Shop (by category)

結果の166~180/208を表示しています

  • SJ Tequilla ‎– Sanya

    ¥1,700

    A release from the Japanese DJ/trackmaker, SJ Tequila based in Berlin. His current project is playing solid techno/house on a street in Berlin with 2 of TB-303s and portable synthesizers and portable speakers. Make Acid, feed acid. Acid for all, all for acid. ベルリンの地下道でTB303を連結し、電池稼働できるシンセと、電池稼働できるスピーカーでアシッドの実演販売をおこなっているブランキーことSJ Tequilaの2019年リリース作品。オールドスクールマナーのハウストラックから、B21のDUBに到るまで、幅広くも一貫性のある4曲編成。

  • SJ Tequilla ‎– SJ Tequilla presents DEAIK

    ¥1,700

    アシッドこそが正義である。Acid is the justice.

    A release from the Japanese DJ/trackmaker, SJ Tequila based in Berlin. His current project is playing solid techno/house on a street in Berlin with 2 of TB-303s and portable synthesizers and portable speakers. Make Acid, feed acid. Acid for all, all for acid.

  • RoyBattyJr ‎– Scope Dynamics

    SOLD OUT

    失礼を承知で推測させて頂くならば、高学歴で細身の白人が伸びきったTシャツに身を包み、スナック菓子を貪りながら作っているであろうKen Oath Recordsのテープシリーズ第3弾。Dubの中でもルーツ寄りな出音の作品が多い中、こちらは完全にコンピューター成立後の世界からやってきたDubサウンド。テープというメディアに求められる特性に沿った、変化に富む内容。

  • Matthew Hayes With Joel Trigg ‎– Elegant Universe

    SOLD OUT

    道程直輸入レーベル、SydneyのKen Oath Recordsのカセットシリーズ第二弾。Sound scape的展開の中に確かに存在するJazzマナー。生音派、電子音派を選ばず、作業用BGMにも瞑想用BGMにもストリートブームボックス用BGMにもお勧めできる内容。このレーベルはリスナーを選ばないという点では本当に素晴らしいリリースばかりです。

  • Andy Rantzen ‎– Blue Hour Vol. II

    ¥2,100

    Electronic Dub!! 道程一押しSydneyのKen Oath Recordsより、洗練されたピコピコReggae作品の登場。1ループのリディムの洗練され具合が見事。いわゆる「ダサカッコイイ」がたどり着いた一つの終着点と言ってもいい、レゲエ独特のCheesyさと、音質の良さからもきているであろうミニマルテクノ的なハメ感。Sex Tags Mania周辺の一連のDigital Dubの作品にも共通する、非常にモダンなジャンル横断型作品。

  • Low Flung ‎– Blow Waves

    SOLD OUT

    ジャケからしてイケてないはずがないこちら。DubとExperimentalの要素が抜かれては差し込まれ、行方のわからない浮遊感の中、曲が終わり私は安堵した。Recommend→ A4:Frozen coat, B3:Temporary structure

  • Freda & Jackson ‎– Freda & Jackson

    SOLD OUT

    言葉にするとDub Houseということになるんでしょうか。Ken Oath Recordsの音の中に、ときに明確に、ときに不明瞭に、ただどんなときでも確実に存在するDubの存在が、どこにも傾倒しないかたちでそこにただ存在しているEPではないでしょうか。

  • Midnight Tenderness ‎– Refresco

    ¥1,750

    Recommend→A1 90sDigital Funk/FusionとDubとHouseをたしあわせたようなスムーズネス、ファンキネス、ダンサブルネス、ストーンネスが混在するEPデス!

  • Unknown

    ¥2,600

    Finlandからやってきたという事実以外はジャケの文字も英語じゃないし、よくわからない2LP。ただ内容は管楽器なども取り入れたドローン作品で、録音も良く、じっくりと何度も聴いて毎回新しい発見がある、そんなレコードです。珍しい盤が好きな方には特にオススメです。
    Experimental, Drone, Ambient from Finland. Besides the fact this is from Finland, most of the information is unknown.

  • LNS ‎– Recons Two

    ¥1,600

    Fett Distroが支給する、CanadaはバンクーバーのLNSによるリリースです。そのままSex Tags Mania関連レーベルから出ていてもおかしくないくらいその筋の音。アーティストの名義と同じ名義の自主レーベルから自分の作品を出すあたりも惹かれます。

  • Phran, DJ Phidias ‎– Latent Effect

    ¥1,800

    Ken Oath関連レーベルのBest Effort Labelより、FunkyなHouseのレコード入荷しました。1枚の中にアシッドチューンあり、ソリッドなベースあり、様々なセットで活躍してくれるでしょう。リバーブの使い方がうまい。

  • Metric Systems ‎– People In The Dark

    ¥2,100

    Ken Oath関連レーベルBest Effortからのアルバム作品。Dark Dub Techno。北欧メタルにも通じる独特の陰湿さを持ったレコードです。皆が太陽の光をたくさん浴びていたらこういう音楽は生まれないでしょう。ディレイとリバーブ好きも要チェック。

  • Various ‎– Number One

    ¥1,800

    90年代のUSの雰囲気を出しながら、4曲目でいきなりreggaeのriddimが入ってくるのが今っぽい。これ、やはりSex Tags Maniaが作った流れが影響しているような気がします。1曲目のAcid Bass Tune: Toastと前述の4曲目がオススメです。

     

  • E-GZR ‎– Metalurgic Funk Vol. 2

    ¥1,600

    Minimalでキャッチーなループから構成。

  • Jonas Palm & P-O Lundqvist ‎– Remote Jazz

    ¥2,000

    Experimental, Saxophone
    Recommend: Afternoon at Loggiea

結果の166~180/208を表示しています