Shop (by category)

結果の1~15/233を表示しています

  • TWOTH – PLAYBACK THE COMPACT

    NEW ¥2,000

    【DLコード付属】2022年末にたまたま知り合いの店でお会いした須田さん(TWOTH)。その日はなんだか、あらゆる歯車がいちいちピッタリと、そして予想外の方向に噛み合いながら時が刻まれていく”Strange Prefect Day”だったのを覚えています。そんななかでお会いできたことにも縁を感じ、音楽を作っているとのことで翌日早速聴いてみて、即取り扱いをお願いした本作。ISSEY MIYAKEのコレクションで使われた楽曲や、MeiteiのRemixを含む10トラックを収録したアンビエントアルバムです。しかしながら、アンビエントと一括りにするにはあまりにも多方向的なFusionismが存在する作品。Broken Beatsのような不規則な打ち込みや、Hiphop的ネタ感、シーケンスを組まずに手で演奏していると思われる有機的な音の置き方、無機的な飛ばしの効いたDroneなど、様々なレイヤーのミルフィーユを、注意深く一層ごとに味わうもよし、感覚的に総体で感じるもよし。それはまるであの一日のように、単独で存在していれば共通項を見いだせなかったかもしれない一つ一つの要素が、TWOTHという媒体を通してこのアルバムにぶち込まれることで必然性を獲得し、一本の線で結ばれている様はまさにお見事。いづれにせよ2回、3回と聴いていくうちにまた異なる旨味が脳内に広がっていくこと間違いなしの、深みのある一本。坂本龍一との仕事でもお馴染みのTaylor Deupreeによるマスタリングが、その世界をさらに深いものにしています。是非フィジカルで手に取り、聴いてみることをオススメします。

  • Teknobuskers – Live at S-Bahn Warschauerstrasse 21.08.2021 (SOTAPE03)

    NEW ¥1,550

    2018年にベルリンに行った際にSJ Tequillaを訪問し、「最近路上でTB-303を中心としたテクノライブをやりはじめた」ということを聞いて、見に行ったのを覚えています。それから月日は経ちましたが、場所や使用機材などを変えながら定期的に継続していたそのライブは、今や多くの人が集まるStreet Acid集会へと発展しているようです。そんな彼らの2021年8月の路上ライブを録音したカセットテープごこちら。継続することで行きついた結果に目がいきがちですが、その過程で得た経験が最大の財産。ACID!

  • [Cassette] PJS – Malahat (ume021)

    NEW SOLD OUT

    Zefan Sramek (a.k.a. Precipitation)主催の梅レコードの21番は、カナダのPJSによるAmbient / Drone作品。息を飲む音の空間性にぶちのめされる、沈み込む低音、軽やかにホップする高音がスパイラル状に混じり合う極上の音像。両面約25分の、一切着地無しの無重力ジャーニー。

    梅レコードの過去作品はこちら。https://doteirecords.com/product-tag/%e6%a2%85%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89/

  • [Cassette] Sachi Kobayashi – Magic Spell (ume020)

    NEW ¥1,200

    Zefan Sramek (a.k.a. Precipitation)主催の梅レコードの20番は、紅白歌合戦でのド派手な衣装があまりにも有名なアノ演歌歌手から一文字取り除いたSachi KobayashiよるDrone作品。インスタレーションのための音楽といった具合。その音が鳴っている空間の大きさも想像できてしまいそうな固有のリバーブが、音が穏やかに物語を創造していくことをサポート。緑豊かな森の中にポツンと建つ、無機質なコンクリートの構造物を連想させられました。ドローン。

    梅レコードの過去作品はこちら。https://doteirecords.com/product-tag/%e6%a2%85%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89/

  • [Cassette] Akito Tabira – Radio Tower (ume019)

    NEW ¥1,200

    Zefan Sramek (a.k.a. Precipitation)主催の梅レコードの19番は長崎県を拠点とするAkito TabiraによるDrone作品。5曲目に代表されるような音の抜け感が非常に素晴らしいです。

    梅レコードの過去作品はこちら。https://doteirecords.com/product-tag/%e6%a2%85%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89/

  • [再入荷] MaL – Primal Dub 2 (HDR-004)

    NEW ¥2,200

    2022年最後の(かもしれない)ニュースはHoodish Recordingsから、第一弾の「Primal Dub」も大大大好評だったMalによるDub Ambient大名作の続編「Primal Dub 2」のリリース!今年の下半期はMalさんと中野のバカフェで偶然直接お会いしたことをきっかけに、その後何度か話す機会もあり、嬉しい出会いとなりました。そこで色々と話を聞いて、音に対する並々ならぬこだわりと、重ねたトライ&エラー、日々の研究、日々のディグ、なにより音楽に対する愛情(ありきたりな言葉で申し訳ないんですが)を別次元で感じ、Primal Dubがどうしてあれだけ新しい音をノスタルジックな温もりを帯びながら、キレッキレな音で構成されているのかが腑に落ちました。テープではMIX形式で、ダウンロードコードではオリジナルソングを曲別でダウンロードできるという前回同様のフォーマットも超素敵。フィジカルで絶対ゲットしてください。店の在庫を切らせたくない一心で、もはやノイローゼ気味にレーベルから買わせてもらった前作Primal Dubもまだ少し在庫ありますので、買い逃していた方はあわせて是非!同時に胸を熱くして書いた前作の僕のレビューももう一度読んでもらえたら嬉しいです。DUB IS THE MUST!

    (再入荷) [Cassette] MaL – Primal Dub (HDR-001)

  • [Cassette] 幻の湖 – ECHO LAKE MIX 4 (MBNM007)

    NEW ¥1,800

    店として、そして個人として、2022年に出会い、関係を深めさせていただいた寺町さんが運営するレーベル、パーティー、そして彼自身の名義でもある「幻の湖(LAKE OF ILLUSION)」の新作MIX TAPEです。寺町さんが創作するものは、音、物質、企画、空間、そしてカレー(これがまた最高)に至るまで、手間暇を惜しまず時間をかけ、アイデアを推敲し、ラブを注入していることが、前述した色々な媒体から伝わってきます。手に取り、耳にし、口にしたときの質感に全身全霊をかけているこの感じが道程的にはたまりません。「美は細部に宿る」そんな言葉を送りたい、幻の湖の2022年最後の出版物は、吐く息を曇らせる冬の湖畔に意識をテレポートさせてくれるような、穏やかで透き通った美しいMIX TAPEとなりました。道程は2023年も引き続き寺町氏の活動に注視していきたいと思います。リスペクト。

    (以下レーベルのコメント)今作は今年1年様々な場所で出会ったたくさんの人たちから得たインスピレーションを辿りながら、冬のサウンドスケープをテーマに選曲しました。雪景色に椿を浮かび上げたwitness氏による最高に美しいジャケットアートを片手に、クリスマス〜大晦日などのゆっくりした時間に聴いていただけたら幸いです。A面は野毛のJAZZ喫茶ダウンビートで店主に教えていただいた、ヴィブラフォン奏者によるあまりに耽美なナンバーからはじまります。B面は箱根翠泉でのアンビエント温泉〜琵琶湖でのMUSIC DEPT STORE主催のLAKESIDE DREAMSという素晴らしかったパーティーの余韻を綴ったものです。

    こちらも在庫僅少!

    Various – 続・幻の湖 LAKE OF ILLUSIONS VOL.2 (MBNM006)

  • OVRSCN – Dirac Sea (MEDS075)

    NEW ¥1,300

    【DLコード付き】本気で意識をぶっ飛ばしにきているドローンです!高圧洗浄機で一掃するかのような爽快さ、銭湯のバブルで体をもみほぐされるような気持ち良さ、それでいてDeepなエモーショナルさも持っている作品。考えが行き詰ったときに再生したい一本。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Nakayama Munetoshi – Court (MEDS074)

    NEW ¥1,300

    【DLコード付き】Abstract Ambient Drone!不規則な音の並び、後ろで鳴ってるドローンのトビ、そういった要素が混ざり合って、電気的なのでオーガニックな空気を作り出しています。宇宙空間ってそういう音が生まれているイメージありませんか?

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Günter Schlienz – Current (MEDS073)

    NEW ¥1,300

    【DLコード付き】極楽浄土系、天上人たちのたしなみのごとく、大変優雅で荘厳な一本!持続音という手法一つで、ここまで色々な世界に連れていってくれながら、アルバムとしての一貫性を維持しているのは素晴らしいです。これはオススメしたい一本。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Yukari Okamura – Theory (MEDS072)

    NEW ¥1,300

    【DLコード付き】Muzan EditionsからTechnoのリリースは初でしょうか?完全に質感で勝負してきているあたり、アンビエントやドローンなどのリリースを中心に構成されるMuzan Editionsのカタログの中にもしっかりハマっていると思います。無駄なものが削ぎ落されて、その質感を作り出すために必要な音だけが残されているあたり非常に見事。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Endurance – Verb (MEDS071)

    NEW ¥1,300

    【DLコード付き】2022年秋Batchの中の1つは、レーベルを共同で主宰しているEnduranceによる作品。彼の他の作品に見られる突き刺さるようなDroneよりも、より柔らかく詩的な印象を受ける今作となってます。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Sara Berts – Braiding Fragments (MEDS070)

    NEW ¥1,300

    【DLコード付き】Muzan Editionsの2022年秋のBatchからの作品。アルペジオを主な手法として使った電子音楽ですが、Moth DanceやNon C’è Nessunoは日本の伝統音楽のような雰囲気(和音階?)があるのが面白いですね。

    当店で取り扱っているMuzan Editionsの過去のリリースはこちら。https://doteirecords.com/product-tag/muzan-editions/

  • Various – 続・幻の湖 LAKE OF ILLUSIONS VOL.2 (MBNM006)

    NEW SOLD OUT

    寺町さんが監修するLake Of IllusionのVol.2がカセットのフォーマットでリリース!元々は2020年にCDで発売されたものを再編集したかたちになります。寺町さんがこれまでの道程で出会ってきたグッドミュージック、グッドアーティストを一本に詰め込んだ極上のアンビエントコンピレーションで、彼の活動の濃さと、それを支持するアーティストがこれだけの顔ぶれで存在していることが、言葉を重ねなくても多くを語ってくれます。そういった個人的な背景を抜きにしてもとにかく素晴らしい、とにかく飛ばしてくれる、とにかく癒してくれるブツ。先日のイベント「アンビエント温泉」で彼が披露してくれたカレーのように、後から追ってくる余韻はあと何日か続くきそうです。なんでもない日を特別にしてくれるパワーを持った一本。今後の動きも実に楽しみでございます。

  • Atoris – Sea & Forest (MG 129)

    NEW ¥1,760

    (DLコード付属)Kankyo RecordsのオーナーH. Takahashi、Adam Audioの日本代理店でショールームスタジオを運営するKohei Oyamada、ギャラリーを運営するYudai Osawaの3名から成るAmbientプロジェクト”Atoris”が米PortlandのMoon Glyphから新作を発表。シーケンスを与えられたアンビエンスが、三連符とも四拍子ともとれるリズムを伴って、これはメディテーションなのか、はたまたケチャのようなスピリチュアルダンスなのか、定義されるよりもまず肌を通して体の深部に染み渡ってくる化粧水のような作品が誕生。両サイド約20分のジャーニー。実はこの音楽の効用を知るのは、聴き終わったあとの10分間の余韻だったりする。

    H. Takahashi – Paleozoic (DAUWLP022)

結果の1~15/233を表示しています