Book

結果の1~15/112を表示しています

  • [ZINE] 中島 大吾郎 – 凸凹ッピ村 (dkvkp0000)

    NEW ¥1,200

    偉大なる生活者の地上へのカムバックを道程は祝福します。もう10年以上前の話、私がまだ大学生だった頃、関東で出会い、そして大分県へ生活の拠点を移した、大吾郎君。その後何度か遊びに行かせてもらいました。「ここ何年か人間以外のモノとの対話に時間を割いてきたけど、そろそろ世間へアウトプットしたくなった。俺はたぶん自然と人間のメディウム、言い換えれば助産師的な存在なのかなと思って。」と語る大分県久住町に生きる生活者としてのアーティスト、そしてフィールドワークを主な手段として文化人類学や民俗学的思考を深める(ざっくりのニュアンスとして南方熊楠が生きたスタンスを思い浮かべて欲しい)彼は、「凸凹ッピ村」という架空の村に、生活と想像のなかにある諸々の営みの断片と、そこから得た学びを閉じ込めた。全ページカラーの手作り冊子。都市部の人間が語る日本の地方論ではなく、カントリーサイドの人間が語る宇宙の局地論。結局のところ様々な環境で生きる様々な人々の生活を一般論化することの方がナンセンスで、極めて個人的な自身の生活の中に、他の人の生活にもなにかのヒントになりえるような思考、道具、技術などの諸々の共通項をすくい上げようとする活動(作業)、そしてその記録を共有しようとするのがこのZINEなのでしょう。移住者として田舎に住み、見えた可能性もあれば、絶望もあったことでしょう。道程の音楽以外のアナザーサイドの繋がりのなかで、「この人は」と一目置く人間が数名いますが、彼もそのなかの一名です。今後の活動に期待。てか、久しぶりに会いたいなぁ、2828-3。

  • [セット販売] 土井 政司 – ほんまのきもち 初版 (TR-021 ZN-007)+タラウマラ Tシャツ(black, size: L)

    NEW ¥5,150

    DJ Patsatの別名義、土井政司による35ページに渡る冊子とTシャツ(Lサイズ)のセットです。エッセイでもなければ、小説でもなく、当然巷の本屋にずらりと並ぶ自己啓発本の類でもない。ただそれすらも断定していいものなのかもわからない。とりあえず一度抱きしめてあげて、大切にしたいと思ったならば、大切にしてあげてください。息子の巴音くんの版画かっこいい!

    DJ Patsatの日記も在庫あります。

    DJ PATSATの日記 Vol.2 (Diary of DJ PATSAT Vol.2) (TR-017 ZN-004)

  • 季刊黒猫・別冊 Post Cards

    NEW ¥1,100

    黒猫が2020年から年4回発行してきた「季刊黒猫」の2023年特別号は、これまでのランダム紙片集の形態から離れ、すべてポストカード・サイズに集約したものになりました。これまで同様に、全国各地の黒猫に関係する製作者の連載がそのまま継続したものもあれば、ポストカードとして使えるものもたくさんあり、また新たな形態を提示しています。黒猫の終わらないモノづくりの新展開!是非ゲットしてください!

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

    過去作品もタイトルによっては在庫あります。https://doteirecords.com/?s=%E5%AD%A3%E5%88%8A%E9%BB%92%E7%8C%AB&post_type=product

  • (再入荷)[book] 作者不明 – 創作

    NEW ¥1,500

    ※なぜかこの数か月、やたらと売れるこの本。どこかで紹介とかされたんでしょうか?知ってる人いたら教えて下さい。(23′ 6/3記)

    円盤の田口氏が古本屋で偶然手に取った、誰かの日記。あたりまえだがそれは誰かに読まれることを前提として書かれた文学ではない、自身の記憶に関する自身のための記録である。それにもかかわらず、文学作品を嗜み、ギャンブルに染まり、日雇い仕事に就く作者の “記録”はどんな作品よりも”物語”に溢れている。当店で取り扱わずにどこで取り扱うのかというくらい、これがまさに一人の人間のリアルな道程。道程チルドレンの皆様はマストでお願いします。

    (以下、帯より) どこの誰が書いたのかわからない、この日記を読み終えたとき、ヤバイものを見つけた、という最初の興奮とはまったく違う文学作品を読み終えたときような、心に軽く残る痼りと爽快さを感じた。
    この本の「主人公」は、文学者を目指し、名作を読み耽り、その作品の素晴らしさに打ちのめされ、己が「凡人」であることを深く自覚していく。それでも覚悟へ向かって彼は自身を追いつめ、勤めを辞め、食い詰め、日雇い仕事に身を置き、ギャンブルに囚われ、借金を負い、何度も心を新たにし、ある日、行き先も決めぬ旅に出る。そして、旅を終えても何も変わらぬ「ただの自分」に諦観のようなものを覚えながら、精神世界を覗き始めるようなところでこの日記は終わる。
    昭和のひとりの若者のある日からある日までの無作為の日記にしては、その始まりも終わりもあまりにも文学的にすぎる。私が偶然古物として発見したこの日記は、もしかしたら、海に流した瓶詰めの手紙のように「いつか誰かがこれを読む」ことを細い細い時間の糸の先につないだ祈りのようなものなのではないかとさえ思った。
    私はこれを読んで「表現」とはなんなのか、そして凡人とそうでない人の差はなんなのかを考えさせられながらも、結局のところ、この「主人公」のあまりに真摯であまりに人間的な有様に惹かれていった。虚実の皮膜でゆらめく「人」に。
    (円盤)

  • 土井 政司 – ほんまのきもち 初版 (TR-021 ZN-007)

    NEW SOLD OUT

    DJ Patsatの別名義、土井政司による35ページに渡る冊子。エッセイでもなければ、小説でもなく、当然巷の本屋にずらりと並ぶ自己啓発本の類でもない。ただそれすらも断定していいものなのかもわからない。とりあえず一度抱きしめてあげて、大切にしたいと思ったならば、大切にしてあげてください。息子の巴音くんの版画かっこいい!

    DJ Patsatの日記も在庫あります。

    DJ PATSATの日記 Vol.2 (Diary of DJ PATSAT Vol.2) (TR-017 ZN-004)

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2023 冬

    NEW SOLD OUT

    次号の「2023年春」版で一旦このかたちでの発行を終え、新展開へと移行するみたいです!

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

    過去作品もタイトルによっては在庫あります。https://doteirecords.com/?s=%E5%AD%A3%E5%88%8A%E9%BB%92%E7%8C%AB&post_type=product

  • [book] 田口史人 – と豆腐軒の想い出

    NEW ¥1,540

    (円盤ホームページより引用)食本「あんころごはん」に続く文庫シリーズ第2弾。小学生の頃の城跡巡りにはじまり、ライヴ・ツアー、トークショウなどで日本全国を歩き回ってきた著者が、各県の印象やエピソードを綴ったエッセイ集。お土地柄、人との関係、出来事、風景から淡く描く現代風土記。以前ハンドメイドのホッチキス留めで作っていた冊子の文章を元に、各県の話をさらに1本ずつ書き下ろし、沖縄をテーマにしたすこし長めのおはなしで構成したものです。装丁は、「二〇一二」「あんころごはん」「骨折映画館」など、リクロ舎の本の多くを手掛けている「nobody」の宮一紀。本作では彼の子供が作った貼り絵に特殊な加工を施した装丁を施工しています。

  • [道程店主も寄稿してます!] タラウマラ – FaceTime vol.4 (TR-020 ZN-006)

    NEW ¥1,000

    大阪は淡路にある自転車屋、タラウマラが発行するZINE「Face Time」のVol.4が発売!今回でこちらのシリーズは終了となります。道程店主も寄稿させていただいておりますので、ぜひ手に取ってみてください!前衛的な自転車屋タラウマラの発行物に2回連続でお声がけいただいた光栄と感謝をここに記したいと思いますVol.2, Vol.3も在庫ありますので、この機会に是非!

    [道程店主も寄稿してます!] タラウマラ – FaceTime vol.3 (TR-017 ZN-005)

    [zine] タラウマラ – FaceTime vol.2 (TR-015 ZN-003)

  • [Art Book] May Ishizuka – Empty Thoughts

    NEW ¥770

    大阪出身、Berlin在住のメイちゃんことMay IshizukaによるArt Zine「Empty Thoughts」。「頭が真っ白になる瞬間は感情が変化する瞬間である」というテーマに基づき、そんなEmptyな瞬間=感情を6つの写真で表現した作品。フォトショップなどのアプリケーションを用いず、写真とタイポグラフィの手法のみで制作。メイちゃんとは、霧がかった雪のないスキー場で、朦朧とした意識の中、84年製のSharpのラジカセから流れる音楽に身を任せ、体内に充満するアドレナリンを沈下させたあの夕暮れを共にした仲であります。あの時の情景も自分にとっては非常に神秘的で、特別なものであり、人生の中の一つのEmpty Thoughtsな瞬間として今も脳内に閉じ込められています。静寂に包まれた霧の中、ときに響く鳥の鳴き声を耳にし、今となってはそのとき自分が抱いた感情を細部まで描写することは難しいものの、その情景を思い起こすことで今も私をあの地へ連れて行ってくれます。彼女の制作したこの6つの写真と、あなたの個人的な記憶は一見無関係に見えても、この作品はあなたの忘れかけていた記憶とそれに付随する感情を想起させるための十分なトリガーになりうるものでしょう。手に取ってみてください。※表紙の紙は黄色と白の二種類。WEB注文の場合はどちらかをランダムに選びお届けします。

  • 阿部薫1949~1978

    USED ¥3,000

    「誰よりも速くなりたい。」これはウサインボルトが幼少期に語った言葉ではなく、29歳で亡くなった日本の前衛サックス奏者阿部薫が語った言葉です。彼についてたくさんの人が語る形式の内容になってます。坂本龍一、友部正人、灰野敬二、村上龍、山下洋輔など20名以上。

  • Chee Shimizu – OBSCURE SOUND REVISED EDITION

    USED SOLD OUT

    Organic Music主宰のChee Shimizuによるミュージックガイド。2020年に出た、改訂版です。

  • アラスカの自然

    USED ¥500

    アラスカの動植物、先住民などについて言及。

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2022 秋

    NEW SOLD OUT

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

    過去作品もタイトルによっては在庫あります。https://doteirecords.com/?s=%E5%AD%A3%E5%88%8A%E9%BB%92%E7%8C%AB&post_type=product

  • [book] 黒猫店主 – 観々日Ⅳ

    NEW SOLD OUT

    黒猫店主の田口氏が毎何かを鑑賞し毎一本レビューを書いたの記録の2022年4月1日〜9月30日分。183本のレビューを収録。鑑賞、考察、記録、アーカイブの達人によるデイリーレビュー集。

    第一弾、第二弾、第三弾はこちらです。
    https://doteirecords.com/?s=%E8%A6%B3%E3%80%85%E6%97%A5&post_type=product

  • [紙媒体] 黒猫 – 季刊黒猫 2022 夏

    NEW SOLD OUT

    「高円寺の円盤」が「伊那の黒猫」へと姿を変え、新たな地でスタートした毎シーズン発行される機関紙であり季刊紙、「季刊・黒猫」。私が知る限り世界一の制作スピード、装丁の美しさ、企画の面白さを誇るカリスマ的な店「黒猫」と、そこに集う創作家達による美しい寄せ集め。私も場所を運営するものとして、こんなにも周りに協力者がいるということに心から憧れ、尊敬します。また、こんな前衛的で芸術的で庶民的な読み物が税込み1,100円ということに驚愕すると思います。「かたちあるもの」を制作する、販売する、集めている、全ての人に、アイデアの宝箱として是非手に取ってほしい媒体です。※定期購読も受け付けますので、希望者はdoteirecords(at)gmail.comまでご連絡ください。

    過去作品もタイトルによっては在庫在ります。https://doteirecords.com/?s=%E5%AD%A3%E5%88%8A%E9%BB%92%E7%8C%AB&post_type=product

結果の1~15/112を表示しています