Shop (by category)

結果の61~75/86を表示しています

  • Going ‎– III (Disque D’ORgue) (mea022)

    ¥2,400

    Meakusmaの22番は、同じくベルギーを拠点とするSilent Waterレーベルとタッグを組んだ、めちゃくちゃ最高な20分を超えるExperimental Jazzセッションが両面に入った一枚。Amen、Bmen、そしてダウンロードコードでゲットできるRamenの3曲からなる面白い企画。ジム・オルークの文脈でも知られるGIOVANNI DI DOMENICO率いるExperimentalバンド、Going。今後のリリースも非常に楽しみです。

  • Viola Klein ‎– Exchange (mea021)

    SOLD OUT

    meakusmaからリリースされる音のレンジの広いこと。いや~、Detroitですね~。ちょっと私も正体がはっきりわかっていないDetroitのアーティスト、WhodatことTerri McQueenが参加。Viola KleinとWhodatは共作でWorkshopからもリリースするコンビ。呪術系アフリカンなA面もいいですが、個人的にはB面が最高。

  • [7″& ZINE] Takayuki Shiraishi ‎– dʌ́b (HERE-001)

    NEW ¥2,970

    日本における、エレクトロニックミュージックの黎明期から活動する白石隆之が自身のレーベルをスタート。第一弾リリースは多重露光の写真作品をコンパイルしたZINE、7″シングル、フォトカードのセットとなりました。1980年にVanity Recordsよりリリースした、New Waveの新しいかたちを提示したBGMの首謀者であり、先日当店でも紹介したWebなども顔を連ねるSyzygy Recordsからの個人名義でのリリースなど、当時のシーンにおける重要な組織、個人とかかわり、作品を残してきた白石氏。近年リリースしたMule Musicからの2枚も圧巻でした。アフロスピリチュアリズムとパンクスピリットが交差したような、一言では形容できない素晴らしい7インチが誕生。ZINEの紙も非常にこだわった半透明の素材で、この人の制作に妥協は一切なし。

  • Boo Williams ‎– Disco Runnerz 1 (DISRUN1) ※店頭陳列分のラスト1枚。状態確認はメールにて。

    NEW ¥1,900

    Boo Williams先生が新しくスタートさせたReEdit Project、Disco Runnerzの第一弾。Glenn UndergroundのClassiquesにも共通する、彼らのチーム名Strictly Jaz Unitの名前にもある通り、JazzyでFunkyでBoogieな腰にくるグルーヴが、コロナで訛った体に「ダンスフロアへの回帰」を促す。集合場所はミラーボールの下。SkyeのAin’t No Needなど収録。

  • [slipmat] Miles Davis Slipmat

    SOLD OUT

    本商品はレコードプレイヤーとレコードの間に挟む、スリップマットです。This is a slipmat which doesn’t contain any music.

  • Glenn Underground ‎– Classiques Volume Sixteen (GUCLSSQS16)

    SOLD OUT

    名曲ぞろいのGlenn Underground Editシリーズの16番。ブギーディスコファンク集です。A1とB2の曲は何とも言えない不思議さというかキーが合ってない感じがいいですね~。あとA2の曲のブレイクがかっこいいです。全曲試聴用意しましたのでどうぞ。

  • Glenn Underground ‎– Classiques Volume Fifteen (GUCLSSQS15)

    ¥1,850

    名曲ぞろいのGlenn Underground Editシリーズの15番。ブギーディスコファンク集です。B1の曲がミニマルファンクと言うか、聴き馴染みがあるようで無い、新しい感覚を覚えさせられる展開が素晴らしいです。全曲試聴用意しました。

  • Glenn Underground ‎– Classiques Volume Fourteen (GUCLSSQS14)

    ¥1,850

    名曲ぞろいのGlenn Underground Editシリーズの14番。ブギーディスコファンク集です。全曲試聴用意しましたのでどうぞ。

  • Scorpeze & Cordell Johnson ‎– Jazzgalaktik (EXC003)

    ¥1,950

    Cordell JohnsonとJames VincentによりChicagoとDertoritで開催されているパーティー、Excursions。Cordellは1981年にDJのキャリアをスタートし、Frankie KnocklesやRon Hardyとも共演をしており、House Musicの黎明期から現在に至るまで現役DJとしてシーンを見てきた、いわば筋金入りのChicagoローカルDJである。ExcurionsはChicagoを中心としながらも、Detroit、Altanta、Rio de Janeiro、日本など、各地のローカルとコネクトしパーティーを行い、まさにLocal to Localで活動する様は、現在の商業化したシーンとは一線を画す広がり方を見せている。そのExcursionsがスタートさせた同名のレーベルも今回が3つ目のリリースとなるが、正直文句のつけようのない内容。Chicago SkywayによるRemixも、いわゆるChicago Houseを特徴づける機材群による脚色が素晴らしい。ただ頷くしかない、真似事ではないHOUSE MUSICがここに。

  • Various ‎– 3K2018 (NDATL Musik related)

    SOLD OUT

    ROBERT GLASPERのデビューアルバム「CANVAS」の収録曲「Enoch’s House」を、Kai Alceと親交が深い、AltantaのDJ KEMITがリミックスしたA2。Robert Glasper自身も「傑作」と呼ぶ未公開曲が、皇帝Kai Alceの手によって世に放たれました。NDATLでのストック分からの入荷となります。お早めに。

    A1, fLako – Lonely Town (Karizma Rework)
    A2, Robert Glasper – Enoch’s House (DJ Kemit Remix)
    B1, Guy – Groove Me (KZRekchampa Club Mix – Part 1 & 2)

  • (再入荷)Valentina Magaletti & Julian Sartorius – Sulla Pelle (Marionette11)

    NEW SOLD OUT

    楽曲の質、録音の質、プレスの質、アートワーク、インサート、どれをとっても全カタログ大プッシュ。CanadaのMarionette Lableです!

    全タイトル最高なMarionetteにおいても、個人的に特にヘビープレイしているこちらのリリース。ジャズというかコンテンポラリーというか、カテゴリーの名前はさておき、とにかく瞑想OK、ダンスOK、泣いてもOK、グルーブあり、音質よし、ジャケかっこいいの全拍子揃った超名盤。だんだんこのレーベルの認知が世界的に進んできているので、いつ売り切れになるかわかりません。お前はもう買っている。

  • Jimi Tenor & UMO ‎– Mysterium Magnum (HRKL-004LP)

    SOLD OUT

    こんなかっこいいアルバム、そうそうないんじゃないでしょうか?2015年に発売され、多くの人が待ち望んでいた再発がここに誕生。言わずと知れたFinlandの音楽家Jimi Tenorが、これまたFinlandで70年代から活動するBig Band、Umo Jazz Orchestra(画像参照)と共作で完成させた本作。ファンキー。濡れ濡れ。ビタビタ。聴いていて踊りだしたくなってしまう、本当に楽しい演奏。そして実験的な要素。めちゃくちゃやばいです!お前はもう買っている!

  • Jonas Palm & P-O Lundqvist ‎– Remote Jazz

    SOLD OUT

    Experimental, Saxophone
    Recommend: Afternoon at Loggiea

  • CHIYORI WITH LOSTRAINS – SPACE OPERATION (VB0104)

    ¥1,760

    2019年にリリースされたアルバム、「FIVE WAVES」(https://doteirecords.com/product/chiyori-with-lostrains-five-waves/)よりSpace Operation、そして驚いたことに、店主の大学時代からの友人STUTSの2016年のアルバム「Pushin’」からSpecial Dayの生演奏バージョンをB面に収録。これも何かの縁かな。

    Space OperationはHousyなビートにFunkyなBass、そしてSoulfulなボーカルと、これが刺さる方はめちゃくちゃ多いのではないでしょうか?一見は爽やかな印象の曲ですが、ダンスフロアに間違いなくぶち込める太さが備わった、DJ仕様納得の7インチプレスとなっています。生音の中にたまに入ってくるドラムマシンのタムやスネアの音(?)に「わかってるね~」と高揚しちゃいますね。安定したリズムセクションに飛ばされるリバーブの効いたボーカル。あー、気持ちいい。B面はメローでUrban Popな聴かせるバンドチューン。すげぇ演奏上手だな~。2曲ともフルで試聴を用意しました!

  • [CD] Basso ‎- Autumn Air

    ¥1,500

    当店でも取り扱っている、ドイツはハンブルグにあるGrowing Bin Records主宰、BassoがChee ShimizuによるBedroom ArchievesのMIX CDシリーズより2010年にリリースしたMIX CD。ヨーロッパものを中心としたあらゆる未発掘音源を掘り起こしてきたディガーが、ContemporaryやNew Ageものを中心とし、タイトルの通り、私たちを包み込む空気感、匂い、音がガラッと変わる秋という季節の切なさやどこからともなくやってくる懐かしさを想起させてくれる独特の色を放ったMIX CDとなっております。

結果の61~75/86を表示しています