BOXの002番。本作品に関してはRawだとか、インダストリアルだとか、ハウスだとか、そういった音色やジャンルに関する描写は至って無意味で、これはシンプルに一人の男がストリートでの衝動を自宅スタジオで音(信号)に落とし込んだ記録であると私は考えています。フロアにもたらすのは歓喜ではなく、突き上げられたその拳。

  • Various ‎– Just In Time

    ¥1,800

    Big Strick(Detorit) is on it. TREASURE BOX is an independent label in Kyoto owned by Hankyovain.
    関西のありがとうに対するBig StrickのArigatou。フェアプレー精神が美しいです。Suzaka motor cityに潜伏する忍者クリエイターMirugaのRemixも収録。またMirugaが流すマーチンルーサーキング牧師の演説が 聴きたい。

  • SJ Tequilla ‎– Sanya

    ¥1,700

    A release from the Japanese DJ/trackmaker, SJ Tequila based in Berlin. His current project is playing solid techno/house on a street in Berlin with 2 of TB-303s and portable synthesizers and portable speakers. Make Acid, feed acid. Acid for all, all for acid. ベルリンの地下道でTB303を連結し、電池稼働できるシンセと、電池稼働できるスピーカーでアシッドの実演販売をおこなっているブランキーことSJ Tequilaの2019年リリース作品。オールドスクールマナーのハウストラックから、B21のDUBに到るまで、幅広くも一貫性のある4曲編成。

  • Midnight Tenderness ‎– Refresco

    ¥1,750

    Recommend→A1 90sDigital Funk/FusionとDubとHouseをたしあわせたようなスムーズネス、ファンキネス、ダンサブルネス、ストーンネスが混在するEPデス!

  • LNS ‎– Recons Two

    ¥1,600

    Fett Distroが支給する、CanadaはバンクーバーのLNSによるリリースです。そのままSex Tags Mania関連レーベルから出ていてもおかしくないくらいその筋の音。アーティストの名義と同じ名義の自主レーベルから自分の作品を出すあたりも惹かれます。

Showing 1–15 of 31 results