Shop (by category)

結果の1~15/33を表示しています

  • Haedong Seoungguk – Daegeum Dosa with D​.​K. Remixes (TU10)

    NEW ¥2,400

    フランスのD.K. aka 45 ACPによるRemixを2曲収録した、表面はWorld系Ambient、裏面はDance Musicな仕様になっている12インチレコード。Primitiveな打撃音、パーカッションにエフェクトを加え、笛の音色が幻想的な世界に誘います。松明を焚いたりして聴いたら、よりムードが出るかもしれません。裏面のD.K. Remixは音作りに定評のあるアーティストだけに、定位も音像も解像度もばっちりなフロア仕様の舞踏系の2曲。DISKあたりから出ていてもおかしくなさそうな複雑なリズムにうっとり。

  • [7″] Antonio Adolfo E A Brazuca / Mário Castro Neves & Samba S.A. – Dois Minutos De Um Novo Dia / Candomblé (BRZ45.048)

    NEW ¥1,850

    69年産のブラジリアンサイケPOPなA面と、67年産のブラジリアンJazz FunkなB面。どちらも非常にマニアックなラインのブラジリアンレアグルーヴで内容抜群です。45回転仕様。

  • [7″] Elis Regina / Şenay – Ye Me Le / En Büyük Şansın Yaşıyor Olman (BRZ45.047)

    NEW ¥1,850

    両面サイケデリックなMPBキラーチューン収録の45回転。Elis Reginaって言ったら国民的歌手ですが、60年代のブラジルってこういう音楽が大衆音楽として存在していたって、いや~考えてみると恐ろしい。

  • Bruno Berle – No Reino Dos Afetos (FARO233LP)

    NEW ¥3,900

    これがBossanovaの現在形か!ジョアンジルベルトとフランクオーシャンを掛け合わせたかのようなこの質感は中毒者続出間違いなし案件!めちゃくちゃ素朴な生活の中に潜むサイケデリックを音に閉じ込めましたといわんばかりの空間曲がりまくりの蜃気楼ムジカ!アンビエント好きにも刺さりそう。絶対持ってた方がいいやつですよ!今後の動きに注視したいアーティストが現れましたね。

  • Os Tatuís – Os Tatuís (FARO232LP)

    NEW ¥3,600

    1965年リリース、AymuthのキーボーディストJosé Roberto Bertramiがメンバーに名を連ねるバンドの唯一作。根が明かるいので気分が良い時はその気分をキープ、気分が落ちてるときはちょっと気分を上げてくれそうなオールドスクールなBrazilian Jazzセッション。部屋の中でステップ踏んで、一回転キメてみちゃったりして。60年代後半になると精神性が前面に出てきた音楽がバンバン出てきますが、そこまでドップリ感もなく、世界中が音楽的に良い時代なんだよな~、この頃って。

  • [2LP] Hermeto Pascoal E Grupo – Planetário Da Gávea (FARO229DLP)

    NEW ¥4,700

    Miles Davisをして「世界で最も重要なミュージシャンの一人」と言わしめた、ブラジル、いや世界の宝、Hermito Pascoalの貴重な1981年リオデジャネイロでのライブ音源が2枚組LPでリリース。ブラジルの農村で育った彼は、幼少期から自然の音に耳を傾け、自作の笛で鳥や動物とコール&レスポンスをしていたという。加治工の親戚に力を借りて、自作楽器の制作に磨きをかけた。そんな彼の口から発せられた「Tudo e Som」(All is sound = すべては音)という言葉は、誰の口から発せられるそれよりも説得力を伴い、全世界の不特定大多数の前衛音楽家に影響を与えたんじゃないかと思う。そんな彼の貴重な過去音源をこの機会にバイナルでどうぞ。

  • Francisco Mora Catlett – Mora! II (FARO223LP)

    NEW ¥3,500

    1986年発売のMora!の直後に録音された音源が初のレコード化となったAfro-Brazilian Jazzの一枚。恐らく10名以上の大所帯と思われる、Francisco Mora Catlett率いるこのバンド。スチールパンあり、ピアノあり、管楽器あり、その他多数のパーカッションの音色あり、華やかかつドラマチック、楽しくときにエモーショナルな内容。ブラジル行ってみてぇ~ってなること間違いなし。

  • Marcos Resende & Index – Marcos Resende & Index (FARO220LP)

    NEW ¥3,700

    Marcos Resende & Indexの76年のスタジオ録音をFar Outがリリース。彼らのファーストリリースであり脅威の完成度を図るアルバムにしてブラジリアンレアグルーヴのレア盤、Festa Para Um Novo Reiの発売(78年)よりも前に録音されたもの。自由なアイデアと、それを音楽として成立させる高い演奏力。Azymuthファンは絶対に欲しいはずの一枚。録音もばっちりです。とにかくめちゃくちゃかっこいい!!

  • [2LP] Milton Nascimento – Último Trem (FARO217DLP)

    NEW ¥4,500

    オリジナルリリースは1980年、CDで2002年にリリースされたアルバムの初のレコード化となった2枚組レッドバイナル。ブラジルの声の異名を持つ国民的歌手Milton Nascimento酸いも甘いも全て体験するには個別のアルバムを順々に聴いていくしかないと思いますが、彼の色々なスタイルを聴いてみるうえで、初めての一枚としてはこれ以上の盤はないのではないでしょうか?

  • attc vs Koharu – 梅は咲いたか / 五木の子守唄(7EB-110)

    NEW ¥1,650

    もしかしたら世界初!端唄とReggaeのコラボレーションとなったA面と、モーラムと日本民謡のクロスオーバーのB面!日本の音楽、Reggae、Thai伝統音楽、World Rare Grooveなどなど様々な角度から楽しめる作品になっています。

  • Jonas Olesen – TEST (BIN 00-23)

    NEW ¥2,700

    究極のテストソースに成りえる一枚、その名も「TEST」!2015年にリリースされた300枚限定版です。まだ残っているのも納得マニアック音源。世界中からあらゆるテストソースを集め、周波数、速度、LEFT&RIGHTの加減など、その音が何の音なのかをジャケット裏側に記載した珍しいレコード。試聴はその一例で、「アメリカ政府が定義する1000 cycles per secondのサイン波」を録音したもの。レコードを扱う人、特にDJなど、場所、天気、何の針を使っているかなどで毎度異なる環境でレコ―ドをプレイする人は、都度変化する状況下でいつも聴いているその音がどのように鳴るのかを理解することは非常に重要な要素だと思います。自分が聴きなれたテストソースに加えて、このレコードを一枚持っていれば微妙な変化を捉えて、その状況でしっかり鳴りそうなレコードをピックアップする一助になることでしょう。しかもうまくかける(他の曲とMIXする)ことができれば、音楽としても当然成立するはず。1ステレオにつき1枚持っておきたい盤!

  • Gustavo Yashimura – Living Legend of the Ayacucho Guitar (HMR018)

    NEW ¥2,300

    アンデス山脈のAyacucho地方出身のギタリストGustavo Yashimuraによるアルバム。日系のペルー人の方ですかね。カセットは100本限定生産。世間でいうところのワールドミュージックに分類されるものかと思いますが、この速弾き/オフビート感は彼の独自の奏法は地域の文化的歴史の文脈を踏まえたうえでのパーソナルミュージックなのかなと思います。日本でクラシカルギターを勉強した経歴も。

  • Burnt Friedman & João Pais Filipe – LiebezeitIFriedmanIPais–Eurydike (NON50)

    NEW ¥2,600

    ポルトガル人のパーカッショニスト、ドラマーのJoão Pais Filipeとの共作をA面に、そして説明不要のGerman Progressive RockバンドCanのドラマーとしても知られているJaki Liebezeitとの共作をB面に配置したBurnt Friedmanによる新リズム体験。offテンポな瞬間や、それが知らぬ間にonテンポになる瞬間に妙なサイケデリックすらも感じる、パーカッション天国な一枚。

  • Mohammad Reza Mortazavi & Burnt Friedman – YEK (NON44) ※店頭陳列分のラスト1枚。状態確認はメールにて。

    NEW ¥2,250

    リズムの国の貴公子Mohammad Reza MortazaviがBurnt FriedmanのNONPLACEレーベルに登場。この組み合わせ、聴く前から間違いないと思い仕入れましたが、その想像のはるか上をカモシカのように飛んでいきました。Iran出身のRezaが操るTombakというこの楽器、すごい繊細なチューニングが求められそう。ある種のFuture Jazzとしても聴けます。

    彼の作品はこちらも取り扱っています。是非。
    https://doteirecords.com/product/mohammad-reza-mortazavi-%e2%80%8e-ritme-jaavdanegi-ltnc018/

  • Burnt Friedman – Masque / Peluche (RQ-1)

    NEW ¥2,400

    NonplaceのサブレーベルにあたるRisqueからBurnt Friendmanのリリース。Dub Techno的解釈もできそうなA面、Detroit techno的解釈もできそうなB面。とにかくバイナルの出音になるまでのプロセス一つ一つにトコトンこだわっていることが手に取るようにわかる洗練された空気感。もはや職人技ですよ。文句なし!

結果の1~15/33を表示しています