Shop (by category)

結果の16~30/95を表示しています

  • Various – Sabá: Conexão Rakta

    NEW ¥1,000

    めちゃくちゃいいです!ブラジルで活動する、女性アーティストの音源を集めた実験音楽コンピレーション。Raktaのメンバーもソロで参加。12曲入り!値段も含め、これはパワーリコメンドです。

  • [7″] Rakta ‎– Intenção (NADA 045, DDN 014, DOF 003)

    NEW SOLD OUT

    両面開きスリーブ/インサートつき/国内流通70枚/日本語帯つき。このB面とかDJセットでバレアリックな流れで見事に投入したら「完璧」って声出ちゃうかもしれないです。A面はサイケデリックな感じでこれも最高。33回転。

  • Rakta – III (NADA050)

    NEW ¥2,400

    大阪のPunk And Destroy配給。サンパウロのガールズポストパンクバンド、Raktaのセカンドアルバム。かなり実験的な要素を多分に含んでおり、Experimentalアルバムとしても、また音響系のレコードとしても面白い作品だなと思います。このNada Nada Discosというレーベルは初めて知りましたが、良質なPunk~Post Punk~New Wave出してて素晴らしいレーベルですね。チェック、チェックと。

  • Mercenárias – Baú 83-87 (NADA053)

    NEW ¥2,500

    大阪のPunk And Destroy配給。Brasilian Girls Punkバンド、Mercenáriasのライブ音源集。しっかり走り抜ききってる感じが素晴らしいです。ポルトガル語なので歌が音として入ってくる感じがいいですね!以下、配給元コメントです。

    (配給元によるコメント)その昔Soul Jazz Recordsから編集盤が出ていて、また近年に初期デモも7″ep化された、ブラジリアン・ガールズポストパンク最高峰、メルセナリアスのアーリーイヤーズ、未発表”曲”を10曲と未発表バージョンを10曲収録のデモ/リハ/ライブ編集盤!NADA NADA DISCOSからやはりセンスある装丁でリリース。83-87年の貴重ライブ音源からのアーカイブも収録されてますが、程よい音質で、聴くに耐えないなんてことは無いのでご安心を。ジャンルさえ違えど、南米ハードコアのそれと同じエネルギーが爆発、そしてポストパンクの手法がイギリスではああなり日本ではああなり、ブラジルではこうなったという、アイデアと自由な感覚がまさしくキレッキレに体現された全20曲収録。アルバム収録バージョンよりぶっ飛びまくったSide Bも必聴です。

  • [7″] Os Replicantes – compacto (NADA043)

    NEW ¥1,380

    大阪のPunk And Destroy配給。元々は1985年に発売されたBrasilian Punkの名盤。オリジナルはえらい値段です。「ニコチンが俺の肺に入っていくぜ!おれはこれなしでは生きていけないぜ!」って元気よく歌っている一曲が特に好きかなぁ~。

  • [7″] OOPS – out of pictures 7″ep (mouse-015)

    NEW ¥1,000

    大阪のPunk And Destroyのサザナミさんが運営するmouseの2020リリース作品。大阪拠点のOOPSの初バイナルリリース。Hardcoreの脈絡を感じる音色と、30秒以内の曲。鳴りは結構オルタナ。ちょっとこれは当店的に素通りすることはできませんでした。めちゃくちゃいいです。「キーパーソンは4人、一番やりたいことに嘘は厳禁。」

  • [7″] Rommel – セクシー スマイル b​/​w 甘いキッス (BLR-021)

    NEW SOLD OUT

    (4/22発売、発送開始)大阪のPunk And Destroy配給。76年に東京で結成され、78年に極少数で7インチをプレスしていたRommelの唯一作がNew Yorkの日本の音楽を再発するBITTER LAKE RECORDINGSが再発し、今回逆輸入で国内に入ってまいりました。限定330枚のリプレスになります。どういう経緯でこのバンドがUSのレーベルに掘り起こされたのかも謎ですが、超キャッチーで耳に残るこの二曲は、知らないうちにデジタル音楽に疲れていた脳みそにぶっ刺さりました。お早めに。

  • [2LP] Soft meets Pan – Tam (RF2LP005)

    NEW ¥4,400

    2010年にJUZU aka Moochyが主宰するCROSSPOINTからCDでリリースされた作品で、京都のバンドSoftとレーベルオーナーのJUZU aka Moochyがトリニダードトバコで録音されたスチールパンの音色とともに繰り広げる優しく爽やかなセッションが、この度2枚組LP仕様で発売。「サイケデリック胎教ミュージック」という言葉が思い浮かびましたが、生命の息吹や自我のその向こう側のような、個人の思考レベルに落とし込むことが難しいものの確実に存在する概念や精神世界をそこに感じることができる作品。

  • [CD] 空間現代 – Soundtracks for CHITEN

    NEW ¥2,200

    空間現代が京都の劇団「地点」の舞台における全音楽を担当したサウンドトラック集。私も2021年12月13日の吉祥寺での最終公演を見に行ってきました。原作は太宰治の「グッド・バイ」の公演でしたが、ラディカルな内容にラディカルな空間現代の音が繰り広げられる、素晴らしい体験でした。動き方が確実に異質な空間現代による、これもまた表現へのアプローチの一つの手段。

  • [Cassette] 吉増剛造 & 空間現代 – 背 = Reverse

    NEW ¥2,200

    (DLコード付属)現代詩を代表する詩人で、吉本隆明に「田村隆一、谷川俊太郎と並んで日本の本物の詩人3人の内の1人」と言わせた、吉増剛造。朗読(ポエトリーリーディング)の表現にも挑み続けている彼と空間現代が2019年に行ったライブでの模様を収録した、道程にとっては涎が出るような一本。音楽と朗読がお互いのトリガーになりあって、加速や減速を繰り返していく緊張と興奮のセッション。限定300本。

    当店では吉増剛造の詩集も新品で取り扱っています。チェックしてみてください。↓

    https://doteirecords.com/?s=%E5%90%89%E5%A2%97%E5%89%9B%E9%80%A0&post_type=product

  • 空間現代×坂本龍一 – Zureru (KKG-1)

    NEW ¥2,530

    (DLコード付属)京都で「外 Soto」を運営し、バンドとしても演劇でのバックバンド生演奏や詩人・吉増剛造とのポエトリーセッションなど、表現のセンスとツボが道程の気持ちいいところにヒットしまくりな空間現代が、日本が誇る作曲家、坂本龍一とセッション。B面は空間現代が演奏したSuujiのオリジナル盤と、坂本龍一がそれをリミックスした楽曲が収録。そして、“録音・ミックスは、サイデラCEO、オノセイゲン。マスタリングは、ビョークのミックスも手掛けThe Mars VoltaやLightning Bolt、Gang Gang Danceなど数々のマスタリングを手掛けるNYのエンジニア、ヘバ・カドリーが担当。”とのことで盤の鳴りもバッチグーでございます。これはどう考えても素通り禁止なブツ!

  • 空間現代 ‎– Palm (SOMA032)

    NEW ¥3,300

    (DLコード付属)音楽に対するアプローチも、表現に対するアプローチも、単に”バンド”と形容するには多層的過ぎる活動を行うバンド「空間現代」がオーストリアのレーベル「Ideologic Organ」からリリースしたこちらのアルバム。Ideologic Organも同様、ただ”レーベル”と形容するとその実態を見誤る発信を行う集合体です。空間現代がこのアルバムで奏でる音も、既存のジャンル名で説明しようとすると誤解を生む可能性のあるような複合、連なり、表現が交差し合っている、詩的な内容。淡々としているのに、やたらメッセージ性も感じてしまうサウンド。これはワールドワイドに反響がありそうな作品。

  • 空間現代 ‎– Tentei (Soto 001)

    NEW ¥2,850

    空間現代が運営する京都のライブハウス/スタジオであり、それ以外にも多機能な空間としての顔も持ち合わせる「外(Soto)」がレーベルをスタートし、初のバイナルリリースとなったのはこちら、オーナーである空間現代によるTentei。空気中に飛び交う粒子のように、始まりを起点とせず、終わりを目標点としないテンションで進んでいくセッション。“Just Being”という言葉を与えてもいいかもしれません。そんな中に存在する展開はときに希薄で、ときにドラマチックでもあります。京都で場所を運営しながらバンドとして活動し、「Chigaukoto Wo Kangaeyo」の精神で新しい文脈を作る空間現代の活動に注視しましょう。

  • [Cassette] Helena Celle’s Correspondence Table – Glasgow Decentral (FEF115)

    NEW ¥1,350

    (DLコード付属)インプロビゼーションなマナーでシーケンシャルミュージックにアプローチして制作された、全てピッタリ4分の10トラックからなるビートテープ。当たり前なんですが、これだけ細かく刻まれた無数のビートがあると、その中にHouse/TechnoもBreak BeatsもBass Musicも見え隠れする不思議な感覚に陥ります。限定100本生産。

  • [Cassette] Anders Brørby – Constant Shallowness Leads to Body Horror (FEF114)

    NEW ¥1,350

    (DLコード付属)「David Cronenberg(ボディ・ホラー映画監督)が作った架空の1シーンのサウンドトラック」というかなり具体的なイメージのもとで制作された本作。不穏な中に過度のない柔らかさが存在していてとても耳障りがよく、展開もしっかりあって飽きないストーリー性のある内容。実は今回入荷したFort Evil Fruitの10作品の中で一番多く入れた作品はこれで、私も非常に気に入っています。限定60本生産。

結果の16~30/95を表示しています