Muzan Editions

結果の1~15/20を表示しています

  • Elin Piel – Satsuma Sunday (MEDS065)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2022年のSpring Batchの3作品が入荷しました。今回光栄なことに、3作品のレビューをレーベルから依頼を受け、書かせていただきましたので、以下の通り掲載させていただきます。

    振り下ろす腕の勢いや指先の感触が、力学的なエネルギーの変換を通して音に現れるギター、ピアノ、打楽器などの演奏。それに対し、ドラムマシーンやモジュラーシンセサイザーなどによるそれは、インターフェースを通した電気的な信号のやり取りを通して音を出す点から、発音に至るまでの性質が根本的に異なっている。それに伴い、表現行為としての感情の発露、そして聴く側の受け取り方もまるで違ってくる。Elin Pielはモジュラーを使用したスウェーデン出身の作曲家だが、彼女が今回リリースした「Satsuma Sunday」が作り出す音の世界は、それを演奏する彼女の姿が目に浮んでくるような感覚がある。この感覚は妙だ。なぜなら、激しいギターの音を聴いて演奏者の姿をイメージすることはあっても、モジュラーの音を聴いて、演奏者の姿を思い浮かべることは私にはほとんどないからだ。第一印象は、SF的で空想的な世界観であったものの、聴いていくと、この作品の背景にはもっと個人的なテーマと自叙的なアウトプットが存在しているように思えてくる。誰しも「特別なことが起こったわけでもないのに、なぜか頭のなかに映像付きで刻み付けられている過去の1シーン」がいくつかあると思うが、それらをランダムにコンパイルしたような感じだ。作られた物語のように、必ずしも連続性があるとは限らないライフストーリーが、トリガーされた信号により浮かび上がり、聴いている人の個人的な記憶に働きかける、メロディアスなドローン作品。(言葉:Dotei Records @doteirecords )

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Doltz – Asa (MEDS064)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2022年のSpring Batchの3作品が入荷しました。今回光栄なことに、3作品のレビューをレーベルから依頼を受け、書かせていただきましたので、以下の通り掲載させていただきます。

    80~90年代に作られた未来的な音(Futuristic Sound)の中に、ほとんど有機的な音は見られなかったように思う。それは当時の未来文明へのイメージがオートマティックで無機的なものであったからだろう。しかし今現在、そういうイメージはやや古臭く感じる。もう少し有機的なものと無機的なものが調和したものを未来的なものと捉える方が、今は自然だ。福岡をベースにするDoltzによりリリースされた「Asa」。本作は、フィールドレコーディングの音、独特のリズムのズレ、アナログなエフェクトなどの有機的な成分と、電子音、シーケンスされた信号、サイン派などの無機的な成分が見事に調和された、現在のFuturistic Soundのかたちではないかと思う。一音一音は洗練されたシリアスな鳴りでいて、しかしながら曲として聴いたときには親しみやすさや明るさ、具体的には”晴れた日の朝一番に聴きたくなるような感じ”を持っているのもなんだか不思議で未来的である。まだ味わったことのない音楽体験を与えてくれると同時に、「この先にまだ知らない体験が更に待っていそうだ」という夢を見させてくれる本作は、リリースされた直後がコンテンツとしての価値のピークで、そこから徐々に衰退する“商品”とは決定的に異なり、未来のある地点においても、また違った輝きを放ちながら私たちの前に現れてくれるんじゃないかと思う。(言葉:Dotei Records @doteirecords )

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Am Shhara – Shinsoko (MEDS063)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2022年のSpring Batchの3作品が入荷しました。今回光栄なことに、3作品のレビューをレーベルから依頼を受け、書かせていただきましたので、以下の通り掲載させていただきます。

    一瞬で目の前の景色を180度変えるような出来事が、人生ではときどき起こる。それは絶望の淵に見た一本の美しい虹のように、または穏やかな朝に取った一本の電話のように、正弦波的ではなくのこぎり波的に、突然の急上昇や急降下を伴いながら、ストーリーを形作っていく。本作、名古屋を拠点とする作曲家Am Shharaによる「Shinsoko」には、そんなハッと胸をつく瞬間が溢れている。溢れているというか、その連続によってこの作品の世界観が作り上げられていると言った方が適切かもしれない。実家の布団に入ったときのようなぬくもりと、夜のジャングルを歩くときのような緊張が、一方が寄せては一方が引き、それをドラスティックに、不規則に繰り返す。一つの感情をはっきりと意識した瞬間に、その感情は別のなにかに変化していく、そういう音楽体験が得られる。砂袋のようにずっしりとしたドローンのトビに、針が落ちるかのごとく繊細な振動がエコーを伴い重なることで、まるで懐中電灯で照らされた洞穴のように、空間的な奥行きが姿を現す。そして自分とこの作品の位置関係も徐々に明らかになるような気がする。そんなことを感じながら聴いているうちに、気が付けばかなり長い時間が経っていたようだ。(言葉:Dotei Records @doteirecords )

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Yolabmi – Before Your Past Lives (MEDS062)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のWinter Batchの3作品のうちの1つ、YolabmiによるField RecordingsとModularを用いた作品。爆音で聴いてみましたが、完全に時間と空間の感覚が狂いました。フィールドレコーディングの聞き覚えのあるサウンドと、Modularの自然界には無いサウンドの融合が、なんとも宇宙的であり地球的。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Chad Munson – Sources (MEDS061)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のWinter Batchの3作品のうちの1つ、Chad MunsonによるIndustrial Ambient / Drone作品。重くただならぬ雰囲気をまとったこちら。前に出たり後ろに引っ込んだりする音のレイヤー。ミキシングの上手さが光ります。かたき討ちに行くときに事前にボルテージを上げたりするのにピッタリ。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Chie Otomi – Touch Again (MEDS060)

    NEW SOLD OUT

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のWinter Batchの3作品のうちの1つ、Chie OtomiによるAmbient作品。ホロホロと崩れ、ジュワ―と沁み出す屋台のおでんの大根のように、それ自体は暖かく、ただその背後に浮かびあがる情景はモノトーンの冬景色な、技ありな一本。また注目の国産アーティストが増えました。Dave Smith InstrumentsのTempestを持ってることが羨ましいです。外国人3人で運営しているMuzan Editionですが、完全に和の美意識をものにしている信頼のレーベル。鬼舞辻無惨とは無関係です。

    当店で取り扱っている過去のリリースもチェックしてみてね。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Yumi Iwaki – Juniper (MEDS059)

    NEW SOLD OUT

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のSummer Batchの3作品のうちの1つ、Yumi IwakiによるAmbient / Drone作品。昨年2020年にMuzan Editionsからリリースしたスプリットテープも最高でした。(https://doteirecords.com/product/yumi-iwaki-ryan-j-raffa-%e2%80%8e-living-distances-meds046/) 鳥肌モノのサウンドスケープに、ところどころで使用されるアルペジオで組まれたリズミカルなパートと、暮らしの中の非現実的な部分を描写したような世界観が、毎日新規感染者数を更新し続ける今日のジャポンにはまってます。

  • Endurance – Long​-​Term Memory (MEDS058)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のSummer Batchの3作品のうちの1つ、Enduranceによるモジュラーシンセを使用し、シーケンスの組まれたNew Age / Ambient作品。ゆっくりとした展開のなかでフェーダー的に音が変わっていく様子はDrone的要素も多分に含んでいます。一度聴き始めるとなかなか抜け出せないループのなかに没入し、気がつけばメディテーション。カゲロウのような揺らぎを帯びて現れ、そして消えていく様は見事です。

  • Miki Yui – spring spring (MEDS057)

    NEW ¥1,200

    【DLコード付き】関西を拠点とするカセットテープレーベル、Muzan Editions。2021年のSummer Batchの3作品のうちの1つは、当店ではCuspeditionsの006のリリースでもお馴染み(https://doteirecords.com/product/miki-yui-%e2%80%8e-mills-cusp006/)、デュッセルドルフを拠点に活動するMiki YuiのExperimental / Ambient作品。A面で音にエネルギーを蓄え、B面でその音の粒たちが踊り出す感じは、タイトルにあるように春に生き物たちが活動的になっていく様を描いたかのような、有機的で希望に満ちた音の展開。他にも素晴らしいレーベルから作品を出しているMikiさん。今後も追いかけたいと思います。

  • Jordan Christoff – Wombs (MEDS054)

    NEW SOLD OUT

    【DLコード付き】奈良を拠点に2017年の始動からハイペースでリリースするカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目される存在になっています。

    まるで竜泉寺の湯のように、ずっとそこにいられる心地よさです。竜泉寺の岩盤浴でかかってて欲しいですね~。このリリースもテープのメディアの特性を生かした片面26分1曲ずつのロングウォークです。

  • Mareena & JakoJako ‎- Atlas der Gedanken (MEDS052)

    NEW SOLD OUT

    【DLコード付き】奈良を拠点に2017年の始動からハイペースでリリースするカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目される存在になっています。

    ドイツ語で「思考」を意味するGedanken。「アトラスの思考」って意味ですかね。Berlinを拠点とするUnrushを主催するMareenaとモジュラーシンセアーティストJakoJakoによる共作となっています。Droneな具合と、New Ageな具合のバランスが絶妙で、一本のテープの中に色々な世界観が詰まっています。

  • Hudson Glover ‎- Comma Comma (MEDS048)

    NEW SOLD OUT

    【DLコード付き】奈良を拠点に2017年の始動からハイペースでリリースするカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目される存在になっています。

    シーケンスが組まれた音や、シーケンスが組まれているのかどうなのかよくわからない微妙なズレをもつ音達が交差し、音楽的に上昇していく様は、狂気に満ちたフリージャズのセッションを耳にしているかのような無自覚な高揚感を与えてくれることでしょう。かっこいいです。

  • Llyn Y Cwn ‎- Llugwy (MEDS047)

    NEW ¥1,100

    【DLコード付き】奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    「山頂で野宿した風の強いあの夜のことを音楽にしました」といった感じの内容。圧巻のサウンドスケープにぶちのめされる片面1曲30分、両面合計60分の壮大な作品です。

  • Yumi Iwaki & Ryan J Raffa ‎- Living Distances (MEDS046)

    NEW SOLD OUT

    【DLコード付き】奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    90年代に作品を残す日本人作曲家、岩城由美と、Muzan Editionsより今年の2月にもリリースをしたRyan J. Raffaによるスプリットテープ。由美さんサイドの互いに鼓舞し合うのような怒涛の三連符とそのディレイ音の掛け合いがぶっちぎりな一曲(アルバム2曲目)に特にやられました。この二人の世界観を組み合わせようと思ったMuzan Editionsにアッパレです。

  • Grey Magik ‎- untitled (MEDS045)

    NEW ¥1,100

    【DLコード付き】奈良を拠点に2017年のレーベルの立ち上げから今日(2020.11.30)に至るまで、すでに50近いリリースを重ねるカセットテープレーベル、Muzan Editions。Experimental、Ambient、Droneなどを軸に、未来へのポテンシャルを秘めたアーティストを中心にリリースし、早くもシーンの重要レーベルとして国内外で注目されつつあります。これまで基本的にレーベルのbandcampでの販売でしたが、店頭で販売させていただく運びとなりました。

    奈良在住のGreyとDublin在住のGarden Magikによる長距離コラボレーションプロジェクト、Grey Magikによるfield recordingを基調としたdark new age作品が登場。放射能で溢れかえったこの世界に思いを馳せながら聴くとめっちゃ胸に響きます。

結果の1~15/20を表示しています