Shop (by category)

結果の1~15/1257を表示しています

  • 【道程レーベル第6弾】TURLCARLY – SIGNEND EP (DTR​-​006)

    NEW ¥2,900

    道程が運営するレーベル、Dotei Recordsの第6弾リリース!SIGNEND EPはこれまではバンドでベーシストとしての活動がメインであった音楽家Keisuke Taniguchiのソロ名義、TURLCARLYのデビュー作品です。アーティストとレーベルで会話やアイデアの交換、ぶらり飲み歩きなどを重ね、構想から約1年を経て今回のリリースに至りました。全曲コンピューターを用いた作曲を基本としていますが、3曲目のSontriumのベースパートはコントラバスの演奏を録音して制作されています。世界には複数の音楽ジャンルの要素を掛け合わせた折衷的な音楽が数多く存在し、そのなかにときおり「これは」と思うような新しい音楽の扉を開いてくれるものに私たちは出会うことがあります。このEPは実験音楽的な空気感を持ったダンスミュージックの一つの「オリジナル」のかたちとして、多くの人に驚きや新たなインスピレーションを与えてくれる作品であると思います。

    マスタリングエンジニアの選定にあたっては、道程が開店当初から親睦を深めてきたカナダのMarionetteのレーベルオーナーであるAliに相談をしました。音源を聴いてもらったところ、Scape MasteringのPole氏を即答で推薦されました。時間軸が音で埋められることなく、隙間や静寂の表現が豊かなこれらの楽曲の空間性、そして実験的で鋭く尖った空気感を、見事なまでに再生音源というかたちにアウトプットしてくれたと思います。是非とも良質なサウンドシステムで再生してみてください。(あとになってわかったことですが、TCSのファーストアルバムのマスタリングも、Pole氏に依頼しているとのことで、是非そちらも聴いてみてください。)
    アートワークはこれまでもレーベルのデザインを担当してくれているTaizo Watanabeです。※DLコード付属しません。デジタルはBandcampにて販売中。【RELEASE PARTY】 => 2024 May 15(sat) at SHeLTeR, Hachioji

    Dotei Recordsのバックカタログはこちらから♪→https://doteirecords.com/product-tag/dotei-records/

    SIGNEND EP is bassist Keisuke Taniguchi’s first solo release under the pseudonym TURLCARLY. This EP took us almost a year of lots of discussion, ideas, and drinking to release. The majority of tracks on the EP were composed using a computer, but his contrabass playing is featured on the track titled Sontrium. There exists lots of music that combines elements from various disparate genre. But I believe this EP, with its juxtaposition of danceable vibe and experimental atmosphere, has a completely unique and original sound that will give listeners new feelings and inspirations.

    Mastering & Lacquer cutting by Pole (Scape Mastering, Berlin)
    Artwork by Taizo Watanabe

  • Various – NDATL Special Edition 2024 (NDATL SE 2024)

    NEW SOLD OUT

    説明不要のNDATL Special Edition!2024年版!今年も卸していただきました!

  • Various – Distinctive Collection Volume 1 (DSTNCT-001)

    NEW SOLD OUT

    Gregory PorterのOn My Way To HarlemのKai Alce Remix含む、やばすぎる限定盤!全曲最高!B2に関してはオリジナルそのままだと思います!

  • Mausiki Scales – Ozim! / Mezmerized / Let The Drum Remind You (Kai Alcé Remixes) (MSK-001)

    NEW ¥3,800

    Kai Alceさんより「こういうレコードあるけどいる?」って聞かれて、「はい、いります。」と答えたのみで、詳細は不明のレコード。まだインターネット上には情報がありませんでした。どうやら全曲Kai Alce Remixですが、俺このB2みたいなKai Alce節がめちゃくちゃ好きなんですよね。。。

  • Abacus – Analogue Stories Vol 1 (RETHINK004)

    NEW ¥2,900

    Detroit、Chicagoのそうそうたるレーベルからリリースを重ねてきたChicagoのSuper Deep HouseプロデューサーAbacus。今回はアルセさんことKai Alce流通でこの盤が入ってきましたが、レーベルのカタログを見ると、一枚目は98年にリリースしてますが、ここまでたったの4枚のリリースの内、3枚がAbacusという、Abacus Love全開のレーベルである模様。自分で運営しているのかな?この盤も全曲Soulfulで、Black Spiritualismが散りばめられたさすがの内容。見つけたら全買いするべきアーティストの一人です。

    Abacus – The Lower End Theory EP (NDATL 034)

  • Mr. G – Stronger Together (NDATL 039)

    NEW ¥2,900

    2020年にNDATLからリリースしているPositive Connection EPも素晴らしかった、UK拠点、US HOUSEインフルエンスの代表的なアーティストで踊れるDJ、Mr.GがNDATLにカムバック!ストイック/ミニマルな展開の没入系Deep Houseを4トラック収録しています。怪しいボイスサンプル、まくしたてるパーカッションがグルーヴを加速!

    Mr. G – Positive Connection EP (NDATL027)

  • (再々々入荷) 空間現代×坂本龍一 – Zureru (KKG-1)

    NEW ¥2,600

    (DLコード付属)京都で「外 Soto」を運営し、バンドとしても演劇でのバックバンド生演奏や詩人・吉増剛造とのポエトリーセッションなど、表現のセンスとツボが道程の気持ちいいところにヒットしまくりな空間現代が、日本が誇る作曲家、坂本龍一とセッション。B面は空間現代が演奏したSuujiのオリジナル盤と、坂本龍一がそれをリミックスした楽曲が収録。録音・ミックスは、オノセイゲン。マスタリングは、ビョークのミックスも手掛け、メジャー、インディーズ問わず現代のマスタリングの業界を引っ張るエジプト人のNY在住エンジニア、ヘバ・カドリーが担当とのことで盤の鳴りもバッチグーでございます。これはどう考えても素通り禁止なブツ!

  • (再入荷) 吉増剛造 & 空間現代 – 背 = Reverse

    NEW ¥2,200

    (DLコード付属) 現代詩を代表する詩人で、吉本隆明に「田村隆一、谷川俊太郎と並んで日本の本物の詩人3人の内の1人」と言わせた、吉増剛造。朗読(ポエトリーリーディング)の表現にも挑み続けている彼と空間現代が2019年に行ったライブでの模様を収録した、道程にとっては涎が出るような一本。音楽と朗読がお互いのトリガーになりあって、加速や減速を繰り返していく緊張と興奮のセッション。限定300本。

    当店では吉増剛造の詩集も新品で取り扱っています。チェックしてみてください。↓

    https://doteirecords.com/?s=%E5%90%89%E5%A2%97%E5%89%9B%E9%80%A0&post_type=product

  • Pianeti Sintetici – Space Operas (AI-37)

    NEW ¥4,600

    イタリアの電子音楽作家Davide Perroneによる、レーベルのコンセプトにも合致したスペーシーなDrone作品!本当に宇宙空間で鳴ってそうな音(空気が無いと音も無いって話ではあるんですけどそれはさておき)が収録されていて、10年くらい前に観たゼログラビティ―という映画で使われててもおかしくなさそうな感じ。これまでのリリースを見ると、SwedenのHypnus Recordsからのリリースがほとんどで、一つまたは少数のレーベルと深い関係を築きながら制作をしている様子も伝わってきて好感が持てます。

  • [2×LP] Ear To Ear – Live Recordings (AI-36)

    NEW ¥5,100

    Dialog名義でAstral Industriesからもリリースする、イーロンマスクにちょっと顔が似ているオランダの作曲家Samuel Van Dijkと、ウクライナのYevgen Chebotarenkoのタッグ名義Ear To Ear。フィールドレコーディングと思われる素材を散りばめたDrone作人。Astral Industriesのリリース全てに言えることですが、基本的に目指しているところは微妙な差はあれど同じところなんですよね。ただどこを切り取るかっていうところ。音質についてはお墨付き!

  • (再入荷) [2×LP] Rod Modell – Ghost Lights (AI-35)

    NEW SOLD OUT

    Deepchordの名義で知られ、それ以外にもMystic AM、Shorelights、Waveform Transmissionの名義でAstral Industriesに音源を残してきている、同レーベルの看板アーティストと言っても良いであろうRod Modellによる激ディープDroneが2枚組でリリース。間違いない内容で、前回も瞬く間に完売!

    [2×LP] DeepChord – Lanterns (AI-01)

  • (再入荷) Toki Fuko – Spirit Medicine (AI-34)

    NEW SOLD OUT

    ロシアのプロデューサーToki FukoによりAstral Indutriesデビュー作。調べてみるとこれでもかというくらいのハード機材に囲まれた、ナードの行きついた先といった様子のスタジオで、これは信用できそう。Jon Hassellが提唱する4th world soundの概念にも通じるような、プリミティブかつ未来的なサウンドを展開するA面。リズミカルなA面に対し、よりDrone的に面(めん)で展開するB面は、Deep Meditativeな穴の中にポーンと放り込まれたような、浮遊感というよりはフリーフォールに近い感覚。安心安定のAstral Industriesの音質でどうぞ!

  • (再入荷) Son Of Chi & Arthur Flink – The Fifth World Recordings (AI-32)

    NEW ¥4,200

    超オススメ!2021年に他界したJon Hassellへのトリビュート作品。Jonが提唱してきたFourth Worldという概念(ざっくり言うと第三世界の音と未来的な音のアンサンブル)の意志を受け継いだThe Fifth World Recordingsを展開するのは、Chi FactoryをJacobus Derwort(2019年に他界)と共に作り上げたHanyo van Oosterom(Son of Chi)と、トランペット奏者のArthur Flink。Jon Hassellの第三世界的な音階が生み出すハーモニクスと、電気的なアルゴリズムから生成される音、そしてトランペットの音色を手本として完成した、誰も見たことのない新しい世界の音楽として説得力のある一枚になっています。

  • Sonja Tofik – Respire (NE97)

    NEW ¥4,200

    順調なペースで優秀な作品をリリースし続けているSwedenの電子音楽レーベルNorthern Electronicsから、同国の電子音楽作家Sonja TofikによるDrone作品。A面は攻撃的な音が連なり、B面は徐々にCool Downする方向でまとめ上げられた内容。Bandcampページの記述によると限定100枚とのことです。

  • [Patrick Russell, Polygoniaなど] Various – Point C – Remixes (OBM.012)

    NEW ¥3,000

    もともとPoint CというEPがあって、その収録曲を様々なアーティストがRemixした作品。1曲目のPatrick Russellの 3連符&4分音符のポリリズムチューンと、TURLCARLYこと谷口さんがハマっているらしいPolygoniaのアマゾネスなRemixが特に素晴らしい!

結果の1~15/1257を表示しています