Constellation Tatsu

結果の1~15/31を表示しています

  • [Cassette] Julia Gjertsen & Nico Rosenberg – Paisajes Imaginarios (PURR 0130)

    NEW ¥1,350

    新年の幕開けを飾るにふさわしい、オークランドのConstellation Tatsuレーベルによる2022年冬の3本が入荷!3本目はNorwayのOsloを拠点としているJulia Gjertsenと当店大注目の土地、ChileのSantiagoを拠点とするNico Rosenbergの共作。古いカセットテープデッキから出てくる音みたいな、と描写しようと思ったら、その通り古いテープデッキを通して質感に変化を付けているようです。焼けた野から新緑が芽吹く様、または海に流れ出したマグマが陸を作っていく様など、一つの時代の終焉と、一つの時代の始まりを同じ視野角から傍観しているかのような、穏やかさの中にあるエネルギーのスパークが美しい1本になっています。

    Constellation Tatsuの当店の全在庫はこちらから
    https://doteirecords.com/product-tag/constellation-tatsu/

  • [Cassette] Soshi Takeda – Same Place, Another Time (PURR 0129)

    NEW ¥1,350

    2019年のDotei Recordsからのリリースに続き、2021年に100% SilkからリリースされたFloating Mountainsも熱狂的なレスポンスがあり、確実にフォロワーを獲得していっているSoshi Takeda。今度はConstellation TatsuからNew Ageバイブスでありながらダンスミュージックとしても成立する、その立ち位置自体が何ともVagueでObscureなテープを発売。つららのような冷たさとココナッツのような蒸し暑さが同時にそこにある感覚。アナログ機材から放たれる一つ一つの音の粒の豊かさは、ドットの集まりになってしまった音という物理現象に滑らかな曲線を提供しています。シーンに影響を与えるようなメディアや店からも注目され、これからの活躍に益々期待したい、道程店主大学の一個上のパイセンSoshi Takeda!

    Constellation Tatsuの当店の全在庫はこちらから
    https://doteirecords.com/product-tag/constellation-tatsu/

  • [Cassette] Alex Albrecht – Resolve (PURR 0128)

    NEW ¥1,350

    新年の幕開けを飾るにふさわしい、オークランドのConstellation Tatsuレーベルによる2022年冬の3本が入荷!1本目は心のナイーブな部分にしっかり寄り添ってくれそうな、Emotional Sketch(心情描写)とも解釈できるAlex Albrechtによる優しく、同時にとことん深いNew Age作品。メルボルンのAnalogue Atticレーベルからもリリースする実力者で、今年発売されたCampfire Storiesは各所で素晴らしい評価を得ています。素晴らしいタイミングでのConstellation Tatsuからのリリース。

    Constellation Tatsuの当店の全在庫はこちらから
    https://doteirecords.com/product-tag/constellation-tatsu/

  • [Cassette] Paperbark – What Was Left Behind (PURR 0127)

    NEW ¥1,350

    春のバッチも素晴らしかったConstellation Tatsuの2021年夏のバッチがやや遅れて入荷!ゆっくりと昇る朝日、ゆっくりと晴れていく霧、ゆっくりと始まる一日。そんな情景を山小屋で一人ぽつり、頭を完全に空っぽにして眺めているような、微細な変化とそれが作り出す壮大な美しさを感じさせる一本。心静かに、通しで聴いてみてください。

    Constellation Tatsuの当店の全在庫はこちらから
    https://doteirecords.com/product-tag/constellation-tatsu/

  • [Cassette] Suryummy – Polynators (PURR 0126)

    NEW ¥1,350

    春のバッチも素晴らしかったConstellation Tatsuの2021年夏のバッチがやや遅れて入荷!持続音(Drone)やアルペジオの中に顔を覗かせる、オリエンタルサウンドとコズミックサウンドの対照的な音のスムーズな融合が非常に心地良い一本。浮かされ、揺らされ、開かされたい方に絶対的に推薦したい作品。

    Constellation Tatsuの当店の全在庫はこちらから
    https://doteirecords.com/product-tag/constellation-tatsu/

  • [Cassette] Arian Shafiee – Pastorale (PURR 0125)

    NEW ¥1,350

    春のバッチも素晴らしかったConstellation Tatsuの2021年夏のバッチがやや遅れて入荷!道程大好物な感傷的なピアノサウンドに加え、情景を切り取るギターサウンド、そしてそれらを彩るかのように配置されたシンセサイザーの音と効果的なエフェクト。それらが一丸となって、誰もが持っているであろう淡い記憶や人生における答えの見つからない問いなどを想起させてきます。個人的、そして普遍的な時間軸を感じさせる、空間性を意識した音の波。辛い時に寄り添いながら、明日を生きるための一歩を踏み出すのを後押ししてくれそうなエモーショナル傑作。心から推薦!

    Constellation Tatsuの当店の全在庫はこちらから
    https://doteirecords.com/product-tag/constellation-tatsu/

  • [LP+DVD+Poster] Jonas Reinhardt ‎– Ganymede (CTATSU 002)

    NEW ¥2,200

    Constellation Tatsuでは非常に珍しいバイナル仕様!2014年に発売されたレーベル初期音源のレーベル在庫。感極まる壮大なドローン作品。Not Not Fun Recordsや100% Silkからも作品を発表する、ハーバード電子音楽研究所でmusic synthesisを学んだ作曲家Jonas Reinhardtによる作品。

  • Ecovillage ‎– New Reality (PURR 0124)

    NEW ¥1,400

    今年のConstellation Tatsuの春のバッチは非常に好内容!そのうちの一つがこちら。実は地下でひそかに続いていた古代文明が、ひそかに制作していた音楽を発掘しました、というような印象を受けた(共感してもらえるかな?)古今東西様々な要素が見え隠れする作品。10曲中7曲が他の作曲家とのフューチャリングとなっており、5曲目には当店大人気のMusic For Tomato Plantsの作者Loris S Saridも登場。

  • Ekolali ‎– Om Sömn (PURR 0123)

    NEW ¥1,400

    Sweden出身のドローン作曲家による作品。この進行の遅さがどうしようもないくらい気持ち良い!王室音楽のような崇高ささえ漂う合計80分のロングジャーニー。

  • X.Y.R. ‎– Waves Tapes (PURR 0122)

    NEW SOLD OUT

    いやーこれは最高。子守歌のようななつかしさ。水のゆりかごに揺られて、バレーダンサーのように体を動かしたくなる、そんな1本。人生の休憩時間に、自分へのご褒美に流してあげましょう。ヒーリング!

  • Rose ‎– The Early Dove (PURR 0121)

    NEW ¥1,200

    またもやRoseの登場!そして今回はいつになくダークな要素がそぎ落とされ、なんだか極度に荒廃した世界のその後の世界に訪れる妙な爽やかさのようなものさえ感じられます。手法としてはこれまで同様、シーケンスの組まれたリズムにドローンがまたがった内容。タイトルのThe Early Doveに関連したウンチクですが、英語ではオリンピックの開会式で飛ばすような白いハトはDove、そして普通のハトはPigeonと呼ぶってこの前知りました。

  • Hakobune ‎– Above The Northern Skies Shown (PURR 0120)

    NEW ¥1,300

    とんでもない独自の品揃えのTobira RecordsのオーナーHakobuneの2021年の新作。めちゃくちゃ多作で、Constellation Tatsuからも何本もリリースしています。めちゃくそでっかい寺の鐘の中でドローンして無指向性マイク一本で録音したかのような、電気的に生み出したものとは思えないフィルターがかかった、細かい音の粒の波の奇襲に遭ってください。聴き終わったあともしばらく耳の中で鳴ってました。レーベルでもあるTobira Recordsからリリースしているこちらの作品も是非チェックしてみてください!

    Hakobune ‎- Ruminating On What Was Unsaid

  • Cofaxx ‎– Shell Collector (PURR 0119)

    NEW ¥1,300

    トライバル、トロピカルな因子をふんだんに含んだリズミカルドローン。よく考えてみたら、ありそうでなかったかたちのような気がしてとても新鮮。全体を通してアルバムとしての展開も見事。

  • Humanherb ‎- Areopagus (PURR0118)

    NEW ¥1,300

    Blade RunnerとVisible Cloakの間という非常に狭い領域をうまいこと縫ってこの世に生み出されたこちら。このフィルター感。文句なしです。

  • (再入荷) Loris S. Sarid – Music for Tomato Plants (PURR0116)

    NEW SOLD OUT

    前回入荷時に速攻で売り切れた、出音がメチャクチャ最高で、かつ耳にあたる感触が優しすぎる一本。トマトプラントだけじゃなく、あたなのためにも鳴るこの音楽!以下、前回入荷時のレビュー。

    毎年何百兆本ものテープをリリースするConstellation Tatsuですが、こちらは早くも2020年のベスト候補となる美しすぎる1本が登場。私自身、時と場所を選ばずヘビーリピートさせていただいております。音数の少なさからくる空間と余韻が本当に気持ちがよく、私たち日本人が潜在的に持っている美意識を猛烈にくすぐられますが、忘れないでください、これはトマトの苗のために作られた音楽です。悪いことは言いません、お早めにどうぞ!

結果の1~15/31を表示しています