Shop (by category)

結果の2296~2310/2626を表示しています

  • Jonas Palm & P-O Lundqvist ‎– Remote Jazz

    SOLD OUT

    Experimental, Saxophone
    Recommend: Afternoon at Loggiea

  • SW. ‎– LP (SUE021)

    ¥1,850

    SWとSVNにより運営される、Acidoと並んで当店大好物のネジが1つぶっ飛んだ系レーベルSUEDの作品をいくつか入れました。

    LPというタイトルの12″の時点ですでにややこしい、エクスペリメンタルで変則ビートのアプローチが毎度素晴らしいレーベルオーナーのSWによる作品。このアルファベット2文字がクレジットされたレコードを見たら、私はすべてゲットしてますが、あなたはどうする?

  • PG Sounds ‎– Untitled (SUE020)

    NEW SOLD OUT

    SWとSVNにより運営される、Acidoと並んで当店大好物のネジが1つぶっ飛んだ系レーベルSUEDの作品をいくつか入れました。

    TB303をここぞとばかりに全面に押し出したACIDトラック揃いの素晴らしい盤です。これはダンスセットでもリスニング寄りのセットでもしっかり力を発揮してくれる盤。巷ではTRACK ONEとTRACK TWOが人気のようですが、私は本人のTRASHMIXにも収録されているTRACK THREEが大のお気に入り。全曲試聴用意しました。

  • Web ‎– The Sound There (acido032)

    SOLD OUT

    Dynamo Dreesenにより運営される、当店大好物のネジが1つぶっ飛んだ系レーベルAcidoのレーベル在庫をいくつか仕入れました。

    Takuya Sugimotoが1994/1995年に製作していた未発表音源がリリース。記憶に新しい、2019年のDresvnの日本ツアー中に「彼は今いずこへ」という話をしていたところ、その話が本人へ回り、後日16曲の未発表音源が収録されたテープが送られてきたっていうなんともロマンチックでアナログな話。僕もDJで大阪に行った際に、NEWTONE RECORDSでDNTさんにおすすめを聞いたところ、「最近入ってきたこれ」と手渡され即買いしました。それぞれ単体の曲も素晴らしいし、16曲の中から8曲をピックアップしたとは思えないようなアルバムとしてのストーリー性にも非常に感心しました。オススメ!

  • Brendon Moeller ‎– Influx (acido030)

    ¥1,800

    Dynamo Dreesenにより運営される、当店大好物のネジが1つぶっ飛んだ系レーベルAcidoのレーベル在庫をいくつか仕入れました。

    1曲目のこちらNatureの粒子感、浮遊感。Deep Tranceとも形容できるような何層にも重なったポリリズムの世界が美しいオススメ盤です。

  • Département d’Éducation Psychique ‎– Musique Improvisée (acido021)

    ¥1,750

    Dynamo Dreesenにより運営される、当店大好物のネジが1つぶっ飛んだ系レーベルAcidoのレーベル在庫仕入れました。

    電子音によるインプロビゼーション、というか叫びにも似た、Face AとFace Bからなる両面あわせて約50分のサンドジャーニーをご堪能あれ。

  • [Cassette] Soloi Sounds ‎- Patterns (ume009)

    NEW ¥1,200

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの2021年のリリース作品。Ume008からの立て続けのリリース。順調だぜ、梅レコード!押しては返す波のように、静かに、しかし確実に聴いている者の心の繊細なところをガンガンえぐり取ってくるアンビエンス。テープという磁性メディアの特性を存分に生かしたトビ。冬の薄暗い空に差す光のような、美しいリリースがまたここに誕生。

  • [Cassette] Great Ghost ‎- 1000 years of good luck (ume008)

    NEW ¥1,200

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの2020年のリリース作品。リリースのペースが良い感じです、梅レコード。今回の作品も美しいドローンに身を任せたとたんに、テープはthe other endへ。1000年の時も、地球からしてみればこのテープのように一瞬で過ぎ去っていったものなのかもしれません。

  • [Cassette] Virtual Debris ‎- 人と地球 (ume007)

    NEW SOLD OUT

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの2020年9月のリリース作品。壮大すぎるタイトルに負けないくらい壮大な世界がこのカセットには詰まっています。美しい泉から湧き出る水のような1曲目「ようこそ」、そこから一気に地中に潜っていき、宇宙のような遠いものとか暮らしのような近いものとか、そのあたりのものを哲学しながら最終的にまたその泉に帰ってくるような、そんな35分ばかりのトリップをどうぞ。梅レコードの作品、まじでどんどんやばくなってくる感じがたまらないっす。過去作品も併せてどうぞ!

  • iu takahashi – Contour (ume006)

    NEW SOLD OUT

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの2020年5月のリリース作品。Coronavirusが猛威を振るう真っ盛りの今、それを予測していたかのごとく、現代文明を嘲笑するかのような水流の音、大地の声のようなドローン、全体を通してmeditativeな世界観の中に、この世を俯瞰したような壮大さが潜んでいる。曇った朝にコーヒーを飲みながリビングのカセットデッキでどうぞ。かなりお勧めしたい一本です。

  • Yuto Ohashi – Weltkarte ~ 子午線と空のあわいで (ume005)

    SOLD OUT

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの2020年3月リリース作品。Ambientというジャンルが抱括するのは静けさだけではなく、轟音であったりする。New Ageなどの音を基調とする梅レコードらしい音に、ところどころで重なってくる一見全く異なるレイヤーの音が、絶妙なバランス感覚を保ちながら進行していく様が美しい。

  • PARC – Loop Radiance (ume004)

    SOLD OUT

    東京在住Zefan Sramekが主催する、90年代のNew Ageと日本の環境音楽から多くの影響を受けたカセットレーベル、梅レコードの2019年リリース作品。Mark IshamのVapor Drawingよろしく、ミニマリズムと空間の奥行きが混じり合ったその先に湧き出た泉のような、聴く度にある一定の”その場所”に連れて行ってくれる響きがそこにはあります。テープで聴くとまたより一層質感が増します。おすすめ!

  • Thrushez ‎- Transparent Mood (ume003)

    SOLD OUT

    東京在住Zefan Sramekが主催する梅レコードの2019年リリース作品。90年代のNew Ageと日本の環境音楽から多くの影響を受けたレーベルだけに、内容はそれらキーワードにひっかかる人にはどストライクな揺れ具合です。Zineも発行していたりと、今後の動向が気になるレーベル。是非ご視聴ください。

  • [Cassette] Precipitation ‎- Live In Tokyo

    SOLD OUT

    梅レコードを主宰する東京在住Zefan SramekによるJungle Gym Recordsからのリリースです。2019年10月18日にForestlimitで行われた梅レコードのレーベルショーケース的イベントでのライブ録音を1時間どっぷりフルレングスで。ジャケもいい!

  • Various ‎- Detroit Beatdown (Remixes 1:1)

    SOLD OUT

    文句なしの御メンツ。視聴はA1!R.I.P. Mike Huckaby、ありがとうMike Huackaby。
    A1, Norm Talley / Change (Mike Huckaby Remix)
    A2, Delano Smith / Metropolis (Daz-I-Kue “Ghetto Swing” Remix)
    B1, Rick Wilhite / Ruby Nights (Gilb-r “Solo Flight” Remix)
    B2, Alton Miller / Tulum (Koomba Project Remix)

結果の2296~2310/2626を表示しています