PIANO AND FOREST

全 4 件を表示

  • [CD] moanyusky – scapes album (pnf-005)

    ¥1,980

    奈良を拠点とする音楽活動家moanyuskyが2015年にpiano and forestよりリリースした、キャリア初のフルアルバム「scapes」。家の中の生活音のような日常への親和性を感じると同時に、「時間」「場所」「自分とあらゆるものとの関係性」といった壮大な概念についても考えさせられるような音が詰まった、65:26に渡る連続的な表現の投影。HouseでもAmbientでもNew Ageでもなく、電子音でもオーガニックサウンドでもない、包容力を備えた攻撃的な何かがこのCDには詰まってます。これは絶対に持っていた方がいいブツです。

  • CARRE / EX NUNC + Yuhki Touyama Photo Book – FOR THE PAST - ※手ぬぐい付き

    ¥2,000

    (PIANO AND FORESTストアページより)宇治香園 “Tealightsound” presents CARRE new album『EX NUNC』と頭山ゆう紀写真冊子『FOR THE PAST』のセットです。

    【CD】Ujikoen presents “Tealightsound” CARRE / EX NUNC 東京のインダストリアル・ミュージック・デュオ ’CARRE’、4年振りの新作。 京都の老舗茶問屋・宇治香園が提唱する”Tealightsound”シリーズ第5弾としてリリースされる本作は、京都の茶園にて録音された自然音と電子音がミックスされたシンプルな音像ながらも今までのCARREの作品とは異なった彩度の高い電子音楽作品となった。 写真家・頭山ゆう紀によるジャケット写真を奇妙な茶園の入口と見立て、その中にある華やかで少し狂気じみた音の茶園めぐりを堪能してください。

    【Photo Book】This booklet rearranges the photographs taken for EX NUNC, a musical work by CARRE produced based on Ujikoen’s concept that tea, light, and sound are similar in terms of the invisible sensations they generate that continuously change. ujikoen.co.jp/tealightsound

  • [Photo Book] 頭山ゆう紀(Yuhki Touyama) – さすらい

    ¥3,500

    息を呑む”視覚の切り取り”。頭山ゆう紀の鋭く、繊細で、エモーショナルなその作風はヨーロッパのJAZZレーベル、ECMを彷彿とさせられるような、そんなシリアスさを持っている。いわゆる畏敬という言葉がぴったりの、恐怖とは異なる”こわい”という感覚。破壊と創造を同時に体験しているかのような整理のしきれない壮大さと、その正反対の生活感の混在。DEEPって言葉すらCHEAPに聞こえかねない。この作品は10年以上も前のものになるが、彼女の今を見たい人はこちらから。

    頭山ゆう紀ウェブサイト:https://yuhkitouyama.com/

    PIANO AND FOREST:https://pianoandforest.stores.jp/

    (以下帯より)「冬に若い女がカメラを持って旅に出た。その行き先を特定する写真はほとんどないが、ページをめくるうちに、これは写真への旅の始まりであることに気付く。 頭山ゆう紀は、どこまで行くのか眼が離せない。」(石内都)

  • [Photo Book] 頭山ゆう紀(Yuhki Touyama) – 境界線13

    ¥3,300

    息を呑む”視覚の切り取り”。頭山ゆう紀の鋭く、繊細で、エモーショナルなその作風はヨーロッパのJAZZレーベル、ECMを彷彿とさせられるような、そんなシリアスさを持っている。いわゆる畏敬という言葉がぴったりの、恐怖とは異なる”こわい”という感覚。破壊と創造を同時に体験しているかのような整理のしきれない壮大さと、その正反対の生活感の混在。DEEPって言葉すらCHEAPに聞こえかねない。この作品は10年以上も前のものになるが、彼女の今を見たい人はこちらから。

    頭山ゆう紀ウェブサイト:https://yuhkitouyama.com/

    PIANO AND FOREST:https://pianoandforest.stores.jp/

    (以下帯より)頭山ゆう紀の写真の暗さはもって生まれたものではなく、慎重に模索し、丁寧に選んだ質の良さとしての色彩なのだ。そこにある日常の画像の距離感が、頭山ゆう紀の個人的生活やセクシャリティーを軽く越えてしまう冷静な視点が、写真として成立している。(石内都)

全 4 件を表示