Pick Up

Dotei’s pick up

結果の1~15/115を表示しています

  • Francesco Cavaliere & Tomoko Sauvage ‎– Viridescens (Marionette17)

    NEW ¥3,200

    楽曲の質、録音の質、プレスの質、アートワーク、インサート、どれをとっても全カタログ大プッシュ。CanadaのMarionette Labelです!

    (DLコード付き)パリ在住の日本人現代/実験音楽作家Tomoko Sauvageと、ベルリン在住のイタリア人作家Francesco Cavaliereがタッグが、「緑色を音にする」という異なる五感に作用する刺激のインターフェースの役目を担ったインスタレーション作品。水、ガラス、粘土、竹琴、鉄琴、シンセサイザーなどを用いて制作された音の粒たちの聖なる舞を堪能できます。Tomoko氏はインタビューで「実際に緑の楽器に囲まれていると、森や山を見ているかのように心を落ち着かせる効果があるように思う。」と言っていますが、それを塩化ビニルを介して聴いた我々の眼前にも緑の海が広がっていくことでしょう。「俺たちのMarionette」が送る最新作、脳みそにぶっこんでやってください。

  • (再) Dadawah ‎- Peace And Love (Wadadasow)

    NEW ¥2,600

    ラスタファリニズムの精神的核となる儀式、ナンヤビンギを語るうえで絶対外せない人物、それがRas Micheal。通称、先生。Ras MichaelまたはRas Michael & The Sons of Negusでの名義でのリリースが多いですが、こちらは本作及び一部のシングルまたはコンピレーションのみで使用されているDadawah名義での1974年リリース作品をDug Outが再発。Reggaeという音楽の成立の経緯を探る意味でも必ずぶち当たる盤であることはもちろんのこと、全くReggaeという文脈を抜きにしたカリビアンRare Grooveという観点でも、基本的に底抜けに明るい音楽が多いカリブ海の島々でこんなにドープな旋律が生み出されていたなんて、大きな発見です。Voodooから派生したとも言われているラスタファリニズム。アフリカをルーツに持つ世界中に散らばった人たちの、スピリチュアリティが終始ズッコンバッコンと突きつけられるそんな盤。お前はもう買っている。

  • (再) Ras Michael & The Sons Of Negus ‎– Numbered Days

    NEW ¥1,500

    オリジナルはJamaicaのZion Discoレーベルからリリースのナイヤビンギ神盤!Mr. ナイヤビンギ、Ras Micheal & The Sons Of Nigusのレア盤化していた7″が再発。裏のDUBも含め、コンシャスに攻めたいREGGAE DJは持っておきたいナンバー。DJの際にナイヤビンギとアフリカンを行ったり来たりする流れに最近僕ははまってます。

  • *SALE* Will Long ‎- Royal Blue / Mustard

    NEW ¥900

    2016年にComatonse RecordingsからリリースされたLong Traxの続編となるLong Trax 2。Long Traxと同様、バイナル版は3枚の12″にカットされ、アルバムとしてではなく、断片としてリリースされました。Celerの名義で膨大な量のアンビエント作品をリリースする、東京在住のアメリカ人作曲家Will LongのDeep Houseの側面。Comatonse Recordings主宰のTerre Thaemlitzからの影響も伺える、海のように奥行きのある音楽空間に、本シリーズでは日常を感じさせるような、どこか懐かしい、そして親しみやすさを持った、温もりを感じるビートが心地良いです。3枚セットで持っておきたい盤。

  • *SALE* Will Long ‎- Maroon / Pink

    NEW ¥900

    2016年にComatonse RecordingsからリリースされたLong Traxの続編となるLong Trax 2。Long Traxと同様、バイナル版は3枚の12″にカットされ、アルバムとしてではなく、断片としてリリースされました。Celerの名義で膨大な量のアンビエント作品をリリースする、東京在住のアメリカ人作曲家Will LongのDeep Houseの側面。Comatonse Recordings主宰のTerre Thaemlitzからの影響も伺える、海のように奥行きのある音楽空間に、本シリーズでは日常を感じさせるような、どこか懐かしい、そして親しみやすさを持った、温もりを感じるビートが心地良いです。3枚セットで持っておきたい盤。

  • *SALE* Will Long ‎- Sallow / Pine

    NEW ¥900

    2016年にComatonse RecordingsからリリースされたLong Traxの続編となるLong Trax 2。Long Traxと同様、バイナル版は3枚の12″にカットされ、アルバムとしてではなく、断片としてリリースされました。Celerの名義で膨大な量のアンビエント作品をリリースする、東京在住のアメリカ人作曲家Will LongのDeep Houseの側面。Comatonse Recordings主宰のTerre Thaemlitzからの影響も伺える、海のように奥行きのある音楽空間に、本シリーズでは日常を感じさせるような、どこか懐かしい、そして親しみやすさを持った、温もりを感じるビートが心地良いです。3枚セットで持っておきたい盤。

  • Chris Gray – I’m Through Waiting (D4LLP007)

    USED SOLD OUT

    Deepの真実の姿、Chris Grayが2013年に自身のレーベルDeep4Lifeからリリースしたアルバム。音楽の中に込められている想いのレベルが違うこの人。ネガティブなものからポジティブなものまで、全てを包み込める器量を持った選ばれし人物。現在はロードバイクを乗り回す美食家としての活動を主に、そんななかでもライフワークとしての音楽表現を続けている、道程が心酔する生きるDeepです。

  • Indigo – Part I (MUCO06)

    NEW ¥3,900

    180g重量盤。メルボルンを拠点に活動するNick Roderによるコンテンポラリーミュージックプロジェクト、Indigo。Music Companyのリリースに共通する「静寂を聴かせる」感覚に加え、田舎のおばあちゃんの家のような牧歌的でどこか懐かしい、人間性の原風景を描写したかのような優しい音色に心奪われます。ベースとテナーサックスによって製作された故郷の現代音楽。300枚限定。

  • (再) Grace Ferguson ‎– Voler (MUCO01)

    NEW ¥3,900

    180g重量盤。絶対に買った方がいい、超エモーショナルピアノアルバム。Australiaの新しいレーベル、Music Companyの第一弾リリースです。静寂の美しさと、ピアノの旋律の美しさに、同時に心がマッサージされ、聴き終わったあとにはハードロックのライブでヘッドバンギングしたかのような得体のしれない爽快さが残る不思議なアルバム。これは絶対ゲットやで。

  • Aybee ‎– Ozzie Davis (FV004)

    USED SOLD OUT

    Ron Trent主宰Future Visionの4番。Aybeeによる相当深いDeep House。こういう曲が一番ピークタイムにかかっているようなパーティーで遊びたいなぁ。個人的に非常におすすめの一枚。

  • 岡林信康 ‎- わたしを断罪せよ (SM22-4101)

    USED ¥2,100

    Japanese Rebel Musicの金字塔。部落差別をうたった「手紙」。偽りの自由に踊らされた民に送る激励歌「それで自由になったのか」など道程バイブルの一枚。ドラムには、つのだひろが参加。全部試聴載せました。

  • [2×12″] Larry Heard ‎– Missing You (The Remixes) (TM-021, ML-2215)

    USED ¥4,800

    誰かを愛したことがある全ての人に届けたい、道程心の盤の中でもこれ以上の心の盤は無いかもしれない、道程が道程であれる理由と言ってもいい一枚。Original Versionに加え、Bernard BadieによるDance寄りRemixの試聴を用意しました。B面にはTheo Parrsihのリミックスも収録。一家に一枚。冷蔵庫かこの盤を諦めなくてはいけないとしたら、私は即答で冷蔵庫を諦めます。

  • シバ ‎– 青い空の日 (URL-1025)

    USED ¥3,900

    URC作品の中の大名盤の一つ、シバの青い空の日のオリジナル盤が入りました。たしか八王子にも所縁のある人だとどこかで読んだような気がします。武蔵野タンポポ団のメンバーでもあり、三橋乙揶として漫画家としても活動。このアルバムがデビュー作で、URCから出した作品としては最初で最後のものとなりました。脱力感と揺れが気持ちよすぎる道程心の盤。スレや傷が多いため全編試聴用意しました。

  • Twinkle³ Feat. Sidsel Endresen ‎– Debris In Lower Earth Orbit (CUSP002)

    NEW ¥2,850

    当店大人気レーベルMarionetteからもリリースする尺八奏者Clive Bell、モジュラーシンセなども使用したインプロビゼーション音楽家Richard Scott、得体のしれないDavid Rossの三人によって構成されたExperimental & InprovisationalなトリオTwinkle3と、なんとなんとECMからもリリースするNorwayのJazz Singer、Sidsel Endresenが共演。緊張感マックス。針の落ちる音さえも許されないような厳粛なムードで進行する内容に汗、汗、汗!!!

  • Mr. G ‎– Tokyo EP (PG063)

    NEW ¥1,800

    Mr. Gの近年の作品の中で道程が最も共鳴してしまったのがこちらの盤。2020某日、大阪の名店Naminohana Recordsにて、店主のインベさんがかけてくれて、20秒後に買うことを決めました。「あとは家で聴きたいので、もう止めてもらってもいいですか?」本気でやばい盤と試聴で出会ったときは、最後まで聴かない派の道程店主です。みんなも絶対買ってください。

結果の1~15/115を表示しています