Shop (by category)

結果の1~15/334を表示しています

  • Dadawah ‎- Peace And Love (Wadadasow)

    ¥2,600

    ラスタファリニズムの精神的核となる儀式、ナンヤビンギを語るうえで絶対外せない人物、それがRas Micheal。通称、先生。Ras MichaelまたはRas Michael & The Sons of Negusでの名義でのリリースが多いですが、こちらは本作及び一部のシングルまたはコンピレーションのみで使用されているDadawah名義での1974年リリース作品をDug Outが再発。Reggaeという音楽の成立の経緯を探る意味でも必ずぶち当たる盤であることはもちろんのこと、全くReggaeという文脈を抜きにしたカリビアンRare Grooveという観点でも、基本的に底抜けに明るい音楽が多いカリブ海の島々でこんなにドープな旋律が生み出されていたなんて、大きな発見です。Voodooから派生したとも言われているラスタファリニズム。アフリカをルーツに持つ世界中に散らばった人たちの、スピリチュアリティが終始ズッコンバッコンと突きつけられるそんな盤。お前はもう買っている。

  • Llyn Y Cwn ‎- Llugwy (MEDS047)

    ¥1,100

    奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    「山頂で野宿した風の強いあの夜のことを音楽にしました」といった感じの内容。圧巻のサウンドスケープにぶちのめされる片面1曲30分、両面合計60分の壮大な作品です。

  • Yumi Iwaki & Ryan J Raffa ‎- Living Distances (MEDS046)

    SOLD OUT

    奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    90年代に作品を残す日本人作曲家、岩城由美と、Muzan Editionsより今年の2月にもリリースをしたRyan J. Raffaによるスプリットテープ。由美さんサイドの互いに鼓舞し合うのような怒涛の三連符とそのディレイ音の掛け合いがぶっちぎりな一曲(アルバム2曲目)に特にやられました。この二人の世界観を組み合わせようと思ったMuzan Editionsにアッパレです。

  • Grey Magik ‎- untitled (MEDS045)

    ¥1,100

    奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    奈良在住のGreyとDublin在住のGarden Magikによる長距離コラボレーションプロジェクト、Grey Magikによるfield recordingを基調としたdark new age作品が登場。放射能で溢れかえったこの世界に思いを馳せながら聴くとめっちゃ胸に響きます。

  • Bodies Of Light ‎- Petrichor (MEDS042)

    ¥1,100

    奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    本作はこれが初のリリースとなるユニット、Bodies of Lightによる透明感のあるニューエイジ作品。イギリス出身の2人のメンバーにより構成されているようですが、H.TakahashiもリリースするEntertainment Systemsなど、カセットレーベルを中心にそれぞれでもリリースしているようです。

  • Hainbach & My Panda Shall Fly ‎- Borrowed Water (MEDS037)

    ¥1,100

    奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    本作は当店イチオシのmarionetteレーベルからもリリースをするBerlinのHainbackと、完全に謎ですがdiscogsで調べると2014年ごろからリリースを重ねているMy panda shall flyによる作品。全体的にコーラスが効いたインダストリアルといったような質感にfield recordingやシーケンスが組まれた浮遊感あふれるシンセサイザーが気持ちいい、テープ映えする作品です。

  • Y.N., AKIRA, MISTUKI, Fukuda Yusuke – Hiogawa EP (NNN003)

    ¥2,100

    奈良のNNNの第3弾リリース到着しました。今回はお馴染みの奈良三羽烏に加え、NNNのレーベルアートワークの制作をはじめ、同レーベルの活動に深く関わるFukuda Yusukeによるトラックを収録。視覚による作品や聴覚による作品など、多岐にわたる創作と活動を最深部にて続けるFukuda Yusuke。複雑なものが絡み合う世界で、自分にとって大切なものだけを残したらこれが残りましたと言わんばかりのこのシンプリシティは、初期デトロイトテクノのような真理が含有された名曲です。配給の仕方も100%実態に基づいたやり方(レーベルに所縁のあるお店または個人でのみavailable)で、どこでも手に入れられるレコードではないだけに、すでに特定の文脈上で活動するスナイパー達に狙われているNNNのこれまでのリリース。悪いことは言いません。お早めにどうぞ。

  • Long Body ‎- Dream Running EP (GCR010)

    ¥2,100

    Australiaの西海外に位置するPerthを拠点とするGood Company Recordsとディール始めました。Sydney, Melbournなど、主要都市が東海岸に集中しているAustraliaでWest Coast Undergroundの通り名を持つ本レーベルには個人的に2015年の創設以来ずっと注目してきましたが、当初Dance Musicがメインだったリリースも、気づけばAmbientやNew Ageといった作品も見受けられるようになり、ますます僕好みのレーベルに仕上がってきているGood Company Records。連絡した際のメールの受け答えも気持ちよく、それも道程的にはあがる要素です。

    これまでGood Company Recordsの003番でもリリースしているLong Body。清々しい質感の生音録音のギターサウンドなどに、ちょっとスカスカのシンセサイザー。たまたま休みになった平日の午前中のような音が心地いいです。プライベートリスニングで楽しむもよし、チルアウトなセットに組み込むもよしで、長く楽しめる盤になるんじゃないでしょうか。

  • Leaving – Leaving (GCR009)

    ¥2,800

    Australiaの西海外に位置するPerthを拠点とするGood Company Recordsとディール始めました。Sydney, Melbournなど、主要都市が東海岸に集中しているAustraliaでWest Coast Undergroundの通り名を持つ本レーベルには個人的に2015年の創設以来ずっと注目してきましたが、当初Dance Musicがメインだったリリースも、気づけばAmbientやNew Ageといった作品も見受けられるようになり、ますます僕好みのレーベルに仕上がってきているGood Company Records。連絡した際のメールの受け答えも気持ちよく、それも道程的にはあがる要素です。

    Good Company Recordsの本拠地Perthを拠点に、これまでセルフリリースを重ねてきたLeavingの初(?)となるバイナルリリース。シーケンスが組まれた音のレイヤーが、巧妙に抜き差しを繰り返しながら上昇していく美しいドローン風味の作品です。Good Company Recordsの新境地ともいえるサウンドスケープ寄りのリリースに今後も注目です。

  • Roza Terenzi ‎- The “O.G.” EP (GCR007)

    ¥2,100

    Australiaの西海外に位置するPerthを拠点とするGood Company Recordsとディール始めました。Sydney, Melbournなど、主要都市が東海岸に集中しているAustraliaでWest Coast Undergroundの通り名を持つ本レーベルには個人的に2015年の創設以来ずっと注目してきましたが、当初Dance Musicがメインだったリリースも、気づけばAmbientやNew Ageといった作品も見受けられるようになり、ますます僕好みのレーベルに仕上がってきているGood Company Records。連絡した際のメールの受け答えも気持ちよく、それも道程的にはあがる要素です。

    こちらは日本への来日も果たしている女性Producer、そしてDJでもあるMelbourn出身Roza TerenziによるEP。試聴の2曲はどちらもシカゴインフルーエンスの縦ノリビートにクラップ音の雨、そして高揚感のあるシンセ音が特徴的なキラーチューン。完全現場仕様の4曲入り。ちょっと値段張りますが、買って!

  • Tourist Kid ‎- Under Armour Suite (GCR005)

    ¥1,800

    Australiaの西海外に位置するPerthを拠点とするGood Company Recordsとディール始めました。Sydney, Melbournなど、主要都市が東海岸に集中しているAustraliaでWest Coast Undergroundの通り名を持つ本レーベルには個人的に2015年の創設以来ずっと注目してきましたが、当初Dance Musicがメインだったリリースも、気づけばAmbientやNew Ageといった作品も見受けられるようになり、ますます僕好みのレーベルに仕上がってきているGood Company Records。連絡した際のメールの受け答えも気持ちよく、それも道程的にはあがる要素です。

    本作はMemory As TruthからもリリースするTourist Kidによるピークタイム直下型Ravy Houseで、フロアをしっかりLock / Rockしてくれること間違いなし。絶妙なコンプのかかり具合で全体的に締まった音色が心地よく、足を止めさせてはいけない状況でのパーティーシチュエーションでのあなたの新しい手札にもってこいです。Check!

  • Aquarium – Waitin 4 Summer

    SOLD OUT

    Aquarium a.k.a. 外神田deepspaceによる、中野に出現した謎のレーベルHana Recordsの001番、Waitin 4 Summer EPが皆の笑顔に見送られながら待望のリリースとなりました。仲が良いので色々と書き始めるとキリもなく、あまりにエモーショナルになりかねないのでバッサリと割愛しますが、まずこの時期に出るWaitin 4 Summerってのが寒いのが嫌いなAquariumらしくて最高。皆の心の中にある何層にも重なった複雑な感情のレイヤーにありとあらゆるかたちで語りかけてくる奥深い2曲。ただ、これはAquariumが夏のあたたかさを歓喜するサマーアンセムであり、寒い中こたつでぬくぬくしながら聴くアンチ寒さソングという、いつもリアルで人間らしい彼のパーソナルな音楽であることが根本にあるのでしょう。全宇宙に響き渡れ、道程が全精力をもって推薦する超マストアイテム。限定100枚プレス。早く暖かくなれ!※phoneheadによる発売によせたテキストのインサート付きとなっております。

    masteredの彼のインタビュー&素晴らしすぎるMIXもどうぞ。

    Vol.117 AQUARIUM aka 外神田deepspace with 惨劇の森クルー – 人気DJのMIX音源を毎月配信!『Mastered Mix Archives』

  • [CD] BUSHMIND – The Days In Our Steps 2

    ¥1,500

    MIXよりも選曲に重点を置いたセレクタースタイルなマナーで、RockやSoulやReggaeなど、その中にもAmbient的な要素が入った曲や、ニューウェーブっぽい曲など、ジャンル名で語りはじめると本質にたどり着けなくなるくらいクロスオーバーなBUSHMINDの2020年のMIX CD。BUSHMINDのMIXを聴いていると、レイドバックでチルな音の中にも、底知れぬパーティーへの熱みたいなもの、ある意味で言う狂気のようなものを感じるのは、やはり数えきれない現場を乗り越えてきたことによるものなのだろうか。ジャケもかっこいいです。特に車でCD聴く人はマスト。

  • Dresvn – First Voyage

    SOLD OUT

    Acido、Sued、Sex Tags Mania関連のレーベルからリリースする、店主も大大大ファンのDresvnがHonest Jon’sの企画で出した盤。2019年くらいに来日したときに行き逃したのが今でも悔やまれます。2人組のユニットですが、彼らの関連作品はほぼコンプリートしてると思います。それくらい好き!シーケンスが組まれた非常にミニマルで展開もあからさまじゃない曲が多いんですが、どれも本当に作りこまれているんですよね。この盤に関してはB面のSotofettミックスが最高。DJで重宝する盤であること間違いなし。

  • Matt Karmil ‎– STS371 (STS371)

    SOLD OUT

    デトロイトテクノ/ハウスの影響色濃いドイツはケルンのアーティスト、Matt Karmilの2020年の新作がSmalltown Supersoundから登場。一言で言うと”かっこいい”です。二言で言うと、”新しくてかっこいい”です。ハウスやテクノが軸となっているものの、いい意味でそれに似ても似つかない、くっついたり離れたり、早くなったり遅くなったり、きれいになったり歪んだり、ただそこにはアルバムとして一つの世界観がしっかり形成されている、とても素晴らしいアルバム。これは文句なしで推薦。

結果の1~15/334を表示しています