Shop (by category)

結果の31~45/2607を表示しています

  • Munetoshi Nakayama – Periodic Function (ume018)

    NEW ¥1,200

    Zefan Sramek (a.k.a. Precipitation)主催の梅レコードの18番は日本人作家のMunetoshi NakayamaによるDrone寄りAmbient作品。グルングルンと回っていくかのように配置された音が音響的にも面白い一本。それなりの再生能力を持つラジカセやNakamichiのデッキでとかでバシッと鳴らしてやってください。

    梅レコードの過去作品はこちら。https://doteirecords.com/product-tag/%e6%a2%85%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89/

  • Yu Ogu – Before & After Migration (ume017)

    NEW ¥1,200

    Zefan Sramek (a.k.a. Precipitation)主催の梅レコードの17番。ホロホロ崩れる一晩かけて煮込んだ豚足のごとく、テンポと出音に感覚的なラグがある様は蜃気楼のようにゆらゆらとした空気感を創りだし、熱波でイってしまった頭への良質なリハビリテーションを供給してくれますよ。

    梅レコードの過去作品はこちら。https://doteirecords.com/product-tag/%e6%a2%85%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89/

  • Lubin – Zenith EP (KIMOCHI 12)

    USED ¥1,300

    天井高めのリバーブが効いてる感じが荘厳さをかもしだしていますね。テクノ。

  • Function vs. Jerome Sydenham – White Light (irc100)

    USED ¥1,100

    Ibadan流ストレートエッジなテクノトラックス。こういう鳴りのテクノかけてる人がめっきり減ったような気がしませんか?

  • Diego Krause – Rituals EP (UW 05)

    USED ¥1,100

    このDiego Krauseさん、テックハウスなんですけど結構エモいトラック多くて出てきた当時買ってたの覚えてます。彼が主宰するレーベルからのリリース。A2ですかね。

  • Ten City – Whatever Makes You Happy (irc001)

    USED ¥1,100

    Ibadanの初期名曲!House聴き始めた頃はこのNYのHOUSEの感じがまさにハウスの音だと思っていました!

  • [2×12″] Tread – Tread 3 (3ELP-006)

    USED ¥1,800

    ノリとしてはAmbientとしても聴ける、Larry Heard的魅力のある素晴らしい2枚組!Hiroshi Watanabeの別名義です。

  • Labcry – A Message From The Folkriders (EHE-009, EHE-009)

    NEW ¥4,180

    黒猫の店主、田口さんが90年代に運営していたレーベルOZ Discのタイトルのアナログ化がどんどんどんどん進んでいます。今年再発されたフリーボはアンダーグラウンドもオーバーグラウンドからもすごい反響でしたが、それに続いてまた放っておけない作品がここに。1997年にはつばいされたCDではUntitledだった11曲目を含む、A面6曲、B面5曲からなるLPで登場。オザケン好きも、かせきさいだぁ好きも、ジミヘン好きも、全員かかってこいや!

    (以下、黒猫コメント)
    高円寺のショップ、円盤の前身で、90年代の約10年間運営されていたレーベル、オズディスクのアナログ化シリーズ、フリーボ「すきまから」に続く第2弾はラブクライのファースト・アルバムです。90年代末には羅針盤、渚にてと並ぶ関西三大うたものバンドとも言われますが、このファースト・アルバムではまだバンドの形をしておらず、ぎゅーんカセットの主催者で、羅針盤のベーシスト須原敬三とのユニットという形で録音されました。数多くの関西の曲者音楽家が参加し、グラマラスでサイケデリック、それでいてうたごころ溢れる作品となっていて、ライヴ活動がほぼなかったにもかかわらず、この作品で一気に注目され、その後様々なレーベルから5枚のフル・アルバムを発表し、評価を高めていきました。本作を皮切りに今後全スタジオ・アルバムを5ヶ月に渡ってアナログ化していきます。

  • Sven Weisemann – Vivid Memento (strx leaves 08)

    USED ¥1,600

    これは絶対かっこいいでしょ。Dubbyでソリッドな音作りに定評のあるSven Weisemannによる一枚。本当にどの曲もクラブの鳴りで映えそうです。音響的観点からいくとA1とB1は特に、良いシステムでバシッと鳴るでしょうね。

  • Jori Hulkkonen – We Are Invisible (F 126)

    USED SOLD OUT

    Jukka Tolonenと名前的にかぶってしまいがちな、Finlandを代表するHouseのトラックメーカー、Jori Hulkkonen。F Communicationsとはキャリア初期の作品を中心に多数リリースしており、聴かなければいけない盤もその中に複数含まれていますが、この盤も間違いなくその一つでしょう。Delayの飛ばしがトリッピー。そしてそもそものMixingが素晴らしいバランス感なんですよね~。ベースラインも◎

  • Various – Spiritual Life Music Sampler Vol. 4 (SLM-pro15-1)

    USED ¥1,200

    どこ切り取っても最高なSpiritual Lifeからのコンピレーション。A面のザ・JOEなパーカッシブな2曲と、Slam ModeのCloudのAmbient Mixが、もう、ほら、最高じゃないですか!

  • Joaquin “Joe” Claussell – Un.Chained Rhythums (Part 2) (SRM 000)

    USED SOLD OUT
  • The Mountain People – Mountain006 (mountain006)

    USED ¥1,300

    Mountain Peopleのミニマルハウスはグルーヴしっかりしてて、USハウス系のDJでもかけられる曲多いですよね。B面の「House Music」ってところでキュン。

  • [CD] Bushmind – Field Of Dreams

    NEW ¥1,500

    Bushmindが新作をリリースということで、発売日の0時回った瞬間にアップしちゃうチャッカリ&律義なレコード屋、道程です。コメントはタラウマラの土井さんがやべぇテキストを綴っているのでそちらへお任せしちゃいましょう。Bushmindの関連作品たくさん取り扱ってますんでチェック!https://doteirecords.com/?s=bushmind&post_type=product

    (土井さんの紹介文)音楽は誰のためでもなく、誰のものでもなく、嬉しいことがあった日も、悲しいことがあった日も、晴れの日も雨の日も雷の日も、そこにずっとあって、気づいてもらいたくて、むしゃくしゃして、でもやっぱり聴こえてきて、名前なんてなくて、つまずいた小石でステップを踏んで、いつしかそれがダンスになる。破れた絵本の3ページ目を見て、古いレコードを聴きたくなった。大切なものを抱きしめたり、淹れたての紅茶を飲みたくなった、あの日のフロアに想いを馳せたり、やみくもに拳を突き上げたくなったり、セックスしたり、いなくなったり、迷い込んだり、溺れてみたくなる、でも結局は柔らかい毛布を手にして、スピーカーから流れる音と添い寝する。晴れの日も雨の日も雷の日も、戦火のなかでも、マスクで顔が見えなくっても、そばにいる人の手を取ることはできる。その手は小さくて大きくて冷たくて温かい。繋いだ手を円にして覗き込んだら、BUSHMINDがいつものように手のひらを羽ばたかせていて、ころころと心地良く鳴るドラムの音が聴こえてきた。空なんて飛べなくてもいい、どうせまた転ぶんだから、だったらいっそのこと転がり続ければいい。回り続けるレコードと一緒に、いつまでも、ずっと、どこまでも、今日のことを忘れられるその日がくるまで。フロアから人がひとりずついなくなっていくように、すべてを手放せたとき、”それ”は最初からすぐそばにあったってことを思い出す。いつも聴いていたのに、はじめて聴いた音楽たち、その最後のメロディを焼き菓子にして、どこか知らない所に遊びに行こう、繋いだ手を離さずに。このmixは扉を開いてくれる、最初からそこにあった新しい日々とお隣さんのために。Text by DJ PATSAT

  • Hoshina Anniversary – Hakkenden (ST 015)

    NEW ¥1,800

    八王子出身八王子在住のHoshina Anniversaryによるゆるやかに湾曲し、そしてブン曲がるアシッドベースが光るA面と、スムーズな鍵盤のループが特徴的なB面からなるHakkenden!かの長編小説の作者、滝沢馬琴がこれを聴いたらどう感じるんでしょうか。これはすぐさまフロアに投入するべきナイストリップ!少量入荷につき是非に!

    Hoshina Annversary関連作品はこちらよりどうぞ!https://doteirecords.com/?s=hoshina+anniversary&post_type=product

結果の31~45/2607を表示しています