Shop (by category)

結果の316~330/374を表示しています

  • Giraffe ‎– Juni (mea019)

    NEW ¥2,200

    道程大推薦Marionette LabelからもリリースするGiraffe。というか時系列的にはこちらのMeakusmaのリリースが先です。演劇の音楽を聴いているかのような物語性。アコースティックサウンドと電子音をここまでうまくマッチさせるのはまさに達人芸です。今うちの店にはGraffeのタイトルが3タイトル入っていますが、全てオススメ。全部聴いてね。

  • Monochord ‎– Spatial Stereo (mea018)

    NEW ¥1,700

    Droneとは何たるかをがっちり伝えてくれる重く、同時にいたるところに散りばめられた弦楽器やフィールドレコーディングの断片が軽やかで美しい推薦したい一枚。レコーディングとプレスの質も素晴らしいです!

  • [LP+CD] Different Fountains ‎– Shrimp That Sleeps (mea014)

    NEW ¥2,200

    美しい不統一を繰り出してくるMeakusmaらしい、今までの流れと全く異なったAmbient Dark Synth Pop(と呼んでいいでしょうか?)リリース。「オー、マイキー」的なジャケットの感じとかも、同じレーベルとは思えない全く違う雰囲気をぶち込んでくるあたりが予測不能で面白い。CDがセットになっており、CDのみに収録されている曲も数曲あります。

  • Georgia ‎– Like Comment Comments (mea013)

    NEW ¥1,900

    アルバムアーティスト名はGeorgiaで、曲のクレジットはBryce Hackford, RVNG Intl, Georgia, Afrikan Sciencesなど書いてあるところを見ると、やはり多数のアーティストの集合体と思われるGeorgia。一曲目めちゃくちゃ夜風浴びたくなるような早めのハウスから入って、そこから4曲目までで脳みその普段使っていない部分を刺激され、その状態で聴く5曲目のHaya (She Drives An Ambulance Mix) (彼女は救急車を運転する Mix)と6曲目にやられました。たっぷり味わえる一枚!

  • Georgia ‎– Like Comment (mea012)

    NEW ¥1,900

    多数のアーティストの集合体っぽいけど、実態はよくわからないふざけた名前のグループGeorgia。基本的に全曲前衛で、面白おかしくやっている感じとガチで心揺さぶられる感じが混ざった、僕が個人的に一人の人間として目指している感じのLP。好き!

  • Anno Stamm ‎– My Peoples Head (mea011)

    NEW ¥1,600

    New AgeかつExperimentalかつTechnoかつHeadyな最高な一枚。B1の「I changed my mind」が特に好きです。

  • DJ Yoav B. ‎– Wisdom Traxx EP (mea005)

    NEW SOLD OUT

    時空の違う部屋で聴いているかのような、独特のトビを生むエフェクトと、リズムのずれが絶妙でしびれます。

  • [DVD] Various ‎– Rüts (RÜTS 4)

    NEW ¥1,800

    Meakusmaが制作したDVDです。自分も観ていないので何とも言えないのですが、Discogsのコメントみると相当よく練られた音楽と映像のコンピレーションになっているとのこと。参加アーティストの情報などはこちらから。https://www.discogs.com/ja/Various-R%C3%BCts/release/1561320

  • Various ‎– Rüts 3/3 (RÜTS 3)

    NEW ¥1,600

    Meakusmaレーベルのファーストリリースとして世に放った3枚のシリーズものの内のPart 3にあたるこちら。VakulaやMove Dなどをクレジットした、Deep Dub House / Technoの強力盤。

  • Various ‎– Rüts 2/3 (RÜTS 2)

    NEW ¥1,600

    Meakusmaレーベルのファーストリリースとして世に放った3枚のシリーズものの内のPart 2にあたるこちら。Deep House / Technoチューンから成る本リリースですが、今振り返ってみれば、ExperimentalやAmbientを中心としながらも他に例をみないほどにクロスオーバーしたレーベルカラーの前兆をしっかり感じさせてくれる、一言では括れない内容。

  • Meakusma Festival T-shirt

    SOLD OUT

    189cmの私が着た時に、「まぁ着れるけどちょっと小さいな」という感じです。ボディーのブランドはcarhartt。

  • Meakusma Festival 2017 T-shirt

    SOLD OUT

    189cmの私が着た時に、「まぁ着れるけどちょっと小さいな」という感じです。

  • Another Jazzbo Production (Prince Jazzbo) ‎– Replay (BRUJ-1)

    NEW SOLD OUT

    Basic Replayが再発した非常に興味深い一枚。まず、鳴りがめちゃくちゃやばい。これは相当揺らしますよ。そして、このデジタルダンスホールリディムではあるけど、そう一括りにしてしまうには勿体ない実験的な試み。音の面でもそうですし、曲構成や音階の移り変わりなどもかなり攻めてる奇盤。両面45回転で、片面2曲ずつという打ち出し方もやばさを更にプッシュ。これは色々な解釈で聴ける盤。

  • [7″& ZINE] Takayuki Shiraishi ‎– dʌ́b (HERE-001)

    NEW ¥2,970

    日本における、エレクトロニックミュージックの黎明期から活動する白石隆之が自身のレーベルをスタート。第一弾リリースは多重露光の写真作品をコンパイルしたZINE、7″シングル、フォトカードのセットとなりました。1980年にVanity Recordsよりリリースした、New Waveの新しいかたちを提示したBGMの首謀者であり、先日当店でも紹介したWebなども顔を連ねるSyzygy Recordsからの個人名義でのリリースなど、当時のシーンにおける重要な組織、個人とかかわり、作品を残してきた白石氏。近年リリースしたMule Musicからの2枚も圧巻でした。アフロスピリチュアリズムとパンクスピリットが交差したような、一言では形容できない素晴らしい7インチが誕生。ZINEの紙も非常にこだわった半透明の素材で、この人の制作に妥協は一切なし。

  • Don’t DJ ‎– Gammellan (Original & Dresvn Remix) (BH029)

    SOLD OUT

    Don’t DJが、SUED及びACIDOレーベル主催のDresvnとコラボということで、2016年と5年前の作品ですが道程としてスルー出来ずに入荷。A面のオリジナルはダンスフロア、リスニングルームなど幅広い環境での再生ができそうなDon’t DJらしいポリリズムが光る曲で、B面のDresvn Remixは強烈なフロアバンガーでございます。買い逃していた方、是非。

結果の316~330/374を表示しています