Shop (by category)

結果の31~45/215を表示しています

  • Asok ‎- Count Zero EP

    ¥1,350

    Hakim MurphyやIku Releaseなどにも通じるChicago直系サウンドデザイナー、ASOKによる、ミネアポリスのTechno Machine、DVS1によるMistressからのリリース。カラッとしたインダストリアルリズムセクションに、ボリューミーなシンセサイザーはASOKらしい金属っぽいハウスミュージックのお約束。

  • Romanthony ‎- Ministry Of Love

    ¥1,350

    なんども再発され続けているRomanthonyの傑作。

  • Effy – Fernweh EP

    ¥1,500

    Techno

  • The Outsiders – Golden Boy

    ¥1,650

    Spencer Parker主宰、Work Them RecordsよりリリースはこちらのEPのみ、The Outsidersなるユニットの音源です。Raw。

  • Nail / Annie Errez ‎- Split Series Part Four

    SOLD OUT

    A面のNailのトラックもさることながら、道程一押しはAnnie Errezによる浮遊感溢れるDeep HouseトラックB1, Bell CurveとレーベルオーナーであるSteve O’Sullivanも万歳しそうなDub TechnoトラックB2, Augusteをプッシュ。

  • Fumio Itabashi ‎- Impact

    ¥6,500

    catalog#:K28P-6321
    A legendary Japanese jazz pianist, Fumio Itabashi who is famous for the album called Watarase. This one was released right after Watarase in his career.

  • Rick Maun – a tape

    ¥1,700

    Missouri州はKansas Cityを拠点に活動する(本作品を最後に現在活動休止中?)Rick Maunによる18曲からなるLo-fi Hip Hop作品。倦怠感とstoner感の中に見える一筋の光。多くの名作と同様、本作が放つ色彩の全てがpositiveさを伴うものではないが、だからこそ見えてくるのは音楽という存在が彼にとっての救済であっただろうということ。lyricとbeatという左右の脳からのアプローチを可能にするHip Hopという表現手法の基本的特性をフルに活用し、Rick Maunの生きてきたこれまでの歴史と彼が運営するFUKLYFE(Fuck Life)レーベルの哲学を注入した大作。featuringの仲間達も絶好調。

    アメリカ国内流通20本、日本では当店の3本のみです。お早めに。

  • Bengt Hambraeus ‎- Rota II / Tetragon(RIKS LP 7)

    ¥4,000

    1967年産SwedenのExperimental Musicです。シンセ、 鐘、トランペットなどの音など。現在はカナダの大学でMusical Compositionを教えているBengt Hambraeus。当店ツボのリリースが多い北欧の隠れたキーマン。

  • Marion Brown ‎- Afternoon Of A Georgia Faun(ECM 1004 ST)

    ¥3,500

    これぞECMというような”空気感(音質、音の調べ、諸々含めて)”で最初から最後までExperimental, ContemporaryなFree Jazzです。sax, flute, percussion, piano, gong, bell, screaming ect.

  • October ‎- Gradiva EP

    ¥1,500

    Fred PのSoul People Musicより。渋さ一徹、重なっていくレイヤーが美しく、SoulとMachineが共鳴した鮮やかなTechno。

  • Dennis Mobley & Fresh Taste – I’d Do Anything For Your Love / Superstition(P&P 12-0000)

    ¥2,900

    Killer Disco。フロアは歓喜感動の涙で大洪水。両面フルで視聴用意しました。

  • Cloud One ‎- Disco Juice / Charleston Hopscotch(P&P 12-777)

    ¥2,200

    Patric AdamsによるP&P Recordsの中からご機嫌Disco Classic。

  • 45 ACP ‎- Change Of Tone

    ¥2,450

    FranceのD.K.の別名義、45APCによる浮遊感と鈍より感が同時に漂うDeep Atmosphere House。

  • Schatrax ‎- Champagne Dancer

    ¥1,600

    90年代から活躍するUKのデープハウサー(たぶんお茶目な性格)。店主もほぼ全コンプリートしているFear Of Flyingからのリリースです。

  • Ko Umehara – CONNECT

    ¥1,500

    音楽そのもの、特にDJという事象に対して「繋がること」という着眼点から向き合い、哲学し、共有してきたのだろう、そんな風に感じさせてくれる、日本の地下の現場に絶対不可欠な案内人Ko Umeharaの2013年のMIX CD、CONNECT。歴史的に霊界や宇宙、超自然的なものと「繋がるため」の儀式に音楽が用いられてきたこと。そして生物としての人間が潜在的に持っている、他者と想いを「共有する」という欲求を満たすことにおいて音楽が大きな役割を果たして来たこと。数々の現場を体験し、Ko UmeharaのDJは本作が作られた2013年から現在にかけて大きく進化しているであろうことは予想に容易いが、そんな中でも彼のコアにある、前述のような「音楽が本来的に持っている力」を引き出すセンスはこの頃から確実に存在している。ダンスフロアとのインタラクションを最も大切にしている彼が、MIX CDという手段で何をやってくるのか、そこは聴いてのお楽しみ。私はもうしました、コネクト。

    contatto / Deep Distance(KGR’n) / 惨劇の森などのパーティーで絶賛選盤中。

    その他のMIXはこちらから:https://www.mixcloud.com/koumehara/

結果の31~45/215を表示しています