Shop (by category)

結果の1~15/374を表示しています

  • [CD] moanyusky – JUST RELAX AND

    NEW ¥1,500

    奈良在住のmoanyuskyと、大阪淡路の自転車屋タラウマラの共同リリースの一枚が到着!到着というか、到着自体は既に2週間前のことだったんですが、ようやく消化して店頭に出すまでに至った極上のブツ。JUST RELAXと言っておきながら、RELAXさせるどころか興奮の連続のProgressive Houseを50分強の長尺で体験させてくれます。なにやらこれが録音された日は安倍元首相が撃たれた日とのこと。つまるところは、「JUST RELAX AND (DON’T RELAX TOO MUCH)」そういうことでしょう。正直、RELAXしてる余裕なんてない今日この頃。そんな暇があればUber Eatsで小銭を稼ぐか、一枚でも多くのレコードに針を落としていたい、私はそんな生活であり、これを読んでくれている人の中には他にもそんな生活の方がいることと思いますが、せめてこの50分強の時間だけは美しいパッドシンセに身を任せていようではありませんか。moanyuskyが2022年にスタートさせたprivacyレーベルの第二弾という今作ですが、私としてはPiano and Forestからリリースのscapes albumの流れで聴いてもらうのが一番しっくりくるんじゃないかと。あわせてチェックよろしくお願いします。

    [CD] moanyusky – scapes album (pnf-005)

    (以下タラウマラによる紹介文)タラウマラレーベルの新作は超怪作『同時再生の夢』をリリースしたばかりのprivacyとのWネーム。moanyusky渾身のオリジナル楽曲のライブレコーディング作品です。この音源が奈良で記録された日、奇しくも安倍晋三氏が同地にて凶弾に倒れました。その瞬間、大国町のアパートの一室で時空が歪み始めました。我が家の次男坊ともねの投射呪法により再現された一枚の絵とともに生々しくも美しい音像は封じ込められたのです。多くの方に聴いてもらいたい一枚、堂々完成です。

     

  • Haedong Seoungguk – Daegeum Dosa with D​.​K. Remixes (TU10)

    NEW ¥2,400

    フランスのD.K. aka 45 ACPによるRemixを2曲収録した、表面はWorld系Ambient、裏面はDance Musicな仕様になっている12インチレコード。Primitiveな打撃音、パーカッションにエフェクトを加え、笛の音色が幻想的な世界に誘います。松明を焚いたりして聴いたら、よりムードが出るかもしれません。裏面のD.K. Remixは音作りに定評のあるアーティストだけに、定位も音像も解像度もばっちりなフロア仕様の舞踏系の2曲。DISKあたりから出ていてもおかしくなさそうな複雑なリズムにうっとり。

  • Web – Another Perspective (acido035)

    NEW ¥2,350

    Acidoがすがりついて離さなかった才能!Japanese Houseのレジェンドにして今再び浮上を見せるWebが、当店でも即完売だったacido032に続き、早くもacido035に登場!今作も1994/1995年に製作された音源をリマスターした内容。アナログシンセのドラムセクションが変化し続けるA1、Bass Music的とも言えるA2、Deep AcidなB面の2曲など、掘り起こしたタムカプセルの中身が今の時代を予言していたかのように、27年もの時を越えてなお新しく響く、それがなによりもWeb自身が確固たるWebのスタイルの唯一無二のオリジネーターであったことを実証してくれています。今作もすぐに敏感なDigger達にかっさらわれていくことでしょう。お早めにどうぞ!

  • Jneiro Jarel – After A Thousand Years (FARO218LP)

    NEW ¥3,500

    ニューヨーク出身でBrazilian Jazzなどのスタイルを得意とするJneiro Jarelによる、Acid Jazz、Future Jazzなどの影響が色濃いアルバム。Azymuthに代表されるようなBrazilian Fusion的アコースティックサウンドとエレクトロニックサウンドの融合。打ち込みと思われるビートもあり、単にJazzとして向き合うには横道に逸れまくっている複雑な構成。HouseやHip Hop好きな人にも受け入れられる一枚かと思います。

  • [2LP] The Paradox – Live At Montreux Jazz Festival (AX108)

    NEW ¥4,500

    Jeff Millsがガイアナ系フランス人音楽家Jean-Phi Daryと組んだユニットThe Paradoxがなんと、Montreux Jazz Festivalに出演。そのライブ盤発売されました。The Paradoxが2021年にリリースしたCounter Activeが当店大人気作となった、JazzとTechnoの質感の融合、シーケンシャルミュージックとNONシーケンシャルミュージックの調和を体現した激ヤバ作品だっただけに、こちらも当然のようにリコメンドさせていただきます。常に時代の最先端を駆け抜けてきた宇宙人を自称する男が、現在Detroitのルーツである「Jazz」に回帰するも、ただBack To Rootsするだけでは済まさない独自の昇華を見せた2020年代のアフェアー!

  • [2LP] Jeff Mills & Rafael Leafar – The Override Switch (AX-104)

    NEW ¥4,300

    Jeff MillsがDetroitのマルチ奏者Rafael Leafarを迎えて制作された作品。これまであまりリリースがないRafaelさん。ライブミュージシャンなんですかね。こういうところがDetroitの選手層の厚さを物語っています。Jeff MillsがThe ParadoxやMillsart名義でリリースしている楽曲のRe-Editのような曲もチラホラ。近年のJef Millsは同じ曲にアレンジを加えて全く新しい別の曲名をつけてリリースしているものが多いですね。それでいて、それぞれの曲が別の表情を見せているのが素晴らしいです。このアルバムはあまり爆発するところなく、淡々とLowなテンションで進んでいきます。ロングセットのDJの中でこういう時間を作れたらかっこいいと思って、私も研究している2枚組。

  • (再入荷) [2LP] Raffaele Attanasio ‎– Nuovo Futuro (AX-099)

    NEW ¥4,200

    Spiral Deluxeでも表現しているような、AxisレーベルのJazzyサイド。イタリアのプロデューサーRaffaele Attanasioによる2枚組。近年Axisのリリースが従来の宇宙直結型Technoからややシフトチェンジしていっていることが非常に気になっている道程ですが、Jazzと電子音楽の融合をこういうかたちで提示するのはさすがAxisといったところ。昨年出たByron The AquariusのアルバムもJazz色に溢れるアルバムでしたが、それに続くかのように投じられたこのアルバムがAxisの今を物語っています。Jeff MillsのNewユニット、The ParadoxがTechno寄りのJazzを体現しているのに対し、今作はよりJazzに近いサイドのDance Musicを体現していると言ってもいいのではないでしょうか。リコメンド!

  • [3LP] Jeff Mills – The Clairvoyant (AX097)

    NEW ¥3,900

    Jeff Millsが2021年初頭にリリースした気合のLP3枚組。彼がこれまで歩んできた道や、テクノという新時代音楽、そして宇宙全体への念がギュギュギュっと濃縮された、とんでもない作品。Jazz、Techno、Experimetal、素粒子、愛、時の流れなど様々な要素とレイヤーが複雑に交差し、Jeff Millsという男が作り出す波動をかたち作っていく宇宙創成のストーリーを音を通して体験している、そんな気にさせられる一枚です!今あえてAxisというレーベルを、レーベル単位で取り扱っていてよかったと心から思える、道程が心底からおすすめしたい一枚。これが最先端!

  • (再入荷) [2LP] The Paradox – Counter Active (AX096)

    NEW ¥4,200

    最終入荷です!Jeff Millsが2021年初頭にリリースしたガイアナ系フランス人音楽家Jean-Phi Daryとの新ユニットThe Paradoxの作品。Jazz、Reggae、Funk、Afroなど様々な要素をバックグラウンドとして持つJean-Phi Daryと、近年の創作にTR-909を使用したイーブンキックのTechnoスタイルに加え、Jazzの影響が色濃く出るJeff Millsのコラボっていうんだから道程が放っておくわけありません。かなりソリッドで野外レイブでもかけられそうなダンスチューンから、Jazzクラブで流せるような繊細なエモーショナルサウンドまで。エレピとパッドシンセの音がまた気持ち良いんだよこれが。大推薦の一枚!

  • [2LP] The Beneficiaries ‎– The Crystal City Is Alive (AX-087)

    NEW ¥3,300

    Detroit出身の詩人であり劇作家でありパフォーマーとしての顔も持つJessica Care Moore。MetroplexからもリリースをするDetroitのDJ、Eddie Fowlkes。そしてJeff Mills。この三人により結成されたThe Beneficiaries。演劇を見ているかのような展開に、ただレコードを聴いているだけとは思えないほどの心の揺さぶりと感情の起伏を感じてしまう2枚組のレコード。表現することを一切やめないJeff Mills、ほんとうにすごいです。

  • Robert Hood – Technatural EP (MPM43)

    NEW ¥2,050

    2000年に発売された作品のリマスター版リイシュー。前後左右上下の概念を無くしてくる無指向性のテクノサウンドはこの男のトレードマークと言ってもいいでしょう。本作はもう22年前に作られた作品ですが、更新しつつも基本的な型として今なおこのスタイルを貫いているのはもうひれ伏すしかありません。

    当店で取り扱っているM-Plantの全作品はこちら。
    https://doteirecords.com/product-tag/m-plant/

  • Floorplan – Shop / Learn (MPM42)

    NEW ¥2,050

    2002年に発売された作品のリマスター版リイシュー。ミニマルに広いレンジに音が散りばめられた粒子系テクノ。

    当店で取り扱っているM-Plantの全作品はこちら。
    https://doteirecords.com/product-tag/m-plant/

  • Gnork – RM12017 (RM12017)

    NEW ¥2,650

    ハンガリーブダペストを拠点に唯一無二のFuturistic Houseを展開するGnorkの久しぶり(?)の新作をピンポイントで入荷!相変わらずの宇宙浮遊素粒子系マッドネス!彼の家にお邪魔したことは、墓場まで持っていきたい自慢話!

    Gnorkの過去の作品、また新品のCD-R(こちら国内では当店限定のはず!)、カセットテープなどはこちらから!https://doteirecords.com/?s=gnork&post_type=product

  • Masafumi Onishi – Interstate 75 (TMW-001)

    NEW ¥2,300

    日本人アーティストMasafumi OnishiがスタートさせたTroop Music Worksの第一弾リリース。神戸のTroop Cafeでマネージャーを務めていたTelly氏の作曲家名義とのことです。アナログ機材で作られたと思われる生々しい音の質感が気持ちの良い4曲のHOUSEトラックスに仕上がっています。

  • Hector Rottweiler – Infrastruktur EP (BIN 00-30)

    NEW SOLD OUT

    BINの主宰者Jonas Olesenの別名義でのEP。やはりAndersやJonasなどこのあたりのDenmarkのコンテンポラリー系のアーティストは一筋縄ではいかない楽曲ばかり。どうやって作っているのかもあまり想像できず、当店のジャンル区分のどこに入れてやればいいのかもわかりませんでしたが、シーケンスの組まれた異音達がはしゃいでます。個人的に非常にツボ。当店大プッシュのmarionetteから出ていても違和感ないこの質感。ブラボー。

結果の1~15/374を表示しています