Shop (by category)

結果の106~120/145を表示しています

  • Detroit Tシャツ navy (Mens Medium)

    NEW SOLD OUT

    Gildan Heavy Cotton。Detroitで買ってきました。

  • Detroit Tシャツ (Mens Medium)

    NEW SOLD OUT

    かなりソフトな生地で袖通し良いです。Detroitで買ってきました。

  • Detroit Tシャツ (Mens Large)

    NEW SOLD OUT

    かなりソフトな生地で袖通し良いです。Detroitで買ってきました。

  • Steel An’ Skin – Reggae is Here Once Again (EM1075LP)

    NEW SOLD OUT

    EM Recordsが1979年発表のUK産「スティール・パン+ディスコ+ダブ」の名作をコンパイルし直してリイシューした色あせない名作。まさにDub、Disco、New Waveなどの関連性を、言葉で説明せずとも音で説明してくれる、点と点を線で結ぶ教材としても素晴らしい盤。そんなバックグラウンド云々はさておき、純粋に音だけで評価してもばっちりぶっ飛ばしてくれる強力な一枚。

    (以下EM Recordsによる解説)
    スティール・アン・スキンは、40年代から英/欧で活躍したアフリカン・ハイライフのスター、ジンジャー・ジョンソンのバンド The Afrikan Drummersの一員だったピーター・ブラックマン(トリニダード出身)によって、1970年代初頭のロンドンで結成されたカリビアン系グループ。トリニダード、ガーナ、ジャマイカ等の出身者で構成され、ロンドンに生まれたアフリカン/カリビアンの子供達に、彼らのルーツの文化を教えるワークショップとして活動し、バンドとしても英/ヨーロッパをツアーした。グループ名は彼らの使う楽器(スチール・パンや木製の打楽器など)に由来する。

    スティール・アン・スキンは、1972年からジンジャー・ジョンソンのバンドでプレイしていたブラックマンが、西ロンドンにあったジョンソンのクラブ「Iroko Country Club」(*注)の箱バンのミュージシャンや常連の黒人達と結成したバンドだ。スティール・アン・スキンがスタートして間もなく、そのうち数人が20th Century Steel Band(彼らの作品「Heaven & Hell on the Earth」は後にグランドマスター・フラッシュのネタとして世界に広まった)を結成し、アルバム制作のために一時脱退するが、20th Century Steel Bandが解散した1978年、中核メンバーのバブルス(Michael Olivera またの名を Moutalla Mohammed)を含む4人がカムバック。そこでファースト・シングル「Reggae Is Here Once Again」を制作した。

    ソカに四つ打ちのディスコ・ビートを取り入れた「Reggae Is…」はスティール・アン・スキンの1stシングルとして1979年発表され、カップリングの「Afro Punk Reggae (Dub)」は大胆なダブ処理を加えたリミックス・ヴァージョンで、スティール・パンのダブ作品として初(?)の試みだった。

    *注:ジンジャー・ジョンソンの「Iroko Country Club」は、Average White Band, Osibisa, Fela Kuti, Peter Sellers, Martin Feldman, Ebenezer Obeyなどが出演したイギリスで当時最もホットなアフリカ系クラブで、ロンドンの黒人層に混じって、多くの有名人、芸能人、ロック・ミュージシャンが出入りした伝説的スポット。

  • Bixiga 70 – Bixiga 70 (GBLP 116)

    NEW SOLD OUT

    2011年にリリースされたブラジルの大人数編成バンド、Bixiga70のファーストアルバムがゲートフォールドジャケット仕様で念願のリイシュー。Brazil、Africa、その他ラテンやカリブ圏の文化影響が混ざり、昇華された大名盤。特におすすめはPedro SantosのKrishnandaに収録されているDesengano Da Vistaのカバー(B面の3曲目)。オリジナルはかなり高額になってますので、お見逃しなく。

  • [7″] chizuru.bis aka CHIZURU OHMAE – Royal Folks (CTRS-001)

    NEW SOLD OUT

    ビバ☆シャリ―のSatoがプロデュース!A Hundred Birds OrchestraのピアニストでもあるChizuru Ohmaeが2017年にリリースした7インチがSatoさん経由で入荷。さすがといった内容の美しい鍵盤がうまいこと駆け抜けていく華やかでグルーヴィーな一枚。B面はダンスミュージックテイストの作りとなっていますが、私としてはA面もパーティーでがっつりかけられる印象。ステッカー付!

  • [Cassette] Sophie McAlister – Sooky La La ※110mins Mix Tape

    NEW SOLD OUT

    両面合計110分!Melbouneを拠点にするDJであり作家のSophie McAlisterによる、Soul, Brazil, Jazz, Folkなどの、どこか懐かしくどこかサイケデリックなサウンドをつなぎ合わせた、CDの収録可能時間を優に超える、フィジカルリリースで世に出ているものとしては非常に長尺にあたるMix Tapeが登場。長いリスニングでも疲れない優しいタッチの音の数々が聴いている人の生活を優しく包み込んでくれます。

  • [Cassette] Eeba Ooba – Now & Then (IDS030)

    NEW SOLD OUT

    ミックステープなのか完全オリジナル音源なのかとかよくわかりませんが、外しや遊びも効いたSoulfulトラックスが片面30分にたっぷり詰まった超好内容なオススメのブツ。絶対にたまに引っ張り出してくる一本になると思います。※hand dubbed in real time

  • [2×12″] Mr. G ‎– Nothing’s Changed (PGSM001)

    NEW SOLD OUT

    180g重量盤、45回転、バイナルオンリー。Mr. Gが子供のころに聴いていた曲や、レコードディギングを通して出会った盤の中で、彼の心に留まり続け、後世に伝えたいと思う極上Soul, Funk, Discoトラックスをリマスターしてコンパイル。Deep Houseのトラックメーカーとして知られるMr. GのAnother Sideを垣間見て、彼をさらに好きになっちゃうこと間違いなしです。House Music。

  • Spiral Deluxe ‎– Tathata (AX074)

    NEW SOLD OUT

    JEFF MILLS、Gerald Mitchell(Galaxy 2 Galaxy)、日野 “JINO”賢二 、大野由美子(Buffalo Daughter)の四人によるユニット、Spiral Deluxe。2015年のTodaysArt.jpのプログラムに出演したことをきっかけに、バンドを組んじゃったようです。TR909にオーガニックなベースとキーボードのサウンドが絡み合った、Future Techno Jazz。

  • Jino, Ohno, Mitchell, Mills ‎– Kobe Session (AX070)

    NEW SOLD OUT

    JEFF MILLS、Gerald Mitchell(Galaxy 2 Galaxy)、日野 “JINO”賢二 、大野由美子(Buffalo Daughter)の四人が2015年9月に東京・神戸で開催された先端アートの国際展『TodaysArt.JP』でプログラム出演した際の音源を収録。後にSpiral Deluxeというグループに発展するこの4人の幕開けとなる一夜の出来事。

  • Mårble ‎– Löwah (Muscut 19)

    NEW SOLD OUT

    ウクライナのMuscutレーベル、そしてそのサブレーベルにあたるエストニアのShukaiレーベルの取扱いを開始しました。

    200枚限定プレスの危険なDub Jazz。非常に重たいベースに、サイケデリックなサックスや電子音などの上もの。なんかめくちゃなんだけど、成立している。そして値段は強気につける。そんなスタイルのMuscutが私は好きです。

  • Johnny Mbizo Dyani ‎– African bass solo concert: Willisau Jazz festival 1978 (SASF019)

    NEW SOLD OUT

    この度レーベル丸ごと取扱い開始したのは、Swedenを拠点とする、その名もSing A Song Fighter。FolkやPopものを中心としながらも、Jazz、Africaもの、あまりにも前衛的な作品など、愛らしく、北欧特有の現代音楽的雰囲気溢れる非常にユニークなレーベルです。

    これはまじで最高!!南アフリカのベーシスト、Johnny Mbizo Dyaniの1978年スイスで開催されたWillisau Jazz festivalでの演奏を録音した2枚組LP。ベース、ピアノ、パーカッションまで一人でやっているんだから驚き。ところどころで「You don’t have to love me, but I love you!」って言ってるところから、人柄の良さも伺えてキュン。これは僕も自分で一枚キープさせていただきます!

  • Julion De’Angelo, Viola Klein ‎– We (WE001)

    NEW ¥1,900

    でた!Meakusmaから過去2枚リリースしているDetroitインフルーエンスなドイツ人アーティストViola Kleinと、Theo Parish主宰のSound Signatureからのリリースでも話題のJulion De’Angeloの共作EP。この組み合わせのセンスがさすがMeakusma。めちゃくちゃ生々しい音のサンプリングハウスと、かなり実験的アプローチのテクノなど、アーティスト、レーベルコンセプトの美味しいとこどりな盛沢山の12″。大推薦!

  • Viola Klein ‎– A Passport And A Visa Stamped By The Holy Ghost (mea027)

    SOLD OUT

    2017年に発売された21番でもリリースしたViola Klein。ドイツ人のアーティストですが、圧倒的なAfrican Groove。調べてみると、若いころからPianoとJazz理論を学び、Detroitへ留学も果たしているとのことで、完全に腑に落ちました。MPCを用いたサンプルも使ってくるあたり、音楽をLIVEと録音という二軸で考えずに、あらゆる手段で創作に向かう様子が見て取れます。21番に続き、非常におすすめしたい内容です。

結果の106~120/145を表示しています