Shop (by category)

結果の346~360/361を表示しています

  • HVL presents Kiyadama ‎- Cosmic Hum EP

    ¥1,600

    世界が注目するGeorgiaの才能、HVL/Kidayama/Gigiのリリースです。道程がGeorgiaに旅行した際に友人の紹介で会って来ましたが、めちゃくちゃいいスケーターの兄ちゃんでした。「Berlinとかに住んだ方がお金にはなるだろうけど、生まれ育ったグルジアにいないと自分の音楽は作れない。」って言っていたのがとても印象的でした。これからもシーンを引っ張っていってくれるでしょう!

  • Various ‎- Silent Movie Sounds IV

    ¥1,600

    Detroitの名門、Moods&GroovesなどからもリリースするTsuchiya Motor Recordsこと道程の大学の先輩MirugaのWhite Moon収録。Georgia出身のレーベルオーナーが運営するRough House Rosieですが、HVL、Trinidadian Deep、Lady Blactronika、そして我らがMahal、Mirugaなど、セレクトが抜群。今後も注視していきましょう。

    のA2, Lady Blacktronica
    B1, Miruga

  • Various ‎- Silent Movie Sounds III

    ¥1,600

    A1, Japanese Artist based in Europe: Mituo Shiomi
    B2, My favorite House producer based in Chicago: Taelue

  • HVL – Bizarre Realms EP

    SOLD OUT

    HouseとTechnoの間で縦横無尽に駆け回るHVL。まさにそんな彼のいいところ詰め合わせ的なEPになってます。特にA1のタイトル曲は我々をフロアでスターダスト化させてくれるメテオチューン。

  • Ghosts Of The Sky ‎- Internal Affairs

    ¥1,550

    Chicagoの新世代において道程が愛して止まないTaelueとChicagodeepからなるユニットGhosts Of The Skyのリリースです。ダーク&スムーズなA1、宇宙船アシッド号なB1、宇宙船アシッド号(2号)なB2。全部いいです。

  • Taelue, Chicagodeep, Spector – Secret Elements EP (Perp-001)

    SOLD OUT

    TaelueとChicago Deepが共同経営するレーベルPerpetual Rhythmsの2013年にリリースされた第一弾のリプレス。このレーベルはハッタリ無しの真のシカゴハウスの継承者です。道程レコードは2019年秋、Chicagoにある彼らの本拠地を直接訪問。Taelueから直接レコードを買ってきました。全曲いいですが、B1のSocial Anxietyは異次元のかっこよさです。A2のRestless Nightsはパーティ序盤のセットにもバチコン。レコードバックから出せなくなる盤です。

  • YAMAAN ‎- 幻想区域EP(DLコード付きCassette Tape)

    SOLD OUT

    <発売によせて>
    この度、Dotei Recordsの第一弾作品として、YAMAANによる幻想区域EP(DTR-001)を2020年2月25日にリリースします。

    本作品は、Mirage Areaという名義でも活動している彼が近年の創作及び生活の両面においてに関係し、関係されてきたAmbient、New Ageなどの要素を軸に、道程レコードのコアであるDeep Houseの要素を取り入れて欲しいという意向をこちらから伝えたうえで、発案から半年以上をかけて出来上がった作品です。慣性が与えられたリズムによりHouseの要素が色濃く出るSide Aの3曲と、より音の隙間と空間が意識されAmbientな要素が押し出されたSide Bの3曲の計6曲から構成されています。

    Deepという言葉が内包しうる概念を詳細に言葉で表現することは私にはまだまだ時間がかかりそうですが、その一つに「相反する二つ以上の感情の混在する状態」というものを挙げることができると考えています。それは退廃的かつキラキラしたVelvet Undergroundの音の中にあり、官能的かつノスタルジックなLarry Heardの音の中にあり、壮大かつ身近さを感じさせる吉村弘の音の中にあるものだと思います。これは、無常の中に美しさを見出すwabi/sabiの感覚にも似ており、物事の二面性、表裏一体性を受け入れることにより見えてくる「奥行き」の中に浮かび上がってくる感情の立体性と言い換えることもできるかもしれません。YAMAANの音にはそれらと共通項が確実にあり、それでいて全く異なるDeep(あえて具体化はしませんが)が存在し、それが私が彼の音楽に強く魅かれ、今回リリースをお願いした理由です。

    トラック3とトラック5は、昨年の夏、クーラーの無い道程レコードの2階a.k.a.俺の家で2泊3日で創作した素材を基にした曲を収録しています。YAMAANさん、また今年も合宿しましょう。
    また今回は、デザイナーの孝學直さんに依頼し、まさにアルバムのコンセプトに合った素晴らしいアートワークが出来上がりました。皆様、是非下記のリンクより、二人の他の作品も覗いてみてください。

    YAMAAN (soundcloud.com/yamaan)
    孝學直 (kogaku.bandcamp.com)

    YAMAANさんによる素敵なミュージックビデオはこちら。https://youtu.be/TslFeD-8T-U

    ※今後ささやかなリリースパーティーを予定しております。詳細はホームページ及びinstagram(@doteirecords)にて追って告知させていただきます。よろしくお願い致します。

    2020年2月18日
    道程(Dotei Records) 店主・樋口拓郎

  • HVL / CSPOK ‎- Cosmic Expressions EP (Perp-003) ※店頭陳列分のラスト1枚。状態確認はメールにて。

    ¥1,600

    リリースは2014年に遡りますが、HVLとCSPOKによる色褪せないEP。TaelueとChicago Deepが共同経営するレーベルPerpetual Rhythmsからのリリース。特にHVLことGigiに関しては店主旅行中にグルジアの首都トビリシでお会いしてきたこともあり、思い入れの強いアーティストです。USAを起源とするdeep houseの感情表現と、欧州的なTechnoの抽象表現のどちらも得意としている彼ですが、本作品に収録されているのは前者の方。幼少期からピアノを演奏しており、現在はスケーター。

  • Taelue ‎- Reflections (Perp-014)

    SOLD OUT

    TaelueとChicago Deepが共同経営するレーベルPerpetual Rhythmsより、ご本人の登場。ChicagoのNew Generationを代表する存在であるだけに、deep、rhythm、疾走感、acidのどれをとっても、chicagoという土地のもつハウスの息吹と共に生きてきた者にしか出せないニュアンスを感じさせてくれます。あわせて、いわゆるdeep houseという型にはまらない、テクノ寄りのハメ感の強い曲があるのも彼らの創作の特徴。本人から直接購入しました。暗いクラブでshut up and danceしたい/させたい人におすすめしたいレーベルです。

  • Y.N., AKIRA, MISTUKI, NNN – Sahogawa EP (NNN001)

    NEW SOLD OUT

    「This is a depressing time for Japan’s night clubs. The atmosphere of large clubs has been destroyed by police requirements for bright lighting that ensures we have no place to hide. Meanwhile, dancing remains illegal in small clubs, the pressure of which has driven some owners mad. The places people used to go to release pressure have become pressure cookers in and of themselves. NNN has the deep flavor of a dispirited underground slowly stewing. 」
    -DJ Sprinkles a.k.a Terre Thaemlitz

  • Various – 18 Remixes

    SOLD OUT

    TREASURE BOX is the independent dance music lable in Kyoto. TRESURE BOX 002番に収録の18を関西を中心とするHankyovainの仲間達が料理し直しました。全11曲。

  • Hankyovain ‎– 18 (TB002)

    NEW ¥1,800

    TREASURE BOX is the independent dance music lable in Kyoto. 人員たった一人の共同体、Hankyovain主宰TREASURE BOXの002番。本作品に関してはRawだとか、インダストリアルだとか、ハウスだとか、そういった音色やジャンルに関する描写は至って無意味で、これはシンプルに一人の男がストリートでの衝動を自宅スタジオで音(信号)に落とし込んだ記録であると私は考えています。フロアにもたらすのは歓喜ではなく、突き上げられたその拳。

  • Various ‎– Just In Time (TB004)

    NEW ¥1,800

    Big Strick, Hankyovain, Miruga, Willie Burns. TREASURE BOX is an independent label in Kyoto owned by Hankyovain.
    関西のありがとうに対するBig StrickのArigatou。フェアプレー精神が美しいです。Suzaka motor cityに潜伏する忍者クリエイターMirugaのRemixも収録。あの夜Mirugaが流したマーチンルーサーキング牧師の演説のレコードの音が、今も耳から離れない、道程店主です。

  • SJ Tequilla ‎– SJ Tequilla presents DEAIK

    SOLD OUT

    アシッドこそが正義である。Acid is the justice.

    A release from the Japanese DJ/trackmaker, SJ Tequila based in Berlin. His current project is playing solid techno/house on a street in Berlin with 2 of TB-303s and portable synthesizers and portable speakers. Make Acid, feed acid. Acid for all, all for acid.

  • Salik / DJ Sotofett ‎– Inna Brixton / Acid Site Mix

    SOLD OUT

結果の346~360/361を表示しています